金正男暗殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金正男暗殺事件
場所 マレーシア、クアラルンプール国際空港第2ターミナル (KLIA2)
日付 2017年2月13日 (2017-02-13)
標的 金正男
武器 VX
有罪判決 「危険な武器や手段によって故意に傷害を負わせた罪」でベトナム人女性に有罪判決

金正男暗殺事件(きむじょんなむあんさつじけん)は、2017年2月13日マレーシアクアラルンプール国際空港で発生した、北朝鮮の第2代最高指導者金正日の長男金正男神経剤VX」によって毒殺された事件。

暗殺[編集]

金正男が暗殺された現場であるKLIA2の出発ホール(2016年撮影)

金正男は2017年2月6日にマレーシアに到着し、2月8日にはリゾート地として知られるランカウイ島を訪れていた[1][2]。2017年2月13日、金正男はマカオ行きのエアアジア便(午前10時50分発)に搭乗するため、クアラルンプール国際空港のLCC専用ターミナル (KLIA2)の3階出発ホールを訪れた[3]

午前9時00分頃、自動チェックイン機の前に立っていた金正男は突然2人の女性から襲撃され、猛毒の神経剤「VX」を顔に塗られた[4][5][6][nb 1]。マレーシア警察によれば、金正男は攻撃を受けた後、空港の受付スタッフに対して「誰かが背後から掴みかかり、顔に液体をかけられた」こと、および1人の女が「液体を含んだ布を顔に被せてきた」ことを報告していた[11][12]。金正男はその後、自ら歩いてKLIA2内の「ムナラ・メディカル・クリニック」に向かい、治療を受けた[13][14]。治療にあたった医師の証言によれば、この時の金正男は大量の汗をかき、顔の痛みを訴えており、クリニックに入って間も無く痙攣を起こして意識を失い、口から血や泡を吹いた[13][15]。金正男には気管挿管が行われ、1ミリグラムのアトロピンおよびアドレナリンが投与されたほか、口の中から唾液や血液、嘔吐物を吸引して取り除く必要があった[16]

その後、金正男は蘇生装置を顔に取り付けられた状態で担架に乗せられ、空港の関係者専用エリアを通して救急車に運ばれた[17]。しかし、金正男はプトラジャヤ病院へ搬送される途中に救急車の中で死亡した[5][18][19]。 金正男は「キム・チョル」という偽名を使用して旅行していたため、マレーシア当局が死亡した男性を金正男と特定するまでには時間がかかった[10][20]。死亡時、金正男はバックパックに10万ドル余りの現金を入れていたほか、キム・チョル名義の北朝鮮国籍のパスポートを4つ所持していた[21][22]

捜査と逮捕[編集]

2017年2月15日、マレーシア警察は実行犯の1人としてベトナム人の28歳女性(以下「A」)を逮捕した[23]。Aは空港の監視カメラの映像により実行犯と特定された[24]。2月16日、インドネシア人の25歳女性(以下「B」)が2人目の実行犯として逮捕された[25]。同日にはBの交際相手であるマレーシア人の26歳男性も事件に関連して逮捕されたが[21][26]、2月24日までに釈放された[27]。2月17日、北朝鮮人の46歳男性が4人目の容疑者として逮捕された[28][29]。この男性はマレーシア在住でトンボ・エンタープライズ (Tombo Enterprise)という企業の従業員であるとされた[30]

逮捕されたAは警察に対し、自分とBは他の4人の男と共に旅行中であったこと、KLIA2に到着した直後、Bがハンカチでターゲットの顔を覆っている間に何らかの液体をかけるよう4人の男から指示されたこと、一連の行為は「いたずら」であると説明されていたことなどを供述した[31]。空港の監視カメラには、AとBが金正男を襲撃した後、別々のトイレに急いで向かった様子と、トイレを出た2人が空港のタクシー乗り場に向かった様子が映し出されていた[32]。Aは事件当日の午前9時30分頃にタクシーに乗り込み、空港を去った[33]

2月19日、マレーシア警察は暗殺事件の容疑者として国外にいる4人の北朝鮮人男性を指名手配した[34]。4人はそれぞれ33歳、34歳、55歳、57歳であり、全員が事件当日にマレーシアを出国していた[35][36]。4人の身柄を確保するため、マレーシア警察は国際刑事警察機構(インターポール)をはじめとする外部機関の協力を要請した[35]。匿名の情報筋によれば、4人の容疑者はマレーシアを出国後ジャカルタ、ドバイ、ウラジオストクなどを経由して平壌に帰還した[37][38]。4人のほかにも、マレーシア警察は国内にいる3人の北朝鮮人男性(高麗航空の従業員、北朝鮮大使館の二等書記官を含む)の行方を追っていた[39][40]。3人はマレーシアの北朝鮮大使館に逃げ込んだが、最終的に嫌疑が晴れたとして平壌に帰還することを許された[41][42][43]

