ジェリー・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Template:BLP refimprove

ジェリー・ダグラス
Jerry Douglas on scene.jpg
基本情報
出生名 Gerald Calvin Douglas
生誕 1956年5月28日(60歳)
Warren, Ohio, United States
担当楽器 ドブロ, リゾネータ・ギター, ラップ・スチール, ギター, バンジョー
活動期間 1970s–present
共同作業者 The Jerry Douglas Band, アリソン・クラウス&ユニオン・ステーション, The Earls of Leicester
公式サイト Official website

ジェラルド・カルビン"ジェリー"ダグラス (Gerald Calvin "Jerry" Douglas, 05/28/1956 -)は、オハイオ州ウォレン出身の、リゾネーター・ギターラップ・スチールの奏者で、レコーディングプロデューサー。"Flux"というニックネームで呼ばれる。[1]

キャリア[編集]

ダグラスは13のソロ・レコーディングに加え、1600を越えるアルバムで演奏をしている。[2] サイドマンとして、レイ・チャールズエリック・クラプトンフィッシュドリー・パートンスーザン・アストンポール・サイモンマンフォード&サンズケブ・モリッキー・スキャッグスエルヴィス・コステロジョニー・マティスとの演奏を行った。また、オー・ブラザー!などのサウンドトラックにも参加。彼はザ・ホワイツニュー・サウスザ・カントリー・ジェントルメンストレングス・イン・ナンバーズエルヴィス・コステロの"シュガー・ケーンズ"などの著名なバンドにも在籍した。

ダグラスはSugar Hill Recordsでのレコーディングを含む、数多くのレコーディングをプロデュースしてきた。彼はアリソン・クラウスデル・マクーリーマウラ・オコネルジェッセ・ウィッチャーナッシュビル・ブルーグラス・バンドザ・アールズ・オブ・レイセスターザ・スティープ・キャニオン・レンジャーズなどのアルバムを監修した。アリ・ベインと共に、BBCの人気番組"トランサトランティック・セッションズ"のミュージック・ディレクターを務めている。

1998年から、ダグラスはアリソン・クラウス&ユニオン・ステーションのメンバーを務め、ツアーに参加し、プラチナアルバムのレコーディングにも参加している。ユニオン・ステーション以外の活動では、自身のバンド"The Jerry Douglas Band"でツアーを行い、自身の作品の幅を広げている。また、ザ・アールズ・オブ・レイセスターでのツアーは、2014年にリリースした"The Earls of Leicester"の成功を継続する目的も含め行っている。

ジェリー・ダグラスは2004年に、Vince Gilと共に、エリック・クラプトン・クロスロード・ギター・フェスに登場した。

ダグラスは三度目の"United Breaks Guitars"のコンシューマ・プロテスト・ビデオでカメオ製作も行った。

生活[編集]

ダグラスはテネシー州ナッシュビルで、彼の妻 Jillとともに暮らしている。

受賞[編集]

ダグラスは14度グラミー賞を受賞している。また、the Country Music Associationではミュージシャン・オブ・ザ・イヤーに2002, 2005, 2007年の3度輝いている。

2004年には、the National Endowment for the Artsで、ダグラスはナショナル・ヘリテッジ・フェローを受賞。[3]

ジェリー・ダグラスによるリゾネータ・ギターの演奏

ダグラスは2008年、カントリー・ミュージック殿堂博物館に殿堂入りする。

ダグラスはコロラドで開かれた第36回テルライド・ブルーグラス・フェスティバルをもって、同フェスで25年間の連続出場を果たした。

2011年、The Americana Music Associationによってジェリー・ダグラスはライフタイム・アチーブメント・アワードを受賞。[4]

ダグラスは2015年のボナルー音楽芸術祭での演奏中に、テネシー州マンチェスターの街とコーヒー郡の秘密の巻を手に入れた。[5]

ディスコグラフィー[編集]

Solo recordings[編集]

Title Details Peak chart positions
US Grass US Country US US Heat US Indie US New Age
Fluxology
Fluxedo
  • Release date: 1982
  • Label: Rounder Records
Under the Wire
Changing Channels
  • Release date: 1987
  • Label: MCA Records
Everything Is Gonna Work Out Fine
  • Release date: 1987
  • Label: Rounder Records
Plant Early
  • Release date: 1989
  • Label: MCA Records
Slide Rule
Restless on the Farm
  • Release date: May 19, 1998
  • Label: Sugar Hill Records
Lookout for Hope
  • Release date: May 7, 2002
  • Label: Sugar Hill Records
10 5
The Best Kept Secret
  • Release date: September 20, 2005
  • Label: Koch
3
Best of the Sugar Hill Years
  • Release date: March 13, 2007
  • Label: Sugar Hill Records
Glide
  • Release date: August 19, 2008
  • Label: Koch
4 69
Jerry Christmas
  • Release date: October 13, 2009
  • Label: eOne
7
Traveler
  • Release date: June 26, 2012
  • Label: eOne
1 168 3 29
"—" denotes releases that did not chart

Other recordings[編集]

With Alison Krauss or Alison Krauss and Union Station[編集]

From television series[編集]

The Transatlantic Sessions[編集]

Awards[編集]

Grammy Awards[編集]

