リッキー・スキャッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッキー・スキャッグス
Ricky skaggs performing.jpg
リッキー・スキャッグス(2007年)
基本情報
出生名 Rickie Lee Skaggs[1]
生誕 (1954-07-18) 1954年7月18日(63歳)
ジャンル カントリー, ブルーグラス, ゴスペル, フォーク
職業 シンガーソングライター, ミュージシャン, プロデューサー, 編曲家
担当楽器 ボーカル, マンドリン, ギター, バンジョー, フィドル
活動期間 1960年代 - 現在
レーベル Sugar Hill, Epic, Rounder, DCC, Atlantic, Camden, Rebel, Hollywood, Legacy, Skaggs Family
共同作業者 ラルフ・スタンリー, J. D. クロウニュー・サウス, エミルー・ハリス, ザ・ホワイツ, ケンタッキー・ザンダー, ブルース・ホーンズビー
公式サイト http://www.rickyskaggs.com/

リッキー・リー・スキャッグス(Rickie Lee "Ricky" Skaggs, 1954年6月18日 - )は、アメリカのカントリーブルーグラスのシンガー兼奏者、プロデューサー、作曲家。元々はマンドリン弾きだったが、フィドルギター、マンドキャスター、バンジョーも演奏する。

略歴[編集]

幼少期[編集]

スキャッグスはケンタッキー州コーデルに生まれる。[2] 5歳の時に父ホーバートからマンドリンを贈られ、演奏を始める。6歳の時には、ビル・モンローのと共にステージで演奏する。7歳の時には、カントリー音楽専門のテレビ番組『マーシャ・ホワイト』(Martha White)に出演し、フラット&スクラッグスとともに演奏した。また、同時期にグランド・オール・オプリのオーディションを希望するが、幼すぎたため断念した。

10代半ばには、ギタリストのキース・ウィットリーに出逢い、ウィットリーの兄弟でバンジョー弾きのドワイトと共にラジオ番組で演奏。1970年、ラルフ・スタンリーのオープニング・アクトを務める。その際に、スキャッグスとキース・ウィットリーはスタンリーのバンド"クリンチ・マウンテン・ボーイズ"に誘われる。

後に、スキャッグスは、ワシントンD.C.カントリー・ジェントルメンや、J.D.クロウ&ニュー・サウスに加入。1976年、スキャッグスはヴィンス・ギルジェリー・ダグラスと共にプログレッシブ・ブルーグラスのバンド、ボーン・クリークを結成。また数年の間、エミルー・ハリスのホット・バンドのメンバーを務め、ハリスの1980年のブルーグラス・ルーツ・アルバム"Roses in the Snow"のために編曲を行う。編曲に加え、ホット・バンドの中で、マンドリンフィドルを演奏した。

ネオ・トラディショナルと実験的音楽[編集]

1980年はカントリーでの活動を開始し、12 #1 hits, 8 CMA awards, and 8 ACM awardsを達成。1982年には、グランド・オール・オプリの結成以来最年少のメンバーになる。ギタリストでプロデューサーのチェット・アトキンスはスキャッグスをカントリー音楽を救う人間であると評した。[3] 1990年代、2000年代には、自身のルーツであるブルーグラスに立ち返り、新しいサウンドを実験し始める。自身のバンド、ケンタッキー・サンダーで、グラミー賞およびIBMAのベスト・ブルーグラス・アルバムを受賞。

リッキー・スキャッグス(オールド・クロウ・メディスン・ショーとのジャム、グランド・オール・オプリ)。2013年2月23日

2000年、バーモントで活動するジャム・バンドフィッシュと共演する[4]。2007年5月20日、スキャッグスはロック・ミュージシャンのブルース・ホーンズビーとのアルバムをリリース。

2008年には、ザ・ホワイツと、スキャッグスの家族が営むレーベルとレコーディングしたアルバムをリリース。

2008年、ザ・ラカンターズの"Old Enough"をブルーグラスカバーし、アシュリー・モンローザ・ラカンターズと共にレコーディング。彼はマンドリンの演奏や、ジャック・ホワイトブレンダン・ベンソンアシュリー・モンローとともにボーカルを担当した。

