広岡敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広岡 敬一(ひろおか けいいち、1921年 - 2004年6月21日)は、日本の「風俗ライターの草分け」と評されたジャーナリスト写真家[1]

生い立ち[編集]

当時の中華民国長春府に生まれ、満州国時代には、満洲映画協会に撮影技師として勤務するなどした[1]第二次世界大戦は、陸軍特攻隊写真班員で終戦を迎え、1948年に日本へ引き揚げ[2]。戦後の混乱期には、吉原赤線で女性たちの写真を撮りつつ[2]、カメラマンとして生計を立て、旧厚生省広報部の嘱託職員や、ラジオ局、東京毎夕新聞などを経て、浅草ストリップ劇場で、専属カメラマンとして働くようになった[1]

風俗ライターとしての活動[編集]

1970年代から、フリーランスジャーナリストとして、ソープランドの当時の呼称であった「トルコ風呂」を踏まえて「トルコロジスト」を肩書きとして名乗り、週刊誌に署名記事を書いたり、著作を発表して大きな反響を得た[1]。特に、滋賀県大津市雄琴風俗街に取材し、1980年に発表した『ちろりん村顛末記』は広く注目され、これを原作とする映画『トルコ行進曲 夢の城』も制作された:トルコ行進曲 夢の城 - 文化庁日本映画情報システム[3]

2003年に癌と診断されたが、延命治療を断り、翌年、肺癌によって死去した際には、遺体は献体された[1]

2005年制作のドキュメンタリー映画『ヨコハマメリー』には、晩年の広岡が証言者のひとりとして出演している[4]

著作[編集]

多くの著作で、自ら撮影した多数の写真を掲載している。

  • トルコロジー : トルコ風呂専門記者の報告、晩聲社、1978年
  • ちろりん村顛末記、朝日新聞社、1980年
  • トルコロジストのせんちめんたるじゃ~にい、現代書林、1981年
  • 現代性風俗史〈トルコ風呂記者全力疾走〉、メルヘン企画社、1983年
  • 泡の天使たち、講談社、1984年
  • 浅草行進曲、講談社、1990年
  • ストリップ慕情 : 浅草・吉原ロマネスク、講談社(講談社文庫)、1993年
  • 戦後性風俗大系 : わが女神たち、朝日出版社、2000年
  • 昭和色街美人帖 : 私の<赤線時代>、自由国民社、2001年
  • 性風俗写真館 トルコ・ソープ時代編、イースト・プレス、2003年
  • 性風俗写真館 2 赤線・ストリップ時代編、イースト・プレス、2003年

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 小泉信一 (2004年8月9日). “風俗ライターの草分け・広岡敬一さん 金と欲、本音に肉薄(惜別)”. 朝日新聞・夕刊: p. 9  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b “戦後50年にっぽんの軌跡 (45) 性風俗 進む商品化(連載)”. 読売新聞・東京朝刊: p. 11. (1995年2月5日) 
  3. ^ 映画 トルコ行進曲 夢の城”. 日活. 2013年12月19日閲覧。
  4. ^ ヨコハマメリー - 文化庁日本映画情報システム