  • 1983 Best Country Instrumental Performance – "Fireball" – with The New South
  • 1994 Best Bluegrass Album – "The Great Dobro Sessions"
  • 2001 Best Country Instrumental Performance – "Foggy Mountain Breakdown" with Earl Scruggs
  • 2001 Album of the Year – "Oh Brother, Where Art Thou?" – various artists
  • 2001 Best Country Performance by a Duo or Group – "The Lucky One"- Alison Krauss + Union Station
  • 2001 Best Bluegrass Album – "New Favorite" – Alison Krauss + Union Station
  • 2003 Best Country Instrumental Performance – "Cluck Old Hen" – Alison Krauss + Union Station
  • 2003 Best Bluegrass Album – "LIVE" – Alison Krauss + Union Station
  • 2004 Best Country Instrumental Performance – "Earl's Breakdown" – Nitty Gritty Dirt Band Featuring Earl Scruggs, Randy Scruggs, Vassar Clements & Jerry Douglas
  • 2006 Best Country Performance By A Duo Or Group With Vocal – "Restless" – Alison Krauss and Union Station
  • 2006 Best Country Instrumental Performance – "Unionhouse Branch" – Alison Krauss and Union Station
  • 2006 Best Country Album – "Lonely Runs Both Ways" – Alison Krauss and Union Station
  • 2012 Best Bluegrass album for "Paper Airplane" – Alison Krauss and Union Station
  • 2015 Best Bluegrass album for "The Earls of Leicester" - The Earls of Leicester

Americana Music Association Awards[編集]

  • 2002 Instrumentalist of the Year
  • 2003 Instrumentalist of the Year
  • 2011 Lifetime Achievement Award for Instrumentalist

CMA Awards[編集]

  • 2002 Musician of the Year
  • 2005 Musician of the Year
  • 2007 Musician of the Year

IBMA (International Bluegrass Music Association) Awards[編集]

  • 1990 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1991 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1992 Instrumental Album of the Year – Slide Rule, Jerry Douglas
  • 1992 Record Event of the Year – Slide Rule
  • 1992 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1993 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1994 Instrumental Album of the Year – Skip, Hop & Wobble; Douglas, Barenberg & Meyer
  • 1994 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1995 Instrumental Album of the Year – The Great Dobro Sessions; Mike Auldridge, Curtis Burch, Jerry Douglas, Josh Graves, Rob Ickes, Oswald Kirby, Stacy Phillips, Tut Taylor, Sally Van Meter, Gene Wooten
  • 1995 Record Event of the Year – The Great Dobro Sessions
  • 1995 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 1997 Album of the Year – True Life Blues—The Songs of Bill Monroe; Sam Bush, Vassar Clements, Mike Compton, Jerry Douglas, Stuart Duncan, Pat Enright, Greg Garing, Richard Greene, David Grier, David Grisman, John Hartford, Bobby Hicks, Kathy Kallick, Laurie Lewis, Mike Marshall, Del McCoury, Ronnie McCoury, Jim Nunally, Scott Nygaard, Mollie O'Brien, Tim O'Brien, Alan O'Bryant, Herb Pedersen, Todd Phillips, John Reischman, Peter Rowan, Craig Smith, Chris Thile, Tony Trischka, Roland White
  • 1997 Record Event of the Year – True Life Blues—The Songs of Bill Monroe
  • 1997 Instrumental Album of the Year – Bluegrass Instrumentals, Volume 6; The Bluegrass Album Band
  • 2001 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 2002 Instrumental Performer of the Year – Dobro
  • 2003 Album of the Year – Alison Krauss + Union Station Live, Alison Krauss + Union Station featuring Jerry Douglas
  • 2003 Record Event of the Year – Will The Circle Be Unbroken Vol. III; Nitty Gritty Dirt Band, Matraca Berg, Sam Bush, June Carter Cash, Johnny Cash, Vassar Clements, Iris DeMent, Rodney Dillard, Jerry Douglas, Glen Duncan, Vince Gill, Josh Graves, Jamie Hanna, Emmylou Harris, Taj Mahal, Jimmy Martin, Del McCoury, Robbie McCoury, Ronnie McCoury, Jonathan McEuen, The Nashville Bluegrass Band, Willie Nelson, Tom Petty, Tony Rice, Earl Scruggs, Randy Scruggs, Ricky Skaggs, Doc Watson, Richard Watson, Glenn Worf & Dwight Yoakam
  • 2015 Entertainer of the Year - The Earls of Leicester
  • 2015 Instrumental Group of the Year - The Earls of Leicester
  • 2015 Album of the Year - The Earls of Leicester, Jerry Douglas, producer
  • 2015 Gospel Recorded Performance of the Year - "Who Will Sing For Me" - The Earls of Leicester
  • 2015 Instrumental Recorded Performance of the Year - The Three Bells - Jerry Douglas, Mike Auldridge, Rob Ickes
  • 2015 Dobro Player of the Year = Jerry Douglas

National Endowment for the Arts[編集]

  • 2004 National Heritage Fellowship

Country Music Hall of Fame[編集]

  • 2008 Artist in Residence

参考文献[編集]

Notes[編集]

  1. ^ Geoff Harrison (2002年5月11日). “An Interview with Jerry Douglas: Bluegrass for a New Century”. jambase. 2015年10月3日閲覧。
  2. ^ Welcome to the Official Jerry Douglas Website”. 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ [1] アーカイブ 2009年4月13日 - ウェイバックマシンWayback Machine.
  4. ^ Robert Plant, Buddy Miller and Justin Townes Earle Win Big at 10th Annual Americana Honors & Awards Show”. Americana Music. 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ / By Brittney McKenna (2015年6月15日). “Dispatches From The BGS Stage at Bonnaroo 2015”. The Bluegrass Situation. 2016年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]