2月22日、マレーシア警察長官カリド・アブバカル英語版は金正男の殺害が「計画的な行動」であって、逮捕された2人の女性は暗殺を実行するために訓練されており、クアラルンプールの各所で繰り返しリハーサルを行っていたと述べた[40]。アブバカルはさらに、2人は毒劇物を取り扱っていることを知っていたように見えると主張した[40]。2月23日、北朝鮮政府は事件への関与を否定する声明を出し、マレーシア当局は韓国と共謀して「証拠を捏造」していると非難した上で、勾留されているAとBおよび北朝鮮人の男性を解放するよう要求した[44]。北朝鮮当局者は死亡した自国の男性が金正男であること認めず、男性の死因も毒物ではなく心臓発作である可能性が高いと述べた[45]

2月28日 AとBは殺人罪で起訴され、有罪となった場合マレーシアの法律上自動的に死刑が適用されることとなった[46][47]。3月3日、マレーシア当局により逮捕勾留されていた北朝鮮人の46歳男性が証拠不十分で釈放され、国外退去処分となった[48]。釈放後、男性はメディアに対し、マレーシア警察から罪を認めなければ家族に危害を与えると脅迫されたと主張した上で、自分が逮捕されたのは「陰謀」の一部であると述べた[49][50]。他方、マレーシア警察は男性による主張を断固として否定した[51][52]。3月16日、インターポールは平壌に逃亡した4人の北朝鮮人を国際指名手配した[53]

マレーシア警察の捜査員によれば、金正男は暗殺の6カ月前、日本人の友人に対して「私の命が狙われている」と話していた[54][55]。複数の専門家が、金正男の暗殺は異母弟である北朝鮮の最高指導者金正恩が指令したものである可能性が高いと指摘している[56][57][58]

検死[編集]

2017年2月15日、クアラルンプール病院英語版の遺体安置所で金正男の検死(解剖)が実施された[59]。検死当日、病院には数人の北朝鮮政府関係者が訪れており[59]、金正男の遺体にそのような措置を行われることに反対していた[24]。マレーシア当局はのちにコメントを出し、解剖が実行に移されたのは北朝鮮側が正式な異議申し立てを怠った結果であると述べた[26]。検死を担当した病理医は、金正男の肺、脳、肝臓および脾臓が毒物によるダメージを受けていたと証言した[60]。また別の病理医は、金正男の尿から毒物の痕跡が検出されたと証言したほか[60]、血中コリンエステラーゼ濃度の低さは神経剤もしくは殺虫剤に被曝したことを示唆していると述べた[16][61]。マレーシア警察は2017年2月24日、解剖後に行われた検査の結果、金正男の顔面部から猛毒の神経剤「VX」が検出されたと発表した[8]

専門家によれば、VXはバイナリー兵器として用いられる場合があり[62][63]、金正男は2人の攻撃者からVXの前駆体となる2種類以上の化学物質を塗りつけられた可能性がある[7]。バイナリー兵器による暗殺では、攻撃者自身が毒物によって死亡することを避けることができる上に、前駆体となる化学物質を別々にマレーシアに持ち込むことで、当局が毒物の持ち込みを発見しにくくなるという利点があることが指摘されている[7][62][64]。一方で、容疑者の1人であるBは攻撃実行後にタクシーの中で嘔吐したこと、その後も気分が悪い状態が続いたことを報告している[18]

2017年3月10日、マレーシア警察による検死の手続きが完了し、長男の金漢率から提供されたDNAサンプルによる検査の結果、遺体は金正男のものであると正式に確認された[65]。その後、金正男の遺体はマレーシア保健省英語版に引き渡された[66]。マレーシア保健省は、遺体を2–3週間保存するためにエンバーミングを行った上で、その間金正男の遺族に遺体を引き取る猶予を与えると発表したが[67][68]、遺族は引き取りを断り、マレーシア当局に遺体の処遇を委ねた[69]。最終的に、金正男の遺体は3月31日に北朝鮮の首都平壌に空輸されることとなったが、息子の金漢率は北朝鮮側への引き渡しに反対していた[70]。金正男が死亡時に着用していたブレザーとバックパック、腕時計は分析のためマレーシア警察の化学部門に送られていたが、その後北朝鮮大使館関係者に引き渡された[22]

裁判[編集]

2017年10月2日、暗殺の実行犯として殺人罪で起訴されたAとBの初公判がシャー・アラムのマレーシア高等裁判所で始まった[71][72]。両被告は共に無罪を主張し、北朝鮮の工作員らに「テレビ番組のためのいたずら」であると騙されて一連の行為に及んだと主張した[73]

