アレクサンダー・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンダー・オニール
基本情報
出生名 Alexander O'Neal
出生 1953年11月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州ナチェズ
ジャンル R&B/ソウル
職業 歌手
担当楽器 ヴォーカリスト
活動期間 1984-現在
レーベル タブー (1984-1993)
One World Records (1996-2001 )
Eagle Records (2001-2003) )
Eminence Records (2005-2008 )
共同作業者 ザ・タイム, SOS バンド, シェレール

{{{Influences}}}

アレクサンダー・オニールAlexander O'Neal)は、アメリカ合衆国のソウル歌手。ダンスチューンも都会的なバラードも歌いこなせる、ブラック・コンテンポラリー音楽の代表格であった。愛称はアレックス。アメフトの選手のような巨漢である(実際、アメフトの選手を志していたが、怪我のために断念したという経歴がある)。

来歴[編集]

20歳の時にミネアポリスへ移住。この時にジミー・ジャムテリー・ルイス(後に音楽プロデューサーコンビ“ジャム&ルイス”として知られる)と出会い、バンド『フライト・タイム』を結成。プリンスの紹介でバンドはワーナー・ブラザーズと契約。しかしプリンスがアレックスをヴォーカルに据えることに、金銭面で折り合いが付かず、歌声が黒すぎるという理由を付けて、モーリス・デイと交替させ、バンド名も『ザ・タイム』に変えさせてしまう(その後ザ・タイムは商業的に成功)。

アレックスは1984年にタブー・レコードと契約。1985年から1991年までのアルバムは、全て盟友ジャム&ルイスのプロデュースであり、特に『ヒアセイ』は名盤の誉れ高い作品であった。また、本国よりもイギリスで人気が高く、リミックス・アルバムやクリスマス・アルバムはイギリスの市場を意識しての作品である。同じタブー・レコード所属の女性R&B歌手シェレールジャム&ルイスのプロデュース)とは、彼女のアルバム収録曲『サタデー・ラブ』がヒットして以降、互いのアルバムでデュエット曲を収録するのが長く恒例となっていた。シェレールとともに1988年には来日して『タブー・ナイツ』というライヴを行っている。シェレールとのデュエットは名デュオと言われていたが、1990年代半ば以降は彼女の活動が停滞しているため行われていない様子である。

1993年のアルバム『ラヴ・メイクス・ノー・センス』から、ジャム&ルイス以外のプロデューサーを選択するようになり、セルフ・プロデュースも行うようになってきている。

現在もイギリスでの人気は衰えず、ミネアポリスを拠点としながらも全英ツアーやテレビ番組出演を続けている。

8子の父で、2度の離婚歴がある。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 1985年 - イノセント(Alexander O'Neal) #19 UK, #91 US
  • 1986年 - ヒアセイ(Hearsay) #4 UK, #29 US
  • 1988年 - オール・ミックスト・アップ(All Mixed Up) - ヒット・シングルのリミックス集
  • 1988年 - マイ・ギフト・トゥー・ユー(My Gift to You) #53 UK, #149 US - クリスマス・ソングのコンピレーション
  • 1991年 - オール・トゥルー・マン(All True Man) #2 UK, #52 US
  • 1992年 - ベスト・オブ・アレクサンダー・オニール(This Thing Called Love: The Greatest Hits) #4 UK
  • 1993年 - ラヴ・メイクス・ノー・センス(Love Makes No Sense) #14 UK
  • 1995年 - The Best of Alexander O'Neal
  • 1996年 - ラヴァーズ・アゲイン(Lovers Again)
  • 2002年 - Saga of a Married Man
  • 2004年 - Greatest Hits #12 UK
  • 2005年 - Live At The Hammersmith Apollo, London
  • 2008年 - アレックス・ラヴァーズ…(Alex Loves...) #49 UK - カヴァー集
  • 2010年 - Five Questions:The New Journey

外部リンク[編集]