2011年、スキャッグスは他のブルーグラス・ミュージシャンとともに、アイリッシュバンドThe Brock McGuire Bandの"Green Grass Blue Grass"に参加。アイルランド伝統音楽ブルーグラスアパラチア音楽とのつながりを研究する。

リッキー・スキャッグスとスアロン・ホワイト。ノースカロライナ州シャーロットのマクグローン・シアターにて。2015年8月19日。

また、同2011年、スキャッグスはイギリスのプログレッシブ・ロックバンド、ムーディー・ブルースをトリビュートしたアルバム"TWO...Much Love"をリリース。スキャッグスは"You And Me"でリード・ボーカルを務める。[5]

2012年、スキャッグスは"Soldier's Son"でバリー・ギブとコラボレーション。同曲は"Music to My Ears"に収録されている。

2015年、ライ・クーダーシャロン・ホワイトザ・ワイツのメンバーと共にツアーを行う。[6]

生活[編集]

スキャッグスはザ・ホワイツシャロン・ホワイトと1981年8月に結婚した[7]。彼女との間に娘のモーリーと息子のルーカスをもうける[7]。スキャッグスは以前ブレンダ・スタンリーと結婚しており、彼女との間にはアンディとマンディの2人の子供がいる[8]

受賞[編集]

グラミー賞[編集]

  • 1983 Best Country Instrumental Performance: New South (J.D. Crowe, Jerry Douglas, Todd Phillips, Tony Rice, Ricky Skaggs) for Fireball
  • 1984 Best Country Instrumental Performance: Ricky Skaggs for Wheel Hoss
  • 1986 Best Country Instrumental Performance (Orchestra, Group or Soloist): Ricky Skaggs for Raisin' The Dickins
  • 1991 Best Country Vocal Collaboration: Ricky Skaggs, Steve Wariner & Vince Gill for Restless
  • 1999 Best Bluegrass Album: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for Bluegrass Rules!
  • 1998 Best Country Collaboration with Vocals: Clint Black, Joe Diffie, Merle Haggard, Emmylou Harris, Alison Krauss, Patty Loveless, Earl Scruggs, Ricky Skaggs, Marty Stuart, Pam Tillis, Randy Travis, Travis Tritt & Dwight Yoakam for Same Old Train
  • 2000 Best Bluegrass Album: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for Ancient Tones
  • 2000 Best Southern, Country, or Bluegrass Gospel Album: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for Soldier Of The Cross
  • 2003 Best Country Performance By A Duo or Group With Vocal: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for A Simple Life
  • 2004 Best Bluegrass Album: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for Brand New Strings
  • 2006 Best Bluegrass Album: Ricky Skaggs and Kentucky Thunder for Instrumentals
  • 2006 Best Musical Album For Children, "Songs From The Neighborhood, The Music Of Mr. Rogers"
  • 2008 Best Southern, Country, or Bluegrass Gospel Album: Ricky Skaggs and The Whites for Salt Of The Earth
  • 2009 Best Bluegrass Album Honoring The Fathers Of Bluegrass 1946 & 47

CMA (Country Music Association) Awards[編集]

  • 1982 Male Vocalist of the Year: Ricky Skaggs
  • 1982 Horizon Award: Ricky Skaggs
  • 1983 Instrumental Group of the Year: Ricky Skaggs Band
  • 1984 Instrumental Group of the Year: Ricky Skaggs Band
  • 1985 Entertainer of the Year: Ricky Skaggs
  • 1985 Instrumental Group of the Year: Ricky Skaggs Band
  • 1987 Vocal Duo of the Year: Ricky Skaggs & Sharon White
  • 1991 Vocal Event of the Year (with Mark O'Connor & New Nashville Cats)[9]

ACM (Academy of Country Music) Awards[編集]

  • 1981 Top New Male Vocalist of the Year: Ricky Skaggs
  • 1982 Band of the Year - Touring: Ricky Skaggs Band
  • 1983 Band of the Year - Touring: Ricky Skaggs Band
  • 1984 Band of the Year - Touring: Ricky Skaggs Band
  • 1984 Specialty Instrument: Ricky Skaggs (Mandolin)
  • 1985 Band of the Year - Touring: Ricky Skaggs Band
  • 1986 Band of the Year - Touring: Ricky Skaggs Band
  • 1987 Specialty Instrument: Ricky Skaggs