この初公判において、マレーシア政府の化学者は、Aの爪や白い上着、Bの袖なしTシャツなどから暗殺で使用されたとみられる神経剤「VX」の痕跡が検出されたと証言した[74][75]。この証言は2人の被告とVXを結びつける最初の証拠となった[74]。別の病理学者は金正男が死亡した唯一の原因はVXであったと証言したほか、検死報告書によれば、金正男の遺体からは糖尿病高血圧痛風などを治療するための6種類の薬の痕跡が検出された一方で、北朝鮮政府が死因として主張していた心臓発作を示す証拠や兆候は見られなかったと指摘した[76]。毒物の専門家は、金正男のバッグからVXを含む神経剤の解毒剤として用いられるアトロピンの小瓶が複数発見されていたと証言した[77][78]

2018年1月31日、マレーシア当局の捜査員が証言し、Bは事件の数週間前、クアラルンプール市内のショッピングモールで日本人と偽った北朝鮮人によってスカウトされ、日本のお笑い番組に出演するものと信じていたと述べた[79]。3月14日、Aの弁護士は、Aの友人であるバー経営者のベトナム人女性の供述調書を読み上げた[80]。供述調書の中で、バー経営者の女性はAが「李 (Li)」と名乗る男によってスカウトされた経緯を語っており、2016年12月27日に自分と夫がハノイで経営するバーに李が訪れ、女優としての仕事を依頼してきたが断ったこと、李から他の女性を紹介するよう頼まれ、友人であるAと引き合わせたこと、李がバーにやってきたAに対し、空港でのいたずら動画の撮影について説明していたことなどを証言していた[80]

A・B両被告の弁護士らは、2人は毒物を取り扱っていたことを知らされておらず、逮捕されていない4人の北朝鮮人容疑者のスケープゴートに仕立て上げられているのだと主張した[81][82]。3月20日から始まった公判で、Aの弁護士は事件の約10日前である2017年2月2日にベトナムのノイバイ国際空港で撮影された監視カメラ映像を上映した。映像の中で、Aはベトナム政府関係者の男性に後ろから近づき、男性の首に突然掴みかかるという「いたずら」を仕掛けていた[82][83]

2018年6月27日、裁判の最終陳述が開始された[84]。8月16日、マレーシア高等裁判所は審理の継続を決定し、裁判は2018年11月から再開されることとなった[85]。この決定にあたって高等裁判所の判事は、証拠は不足しているものの事件が政治的な暗殺である可能性は排除できないとしたほか、監視カメラの映像は両被告が毒物の取り扱いを認識していたことを示しており、「テレビ番組のためのいたずら」という説明は不自然であるとの見解を述べた[86]

Indonesian Government Letter to Malaysian Government for the Release of Siti Aisyah
インドネシア政府がマレーシアの司法長官宛に送付したBの釈放を要請する書簡
Respond Letter from the Malaysian Attorney General for the Release of Siti Aisyah
マレーシアの司法長官がインドネシア政府に返信し、要請に応じることを伝えた書簡
インドネシアとベトナムのメディアが入手した容疑者Bの釈放に関連する書簡[87][88][89]

殺人罪の起訴取り下げ[編集]

2019年3月、Bの起訴が取り下げられ、Bは釈放された[90]。この釈放は、インドネシア政府からのBの釈放要請に、マレーシアの司法当局が応じた結果であったことがメディアによって報道され、のちにマレーシアの司法長官もその事実を認めた[87][88][89][91]。Bの起訴が取り下げられたことを受け、ベトナム政府はAにも同様の措置を取ることをマレーシア政府に要請したが[92]、マレーシアの検察当局はこの要請を却下し、Aの裁判を2019年4月から再開すると発表した[93][94]

要請が却下されたことを受け、ベトナム外務省はマレーシアの検察による決定への遺憾の意を表明し、公正な裁判が行われることを要求した[95]。東南アジア情勢の専門家は、マレーシア司法当局による差別的な決定がマレーシア・ベトナム両国間の外交関係悪化を引き起こす恐れがあると指摘した[96]

2019年4月1日、Aの訴因が殺人罪から、より軽い「危険な武器や手段によって故意に傷害を負わせた罪」に変更され、Aは変更された罪を認めた[97]。Aは3年4カ月の禁固刑を言い渡されたが、刑期は2017年2月の逮捕時から計算され、刑期の減免も受けたため、2019年5月3日に釈放された[98][99]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ VXガスは1993年の化学兵器禁止条約により保有を禁じられているが、北朝鮮はこの条約を批准しておらず、VXガスを備蓄している可能性が疑われている[7][8][9][10]

出典[編集]

