ジョーイ・バロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーイ・バロン
Joey Baron
Joey Baron.jpg
バービカン・センターで演奏するバロン(2006年)
基本情報
出生名 Bernard Joseph Baron
生誕 (1955-06-26) 1955年6月26日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ヴァージニア州リッチモンド
ジャンル ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
活動期間 1975年 -
レーベル JMT、Intuition、ECMツァディクエレクトラノンサッチ、CAM Jazz、DIW
共同作業者 ビル・フリゼールジョン・ゾーン、マサダ、バロン・ダウン、ダウン・ホーム・バンド

ジョーイ・バロンJoey Baron1955年6月26日-)は、ビル・フリゼールジョン・ゾーンとの活動で知られるアメリカ合衆国ヴァージニア州出身のアヴァンギャルド・ジャズ・ドラマー。

来歴[編集]

バロンは1955年6月26日、バージニア州リッチモンド生まれ。9歳のとき、独学でドラムの演奏方法を学んだ。10代で、ロック・バンドやディキシーランド・ジャズのグループで演奏した。高校卒業後、バークリー音楽大学に進学、1年間を過ごした。1970年代初めにロサンゼルスへ移り、カーメン・マクレエアル・ジャロウと演奏するプロのキャリアをスタートした。バロンはフリーランスのドラマー、セッション・ミュージシャンとして、チェット・ベイカースタン・ゲッツディジー・ガレスピーハンプトン・ホーズらと活動した[1]

1982年にニューヨークに移ると、ギタリスト、ビル・フリゼールと活動を共にするようになり、彼の音楽キャリアの中で頻繁に一緒に演奏することとなる。また、レッド・ロドニー、フレッド・ハーシュ、エンリコ・ピエラヌンツィマーク・ジョンソンのグループで演奏するようになった。1980年代後半に入り、ニッティング・ファクトリーで定期的に演奏し始め、アヴァンギャルド・ジャズ・シーンで大きなポジションを占めるようになると、歌手のローリー・アンダーソンと一緒に録音したり、ジョン・ゾーンとの長い付き合いが始まったりした。数年間、彼はゾーンのプロジェクト、ネイキッド・シティとマサダに参加した[1]

バロンはデヴィッド・ボウイのアルバム『アウトサイド』(1995年)に貢献した。ボウイは、後にバロンを絶賛した。「メトロノームが恐怖で揺れ出すほどに、彼の演奏はとても安定しているんだ」[2]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • 『タング・イン・グルーヴ』 - Tongue in Groove (1992年、JMT Productions)
  • RAIsedpleasuredot (1993年、New World)
  • Crackshot (1995年、Avant)
  • Down Home (1997年、Intuition)
  • We'll Soon Find Out (1999年、Intuition)
  • Beyond (2001年、Auditorium Edizioni)
  • Conversations (2010年、ArtistShare) ※ジム・ホールと共同名義
  • Venice, dal vivo (2010年、D'Autres Cordes)

脚注[編集]

  1. ^ a b Kennedy, Gary (2002). Kernfeld, Barry. ed. The New Grove Dictionary of Jazz. 1 (2nd ed.). New York: Grove's Dictionaries Inc.. p. 145. ISBN 1-56159-284-6. 
  2. ^ David Bowie: A Different View”. Modern Drummer (2016年1月11日). 2016年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]