[10]

IBMA (International Bluegrass Music Association) Awards[編集]

  • 1998 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 1998 Album Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder for Bluegrass Rules!
  • 1999 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2000 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2000 Instrumental Album Of The Year: David Grisman, Ronnie McCoury, Sam Bush, Frank Wakefield, Bobby Osborne, Jesse McReynolds, Ricky Skaggs & Buck White for Bluegrass Mandolin Extravaganza
  • 2000 Recorded Event Of The Year: David Grisman, Ronnie McCoury, Frank Wakefield, Sam Bush, Bobby Osborne, Jesse McReynolds, Ricky Skaggs & Buck White for Bluegrass Mandolin Extravaganza
  • 2002 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2003 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2004 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2005 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2006 Instrumental Group Of The Year: Ricky Skaggs & Kentucky Thunder
  • 2008 Recorded Event of the Year: Everett Lilly & Everybody and Their Brother; Featuring Everett Lilly, Bea Lilly, Charles Lilly, Daniel Lilly, Mark Lilly, Marty Stuart, Rhonda Vincent, Billy Walker, Ronnie McCoury, Rob McCoury, David Ball, Charlie Cushman, Larry Stephenson, Joe Spivey, Eddie Stubbs, Jason Carter, Dickey Lee, Freddy Weller, Mike Bub, Rad Lewis, Andy May, Darrin Vincent, Marcia Campbell, Clay Rigdon, Eric Blankenship and Bill Wolfenbarger (artists); Charles Lilly & Bill Wolfenbarger (producers); Swift River Music
  • 2012 Gospel Recorded Performance of the Year: "Singing as We Rise", Gibson Brothers with Ricky Skaggs

BluegrassJournal.com Readers Poll: We Are Family; Jeff & Sheri Easter, The Lewis Family & The Easter Brothers (artists); Jeff & Sheri Easter (producers); Daywind Records

TNN/Music City News Country Awards[編集]

  • 1982 Bluegrass Act Of The Year
  • 1983 Bluegrass Act of the Year
  • 1983 Star of Tomorrow
  • 1984 Bluegrass Act of the Year
  • 1988 Instrumentalist of the Year
  • 1989 Instrumentalist of the Year
  • 1990 Instrumentalist of the Year
  • 1996 Vocal Collaboration of the Year (with Vince Gill & Patty Loveless)[9]

Other Awards and Accomplishments[編集]

  • R&R Best New Artist
  • Billboard magazine's Artist of the Year
  • Musician Magazine- Voted One of the Top 100 Guitarists of the Century
  • Artist of the Decade- Listeners' Poll Award BBC Radio 2
  • CMT's 40 Greatest Men of Country Music rank No. 37 in 2003.
  • Judge for the 2nd annual Independent Music Awards
  • ACM's Cliffie Stone Pioneer Award 2012

脚注[編集]

  1. ^ Skaggs, Ricky (2013). Kentucky Traveler: My Life in Music. 
  2. ^ Inc., Active Interest Media, (May–June 2000). American Cowboy. Active Interest Media, Inc.. pp. 32–. ISSN 1079-3690. http://books.google.com/books?id=--oCAAAAMBAJ&pg=PA32. 
  3. ^ The Story”. Ricky Skaggs (1954年7月18日). 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ June 22, 2000 Setlist :: Phish”. The Mockingbird Foundation, Inc.. 2012年9月6日閲覧。
  5. ^ Moody Bluegrass TWO...Much Love”. Moody Bluegrass project website. 2015年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月6日閲覧。
  6. ^ Cozy Up To Warm Sounds for Fall with 'Cooder White Skaggs' Tour”. Ricky Skaggs website. 2015年9月9日閲覧。
  7. ^ a b Offstage”. 2016年1月1日閲覧。
  8. ^ Skaggs, Ricky (2014). Kentucky Traveler: My Life in Music. Dey Street Books. ISBN 978-0061917349. 
  9. ^ a b Ricky Skaggs”. Ricky Skaggs. 2016年1月1日閲覧。
  10. ^ ACM Winners | Academy of Country Music”. 2016年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]