  1. ^ Latiff, Rozanna (2018年1月29日). “Kim Jong Nam met U.S. national on Malaysian island before he was killed, police say”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-northkorea-malaysia-kim-court/kim-jong-nam-met-u-s-national-on-malaysian-island-before-he-was-killed-police-say-idUSKBN1FI16Y 2018年1月30日閲覧。 
  2. ^ Kyodo News (2018年1月29日). “Police: Kim Jong Nam met American days before murder”. The Bangkok Post. https://www.bangkokpost.com/news/general/1404030/police-kim-jong-nam-met-american-days-before-murder. "In his cross examination, he grilled Mr Azirul about Kim's ランカウイ島 meeting with a Korean-American man based in Bangkok, which was first reported by Japan's Asahi Shimbun last year. While Mr Azirul confirmed that the meeting took place at a hotel, he said the police have been unable to identify the man, who the Asahi said was a US intelligence officer." 
  3. ^ How the Hit Team Came Together to Kill Kim Jong Nam”. Wall Street Journal (2017年10月23日). 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ 金正男氏殺害、被告女性1人を釈放 殺人罪の起訴取り下げ”. BBC News (2019年3月11日). 2019年10月10日閲覧。
  5. ^ a b McCurry, Justin (2017年2月14日). “Kim Jong-un's half-brother dies after 'attack' at airport in Malaysia”. The Guardian. オリジナルの2017年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170214130722/https://www.theguardian.com/world/2017/feb/14/kim-jong-un-half-brother-reportedly-killed-malaysia-north-korea 2017年2月14日閲覧。 
  6. ^ Samuel Osborne (2017年2月14日). “Kim Jong-un's half-brother 'assassinated with poisoned needles at airport'”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/asia/kim-jong-un-half-brother-killed-kim-jong-nam-malaysia-north-korea-leader-a7579246.html 
  7. ^ a b c Julian Borger, North Korea's use of nerve agent in murder sends a deliberate signal to foes Archived 24 February 2017 at the Wayback Machine., The Guardian (24 February 2017).
  8. ^ a b “Kim Jong-nam killing: VX nerve agent 'found on his face'”. BBC News. (2017年2月24日). オリジナルの2017年2月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170224021724/http://www.bbc.com/news/world-asia-39073389 2017年2月24日閲覧。 
  9. ^ Richard C. Paddock & Choe Sang-Hun (2017年2月23日). “Kim Jong-nam Was Killed by VX Nerve Agent, Malaysians Say”. New York Times. オリジナルの2017年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170225053128/https://www.nytimes.com/2017/02/23/world/asia/kim-jong-nam-vx-nerve-agent-.html 
  10. ^ a b Report on the use of a chemical weapon in the death of a DPRK national”. Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons (2017年3月7日). 2017年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月9日閲覧。
  11. ^ Ng, Eileen (2017年10月2日). “Witnesses recount N. Korean leader's brother's last moments”. he Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/witnesses-recount-n-korean-leaders-brothers-last-moments/2017/10/02/5f2ebabe-a777-11e7-9a98-07140d2eed02_story.html 2017年10月3日閲覧。 
  12. ^ North Korean leader's brother Kim Jong-nam 'killed' in Malaysia'”. BBC News (2017年2月14日). 2017年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月14日閲覧。
  13. ^ a b 「大量の汗、そしてけいれん」 正男氏を診察した医師が証言”. CNN (2017年10月3日). 2019年10月10日閲覧。
  14. ^ Leong, Trinna (2017年10月4日). “Kim Jong Nam murder trial: Victim showed signs of poisoning, says doctor”. The Straits Times. http://www.straitstimes.com/asia/se-asia/kim-jong-nam-murder-trial-victim-showed-signs-of-poisoning-says-doctor 2017年10月12日閲覧。 
  15. ^ 正男氏暗殺から2年、見えた捜査の裏側 米機関と接触か”. 朝日新聞 (2019年1月31日). 2019年10月10日閲覧。
  16. ^ a b Leong, Trinna (2017年10月3日). “Kim Jong Nam had 'constricted, pinpoint pupils' and other symptoms of VX poisoning, court hears”. The Straits Times. http://www.straitstimes.com/asia/se-asia/kim-jong-nam-had-no-pulse-when-he-arrived-at-klia-airport-clinic-doctor-tells-court 2017年10月3日閲覧。 
  17. ^ The Associated Press (2017年10月9日). “Video shows North Korean motionless on gurney after attack”. The National Post. https://nationalpost.com/pmn/news-pmn/trial-in-kim-murder-resuming-with-visit-to-malaysian-lab 2017年10月9日閲覧。 
  18. ^ a b Fifield, Anna (2017年2月26日). “North Korean leader's half brother suffered a 'very painful death,' Malaysian officials say”. The Washington Post. オリジナルの2017年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170227041735/https://www.washingtonpost.com/world/north-korean-leaders-half-brother-suffered-a-very-painful-death-within-20-minutes-malaysian-officials-say/2017/02/26/f33b7006-6e4e-415a-98e6-846b27fdc9e6_story.html 2017年2月26日閲覧。 
