アフロ・キューバン・ジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフロ・キューバン・ジャズAfro-Cuban jazz)は、ビバップハード・バップ)とキューバを中心に発展した、中米のリズムを基調としたラテンジャズの一種で、しばしラテンジャズと同義にみられる事もある。

歴史[編集]

1940年代から1950年代頃の、よりキューバ色の強いジャズを指し、キューバを中心に発展した中米のリズムを基調とし、1940年代から1950年代頃の、よりキューバ色の強いジャズという意味合いがある[1]ルンバ[2]ソンマンボ[3]サルサメレンゲカリプソ[4]チャチャチャ[5]の要素を含むものを指す。

1930年代、Dr. Obdulio Moralesが演奏し始める。キューバの1940年代にニューヨークキューバからの移民を通じて、西アフリカ・リズムの末裔たちが侵入し、アフロ・キューバン英語版(afro-cuban)と呼ばれるラテン音楽の形態が出てきた。深くはキューバやブラジルを包括するラテンアメリカの土着宗教(ヴードゥーサンテリアカンドンブレマクンバ英語版等)が関わり、信仰の手段として音楽が用いられた。このアフロ・キューバンのブームの他にサルサ[6]などが派生し、お互いに影響しあってラテン音楽は発展してきた。

1941年に、キューバ人でコンガ奏者のマチートがマンボのバンドを始めた時、義理の兄弟であり、ビ・バップトランペット奏者で編曲家のマリオ・バウサがマンボをジャズを取り入れた。これが現在の形態のアフロ・キューバン・ジャズの始まりとされる。ビバップ・ジャズのトランペッターであるディジー・ガレスピー[7]ラテン音楽に着目し、コンガ奏者のチャノ・ポソを迎え、ラテン・ジャズを発展させた。この中で「マンテカ英語版」が誕生した。

やがてハード・バップが流行するようになると、ケニー・ドーハム、ハンク・モブレーらによってさらに人気が上昇したが、ハード・バップが全盛期をすぎた時代に、アフロ・キューバン・ジャズも下火になっていった。

アフロ・キューバンは、キューバプエルトリコにおいても普及し、ティト・プエンテエディ・パルミエリ等によっても演奏され、これらがサルサの要素に取り込まれるようになる。

代表曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.allmusic.com/style/afro-cuban-jazz-ma0000012262
  2. ^ ザビア・クガートが発展させたジャンル
  3. ^ http://www.allmusic.com/style/mambo-ma0000002709
  4. ^ マイティ・スパロウらが有名
  5. ^ 有名な演奏家にはエンリケ・ホリンがいる
  6. ^ ホセ・アルベルト、レイ・セプルベダ、ファニア・オールスターズらが代表的な音楽家
  7. ^ チャーリー・パーカーとともにビバップを創造したことで知られている。アルバム「バード&ディズ」が有名
  8. ^ 日本のジャズ喫茶でヘビー・ローテーションだった曲

関連人物[編集]

関連項目[編集]