リップス・インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リップス・インクLipps,Inc.)は、アメリカの音楽ユニット。主に1980年代前半にかけて活躍した。ユニット名は英語で「口パク」を意味する、リップシンク(Lip Sync)に因むものである。

略歴[編集]

ミネソタ州ミネアポリスにて、マルチ・インストゥルメンタル・プレーヤーとして活動し、オクトーバー・レコード・レーベルの設立者でもあるスティーブン・グリーンバーグ(en:Steven Greenberg (musician))が、黒人女性歌手サクソフォン奏者のシンシア・ジョンソンと共に結成し、そこにセッション・ギタリストのデイヴィッド・リヴキンが加わるカタチで1979年にアルバム「MOUTH TO MOUTH」でデビューを果たした。

後にこのアルバムに収録されている"FUNKY TOWN"[1]が2枚目のシングルとしてカットされ、これが全米ダンスシングルチャートで急上昇し、翌1980年5月31日付の全米シングルチャートで1位を記録する大ヒットとなった[2]。その後も3枚のアルバムを制作するなどしたが、1983年にはシンガーのシンシアがグループを脱退し、活動を休止。中心人物のグリーンバーグは、その後ミネアポリスでWebデザインを手掛けるDesignSteinなるオフィスを興す一方、ブロードウェイで上演されるミュージカルに楽曲を提供するなどしている。

代表曲[編集]

  • 「ファンキー・タウン」 - 1980年に全米シングルチャートで1位を獲得[3]すると共に、全英シングルチャートでも2位を記録するヒットになる。この他ドイツオランダスイスノルウェーオーストラリアのシングルチャートでも1位に輝いた。また同曲は1986年にオーストラリア出身のバンド、スード・エコーによりカヴァーされて、全米シングルチャートの6位を記録するヒットとなっている。日本では1981年に資生堂・インウイのテレビCMで使用された他、2003年ホンダ・ザッツのテレビCMで使用されるなど、2004年には映画「シュレック」の挿入歌にも起用され、同ドラマのサウンドトラック(洋楽コンピレーション盤)にも収録されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソウルと言うよりもテクノ・ポップ色が強い楽曲である
  2. ^ http://www.billboard.com/music/lipps-inc-1
  3. ^ http://www.billboard.com/music/lipps-inc-1