  19. ^ Menon, Praveen; Chow, Emily (2017年2月16日). “Murder at the airport: the brazen attack on North Korean leader's half brother”. Reuters. オリジナルの2017年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170216131317/http://www.reuters.com/article/us-northkorea-malaysia-kim-murder-idUSKBN15V1BO 2017年2月16日閲覧。 
  20. ^ “Kim Jong-nam death: Malaysia police hold female suspect”. BBC News. (2017年2月15日). オリジナルの2017年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170215104541/http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-38980474 2017年2月15日閲覧。 
  21. ^ a b Hong, Bede (2017年10月25日). “Jong-nam trial told police found no footage of practice runs”. The Malaysian Insight. https://www.themalaysianinsight.com/s/19995/ 
  22. ^ a b Reuters (2017年10月12日). “Murdered North Korean Kim Jong Nam had $100,000 in backpack, police witness says”. The Japan Times. https://www.japantimes.co.jp/news/2017/10/12/asia-pacific/murdered-north-korean-kim-jong-nam-100000-backpack-police-witness-says/ 
  23. ^ Doan Thi Huong, Vietnamese woman linked to Kim Jong-nam murder, to be freed on May 3”. South China Morning Post (2019年4月13日). 2019年10月1日閲覧。 “Following the plea deal, Shah Alam High Court judge Azmi Ariffin sentenced Huong to three years and four months in jail, running from the date of her arrest on February 15, 2017”
  24. ^ a b Holmes, Oliver (2017年2月15日). “Kim Jong-nam death: Malaysian police arrest female suspect”. The Guardian. オリジナルの2017年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170215112927/https://www.theguardian.com/world/2017/feb/15/kim-jong-nam-malaysian-police-arrest-female-suspect-over-death 2017年2月15日閲覧。 
  25. ^ Kim Jong-Nam killing: Second woman arrested in Malaysia”. Sky News (2017年2月16日). 2017年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月16日閲覧。
  26. ^ a b Kim Jong Nam's Death: 3rd Arrest in Dictator's Half-Brother Case”. NBC News (2017年2月16日). 2017年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月16日閲覧。
  27. ^ Kim Jong-nam’s assassins murdered him with a toxic NERVE AGENT classed as a ‘weapon of mass destruction’ by the UN”. The Sun (2017年2月24日). 2017年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  28. ^ Ryall, Julian (2017年2月18日). “North Korean man arrested in Malaysia over killing of Kim Jong-nam as second autopsy to be conducted”. The Telegraph. 2017年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月18日閲覧。
  29. ^ Farik Zolkepli (2017年2月18日). “Fourth person arrested in Jong-nam murder probe”. The Star. 2017年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月18日閲覧。
  30. ^ Park Su-ji (2017年2月21日). “One suspect in Kim Jong-nam's killing was middleman buying commodities in Malaysia”. The Hankyoreh. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  31. ^ “Killing of North Korean: Suspect thought she was playing a prank”. Free Malaysia Today. (2017年2月15日). オリジナルの2017年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170215193420/http://www.freemalaysiatoday.com/category/nation/2017/02/15/killing-of-north-korean-suspect-thought-she-was-playing-a-prank/ 2017年2月16日閲覧。 
  32. ^ Eileen Ng (2017年10月11日). “Video of fatal attack on Kim Jong Nam shown at women’s trial”. Associated Press News. 2019年10月1日閲覧。
  33. ^ How the Hit Team Came Together to Kill Kim Jong Nam”. The Wall Street Journal (2017年10月23日). 2019年10月1日閲覧。
  34. ^ Malaysia searching for four more North Korean suspects in Kim Jong Nam death” (2017年2月19日). 2017年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月19日閲覧。
  35. ^ a b Kim Jong-nam murder: Suspects left country on day of killing”. The Star (2017年2月19日). 2017年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月19日閲覧。
  36. ^ Richard C. Paddock; Choe Sang-hun (2017年4月13日). “Lawyers for Women in Kim Jong-nam Case Say They Were Scapegoated”. The New York Times. https://nytimes.com/2017/04/13/world/asia/kim-jong-nam-assassination-north-korea-malaysia.html 
  37. ^ 4 North Korean suspects in Kim Jong Nam murder back in Pyongyang: Sources”. The Star/Asia News Network. The Straits Times (2017年2月20日). 2017年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月20日閲覧。
  38. ^ Park Su-ji (2017年2月20日). “Four North Korean suspects fled Malaysia immediately after Kim Jong-nam's killing”. The Hankyoreh. 2017年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  39. ^ Richard C. Paddock; Gerry Mullany (2017年2月21日). “Senior North Korean Diplomat Is Sought in Death of Kim Jong-nam”. The New York Times. オリジナルの2017年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170222112514/https://www.nytimes.com/2017/02/21/world/asia/kim-jong-nam-killing-malaysia-north-korea.html 2017年2月22日閲覧。 
  40. ^ a b c Rozanna Latiff; Liz Lee; Kanupriya Kapoor; Praveen Menon; Simon Cameron-Moore (2017年2月22日). “Malaysia names North Korean diplomat wanted for questioning in murder case”. Reuters. オリジナルの2017年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170222053242/http://mobile.reuters.com/article/idUSKBN1610AM 2017年2月22日閲覧。 
  41. ^ Paddock, Richard C. (2017年3月1日). “North Korean Suspects in Killing of Kim Jong-nam Join Tradition of Holing Up in Embassies”. The New York Times. オリジナルの2017年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170302060301/https://www.nytimes.com/2017/03/01/world/asia/malaysia-kim-jong-nam-embassy-immunity.html 2017年3月1日閲覧。 
  42. ^ North Koreans hiding in Malaysian embassy return to Pyongyang”. CNN (2017年3月31日). 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月31日閲覧。
  43. ^ Eileen Ng (2017年3月31日). “Malaysia interviewed, cleared 3 N. Koreans before they left”. The Seattle Times. Associated Press. オリジナルの2017年3月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170331104721/http://www.seattletimes.com/nation-world/2-north-korean-suspects-in-kim-jong-nam-killing-head-home/ 2017年3月31日閲覧。 
  44. ^ Kim Jong-nam Evidence Being Fabricated by Malaysia, North Korea Says” (2017年2月23日). 2019年10月10日閲覧。
  45. ^ 空港で亡くなった男性の死因は「心臓発作」=北朝鮮当局者”. Reuters (2017年3月2日). 2019年10月10日閲覧。
  46. ^ Eileen Ng (2017年2月28日). “Malaysia charges two women in death of Kim Jong-nam”. Associated Press. The Globe and Mail. 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月6日閲覧。
  47. ^ Malaysia to charge women for murder of Kim Jong-nam”. Al Jazeera (2017年2月28日). 2017年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  48. ^ Kim Jong Nam murder: Malaysia to release, deport North Korean suspect due to lack of evidence”. Associated Press. Fox News (2017年3月2日). 2017年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月2日閲覧。
  49. ^ “Kim Jong-nam death: North Korean says arrest was 'conspiracy'”. BBC News. (2017年3月4日). オリジナルの2017年3月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170306223427/http://www.bbc.com/news/world-asia-39162025 2017年3月6日閲覧。 
  50. ^ Eileen Ng (2017年3月3日). “Deported Korean says Malaysia threatened to harm his family”. Associated Press. The News Tribune. 2017年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  51. ^ Police Dismiss North Korean's Claim of Conspiracy”. Bernama. Malaysian Digest (2017年3月5日). 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月6日閲覧。
  52. ^ We treated Jong-chol well, says IGP”. The Star (2017年3月5日). 2017年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月6日閲覧。
  53. ^ Interpol 'red notice' on Kim Jong-nam murder suspects”. STV News (2017年3月16日). 2017年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月16日閲覧。
  54. ^ Latiff, Rozanna (2018年2月27日). “'My life is in danger,' North Korea leader's half-brother quoted as saying months before poisoning”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-northkorea-malaysia-kim-court/my-life-is-in-danger-north-korea-leaders-half-brother-quoted-as-saying-months-before-poisoning-idUSKCN1GB1CI. "Kim arrived in Malaysia on Feb. 6 last year and was picked up at the airport by the driver of friend Tomie Yoshio, lead police investigator Wan Azirul Nizam Che Wan Aziz said. The driver was instructed to take Kim to his lodgings and other places he wanted to go after Kim told Yoshio his "life was in danger" during a prior visit to Malaysia." 
  55. ^ 日テレNEWS24. (2018年2月28日). http://www.news24.jp/articles/2018/02/28/10386799.html+2019年10月9日閲覧。 
  56. ^ Pak, Jung H. (2018年2月). “The education of Kim Jong-un”. Brookings Institution. https://www.brookings.edu/essay/the-education-of-kim-jong-un/. "Kim probably also ordered the deadly attack by the application of a VX nerve agent—one of the most toxic of the chemical warfare agents—against Jong-nam, his half-brother and erstwhile competitor for the position of supreme leader of North Korea." 
  57. ^ Patricia Bauer, Kim Jong-Nam, Encyclopedia Britannica (last updated on 6 May 2018): "analysts believed that the murder was likely to have been ordered by Kim Jong-Un."
  58. ^ Jackson, Van (2018). On the Brink: Trump, Kim, and the Threat of Nuclear War (1 ed.). Cambridge University Press. pp. 98–99. doi:10.1017/9781108562225.006. ISBN 9781108562225. https://www.cambridge.org/core/product/identifier/9781108562225/type/book. 
  59. ^ a b “North Korean embassy cars seen at KL hospital mortuary”. The Star. (2017年2月15日). オリジナルの2017年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170217142925/http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/02/15/cars-north-korean-embassy-seen-at-hkl-mortuary/ 2017年2月15日閲覧。 
  60. ^ a b Agence France-Presse (2017年10月3日). “Kim Jong-Nam suffered extensive organ damage, trial hears”. The Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/world-news/kim-jong-nam-suffered-extensive-organ-damage-trial-hears/story-RtmUZM2cuA8qNsvE1BdWmO.html 2017年10月3日閲覧。 
  61. ^ Shim, Elizabeth (2017年10月3日). “Kim Jong Nam 'red' and 'sweating' after attack, witnesses say”. UPI. https://www.upi.com/Top_News/World-News/2017/10/03/Kim-Jong-Nam-red-and-sweating-after-attack-witnesses-say/9211507037447/ 2017年10月6日閲覧. "Nur Asyikin Osman, a chemical pathologist with the Malaysian government, said in her court testimony a blood analysis of Kim indicated the enzyme cholinesterase was at a very low level of 344 units per liter, when the normal level is 5,300 units per liter, according to South Korean news agency Yonhap." 
  62. ^ a b McCurry, Justin (2017年2月20日). “What is the VX nerve agent that killed North Korean Kim Jong-nam?”. The Guardian. 2017年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月24日閲覧。
  63. ^ David Bradley, VX Nerve Agent in North Korean's Murder: How Does It Work? Archived 25 February 2017 at the Wayback Machine., Chemistry World, republished at Scientific American (24 February 2017).
  64. ^ Richard C. Paddock, Choe Sang-hun & Nicholas Wade, In Kim Jong-nam’s Death, North Korea Lets Loose a Weapon of Mass Destruction Archived 25 February 2017 at the Wayback Machine., New York Times (24 February 2017).
  65. ^ Malaysian assassination victim's identity confirmed by DNA”. Kyodo News. Bangkok Post (2017年3月16日). 2017年3月16日閲覧。
  66. ^ Malaysia confirms 'Kim Chol' is Kim Jong Nam: IGP Khalid”. Channel NewsAsia (2017年3月10日). 2017年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月10日閲覧。
  67. ^ Eileen Ng (2017年3月13日). “Malaysia says it will give Kim's family time to claim body”. Associated Press. ABC News. 2017年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月13日閲覧。
  68. ^ Malaysia says body of North Korean Kim Jong-nam embalmed to 'preserve' it”. Associated Press. The Telegraph (2017年3月14日). 2017年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月16日閲覧。
  69. ^ Farik Zolkepli (2017年3月16日). “'Jong-nam's family has given Malaysia permission to manage his remains'”. The Star. 2017年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月16日閲覧。
  70. ^ Norikyo, Masatomo (2017年7月2日). “Kim Jong Nam's son did not want body handed over to N. Korea”. Asahi Shimbun. http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201707020014.html 2017年7月5日閲覧。 
  71. ^ Rozanna Latiff; Praveen Menon (2017年7月28日). “Malaysia sets October 2 for trial of women suspects in Kim Jong Nam killing”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-northkorea-malaysia-kim-court-idUSKBN1AD08P?il=0 2017年8月16日閲覧。 
  72. ^ “Kim Jong-nam death: Women plead not guilty”. BBC News. (2017年10月2日). https://www.bbc.com/news/world-asia-41464331 2017年10月2日閲覧。 
  73. ^ 金正男氏殺害の初公判 容疑者2人は無罪主張”. BBC (2017年10月2日). 2019年10月10日閲覧。
  74. ^ a b Press, Associated (2017年10月5日). “VX nerve agent trace found on women accused of killing Kim Jong-nam, court hears” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2017/oct/05/vx-nerve-agent-found-shirt-of-kim-jong-nams-accused-killer-court-hears 2017年10月5日閲覧。 
  75. ^ Eileen Ng (2017年10月5日). “Chemist says VX nerve agent byproduct was on Kim Jong Nam murder suspect's shirt”. Associated Press. Chicago Tribune. 2017年10月8日閲覧。
  76. ^ Eileen Ng (2017年10月4日). “Masks worn in Malaysian court as VX-tainted evidence shown”. Associated Press. The Colorado Gazette. 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  77. ^ Reuters (2017年12月1日). “Kim Jong-nam had antidote to nerve agent that killed him in bag.”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2017/dec/01/kim-jong-nam-north-korea-antidote-nerve-agent-killed-bag. "The vials contained atropine, an antidote for poisons such as VX and insecticides, toxicologist Dr K. Sharmilah told the court on Wednesday, according to state news agency Bernama." 
  78. ^ “Kim Jong-nam killing: Regime critic carried 'antidote'”. BBC News. (2017年11月30日). https://www.bbc.com/news/world-asia-42186034 2017年12月1日閲覧。 
  79. ^ 金正男氏殺害の女、「日本のお笑い番組」のつもりだった マレーシア”. CNN (2018年1月31日). 2019年10月10日閲覧。
  80. ^ a b Kim Jong-nam murder suspect explains how North Koreans recruited her for 'assassination disguised as prank TV show'”. Associated Press. South China Morning Post (2018年3月14日). 2018年3月15日閲覧。
  81. ^ Eileen Ng (2018年3月22日). “Malaysia police deny prejudice against Kim murder suspects”. Associated Press. The Washington Post. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧。
  82. ^ a b Woman accused in Kim Jong Nam killing played prank on Vietnamese official, lawyer says”. Reuters. Business Insider (2018年3月21日). 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月21日閲覧。
  83. ^ Trong Giap (22 March 2018). Hé lộ video Đoàn Thị Hương diễn tập tại sân bay Nội Bài [Revealing the video of Đoàn Thị Hương rehearsing at Nội Bài airport]. VNExpress (video) (in Vietnamese). Việt Nam Mới. Event occurs at 0:53. Retrieved 22 March 2018.
  84. ^ Women accused of poisoning N. Korean scion arrive for trial”. The Associated Press. Stars and Stripes (2018年6月27日). 2018年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月10日閲覧。 “Two women accused of poisoning the estranged half brother of North Korea's leader arrived at court Wednesday for closing arguments in a murder trial that could send the women to the gallows.”
  85. ^ Kim Jong-Nam murder case: Dec 18 for decision on notice of motion”. Bernama. The Sun (2018年12月14日). 2018年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月16日閲覧。 “The court set Jan 7 to 10, Jan 28 to 31 and Feb 18 and 19 for Siti Aisyah to enter a defence, while the dates for the court to hear Doan's defence are March 11 to 14, March 18 to 21, April 1 to 4 and April 8 and 9.”
  86. ^ James Doubek (2018年8月16日). “Judge Cites A 'Well-Planned Conspiracy' In Kim Jong Nam's Death”. NPR. 2018年9月10日閲覧。
  87. ^ a b Indonesian Ministry of Law and Human Rights Request Letter”. 2019年3月14日閲覧。
  88. ^ a b Malaysian Attorney-General Respond Letter”. 2019年3月14日閲覧。
  89. ^ a b Widjiono Wasis (2019年3月14日). “Terungkap Isi Surat Jaksa Agung Malaysia soal Bebasnya Siti Aisyah” [Revealed Letter Contents from Malaysian Attorney General on the Release of Siti Aisyah] (Indonesian). Senayan Post. 2019年3月14日閲覧。
  90. ^ Hannah Ellis-Petersen (2019年3月11日). “Kim Jong-nam death: suspect Siti Aisyah released after charge dropped”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2019/mar/11/kim-jong-nam-trial-siti-aisyah-released-after-charge-dropped 2019年3月11日閲覧。 
  91. ^ Siti Aisyah freed on Indonesia's request, says AG”. Reuters. Free Malaysia Today (2019年3月11日). 2019年3月14日閲覧。
  92. ^ Anh Ngoc (2019年3月13日). “Vietnam asks Malaysia to free Vietnamese suspect in Kim Jong-nam murder case”. VnExpress. 2019年3月14日閲覧。
  93. ^ Rahmat Khairulrijal (2019年3月14日). “(Update) Kim Jong Nam murder trial: AGC rejects Vietnam woman's bid to withdraw charge”. New Straits Times. https://www.nst.com.my/news/crime-courts/2019/03/469034/update-kim-jong-nam-murder-trial-agc-rejects-vietnam-womans-bid 2019年3月14日閲覧。 
  94. ^ Hannah Ellis-Petersen (2019年3月14日). “Kim Jong-nam murder trial: prosecutors reject request to free Doan Thi Huong”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2019/mar/14/kim-jong-nam-trial-prosecutors-reject-request-to-free-doan-thi-huong 2019年3月14日閲覧。 
  95. ^ Minh Nguyen; James Pearson; Clarence Fernandez (2019年3月14日). “Vietnam asks Malaysian for fair treatment of citizen accused of Kim Jong Nam murder”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-vietnam-northkorea-fair-trial/vietnam-asks-malaysian-for-fair-treatment-of-citizen-accused-of-kim-jong-nam-murder-idUSKCN1QV12O 2019年3月14日閲覧。 
  96. ^ Vietnamese suspect in Kim Jong Nam's killing seeking release”. Associated Press (2019年3月14日). 2019年3月15日閲覧。 “Analysts say Malaysia risks creating a rift with Vietnam if it doesn’t do the same for Hương. “Malaysia will create a thorny bilateral problem with Vietnam if there is no similar treatment,” said Bridget Welsh, a Southeast Asia expert with John Cabot University in Rome.”
  97. ^ Mayberry, Kate (2019年4月1日). “Vietnamese suspect in Kim Jong Nam murder handed prison term”. Al Jazeera. https://www.aljazeera.com/news/2019/04/vietnamese-suspect-kim-jong-nam-murder-prison-sentence-190401025712711.html 
  98. ^ Vietnamese woman in Kim Jong Nam murder trial to be freed May 3”. Kyodo News (2019年4月13日). 2019年4月13日閲覧。
  99. ^ “Kim Jong-nam: Vietnamese woman freed in murder case”. BBC. (2019年5月3日). https://www.bbc.com/news/world-asia-48142871