ルアンパバーン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルアンパバーンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯19度53分 東経102度08分 / 北緯19.883度 東経102.133度 / 19.883; 102.133

ルアンパバーン郡
ເມືອງຫຼວງພະບາງ
Luang Phabang(Luang Prabang)
龍帕帮、琅勃拉邦
ルアンパバーンの町並
ルアンパバーンの町並
座標 : 北緯19度53分 東経102度08分 / 北緯19.883度 東経102.133度 / 19.883; 102.133
歴史
設立
行政
ラオスの旗 ラオス
 行政区画 ルアンパバーン県
 市 ルアンパバーン郡
人口
人口 (現在)
  市域 103,000人
その他
等時帯 UTC+7 (UTC+7)
夏時間 なし
プーシーの丘から見るルアンプラバーンの町並み(右:メコン川、左:カーン川

ルアンパバーン郡ラーオ語: ເມືອງຫຼວງພະບາງ)は、ラオス北部に位置する古都。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記される。市街地自体が文化遺産としてユネスコ世界遺産ルアン・パバンの町)に登録されている。

ラオスの首都ビエンチャンからメコン川を約 400 キロメートル上流にさかのぼったカーン川英語版との合流場所に位置する。人口約 60,000 人。

歴史[編集]

主な建築物[編集]

歴史的建造物としては、1560年セーターティラート王によって建てられたワット・シエントーン1513年に建立されたラオス最古の寺ワット・ウィスナラート、町を一望できるプーシーの丘には1804年アヌルット王によって建立されたタート・チョムシーと呼ばれる仏塔などがある。 町の中心部に位置する旧王宮は、ルアンパバーン国立博物館として利用されている。

交通[編集]

空路
陸路
水路
  • メコン川での水路はタイ国境のフエイサイから通じている。

観光・産業[編集]

2008年ニューヨークタイムスの調査でラオスが行ってみたい国ベスト1に選ばれたが、その観光の中心はルアンパバーンである。 1995年にルアンパバーンは世界遺産として登録された。2015年は登録20周年記念として12月7-9日に6大イベント(①ルアンパバン世界遺産の保全、開発に関する国際セミナー、②タートノイ寺からシェントング寺までの50のパレード、③写真展、画展、④商品展示会・ルアンパバンフードフェア、1995年からのルアンパバンの開発保全展、⑤芸術・舞踊・伝統スポーツ、⑥白象(カムケオ)などサイニャブリ県からの象のパレード)を計画している[1]

2017年11月、ラオス初の植物園である「ファタケ植物園」を、オランダ人のリック・ガデラが開園した。外国人観光客が多く訪れているほか、研究が不十分なラオスの植物やその薬草などとしての利用を研究する拠点となっている[2][3]

気候[編集]

ルアンパバーンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 27.4
(81.3)
30.8
(87.4)
33.1
(91.6)
34.4
(93.9)
33.8
(92.8)
32.4
(90.3)
31.8
(89.2)
31.5
(88.7)
31.9
(89.4)
30.8
(87.4)
28.5
(83.3)
26.3
(79.3)
31.06
(87.88)
日平均気温 °C (°F) 19.1
(66.4)
21.6
(70.9)
24.4
(75.9)
26.9
(80.4)
27.7
(81.9)
27.6
(81.7)
27.0
(80.6)
26.7
(80.1)
26.4
(79.5)
24.8
(76.6)
21.9
(71.4)
18.6
(65.5)
24.39
(75.91)
平均最低気温 °C (°F) 14.2
(57.6)
15.4
(59.7)
18.0
(64.4)
21.4
(70.5)
23.5
(74.3)
24.5
(76.1)
24.0
(75.2)
23.5
(74.3)
22.9
(73.2)
21.1
(70)
18.0
(64.4)
14.4
(57.9)
20.08
(68.13)
降水量 mm (inch) 15.2
(0.598)
18.6
(0.732)
29.8
(1.173)
107.9
(4.248)
147.2
(5.795)
258.2
(10.165)
228.4
(8.992)
288.6
(11.362)
172.6
(6.795)
126.2
(4.969)
40.1
(1.579)
10.1
(0.398)
1,442.9
(56.806)
平均降雨日数 2 2 3 9 12 14 16 19 12 6 3 1 99
湿度 82 77 74 76 81 85 87 89 87 86 84 85 82.8
平均月間日照時間 190.9 205.7 197.7 207.1 197.4 134.9 126.0 141.3 179.0 194.5 180.0 173.9 2,128.4
出典: NOAA (1961-1990) [4]


主な観光地[編集]

  • 王宮博物館英語版 - 元王宮。内部には王宮として使用していた当時の調度品、贈答品などが展示される。国のシンボル・パバーン英語版が保存されている。
  • サッカリン通り - 寺院が集中し、早朝には僧侶による托鉢が見られる[5]
  • ワット・シェントーン - ルアンパバーンのシンボルにもなっている寺院。16世紀建立[5]
  • ワット・マイ - 1788年から70年がかりで建設された、王宮博物館に隣接する大きな寺院[5]
  • ワット・セーン - サッカリン通りに面する大規模な寺院。正式名称は「ワット・セーンスッカラム」。1714年、キサラート王時代の建立。1930年と1957年にブッダ生誕2500年を記念し、改修される。境内の北東部にボートが奉納される[5]
  • ワット・ビスンナラート - またはワット・ビスン。別名「スイカ寺」。1512年建立。当初は、4000本の木材を使い、12本の柱に支えられた高さ30mにも及ぶ豪壮な木造建築であったが、19世紀のウンカム王時代に中国雲南のホー族の1887年の侵入で破壊され、1898年にサッカリン王の手で再建された。塔であるタート・パトゥムの高さが35mあり、スイカを半分に切った形に似ていることから「スイカ寺」の異名が付いた。1505年の建立だが、1914年に豪雨で破壊され、その際に140点の金銀宝物が中から発見され、王室に納められた。その後、1932年に改修され現在に至る[5]
  • ワット・マノーロム[5]
  • ワット・パバートタイ - ベトナム様式の寺院[5]
  • ワット・タートルアン[5]
  • プーシーの丘 - 王宮博物館の向かいの小高い丘で300段以上の階段を登りつめれば小さな寺院があり、タート・チョムシーと呼ばれる金色に輝く仏塔が建つ。夜間にはライトアップされる。小さな丘の頂上からは町が360度一望できる。メコン川に沈む夕日のビューポイント[5]
  • バーン・サーンハイ - メコン川沿いの酒造りの村。壷造りでも有名[5]
  • パークウー洞窟 - メコン川を27kmほど遡行したところにある洞窟。約4000体もの新旧入り交ざった仏像が安置される[5]
  • クアンシーの滝- 市内から約30kmメコン川の下流側にある美しい滝[5]
  • ナイトバザール- シーサワンウォン通り入り口付近に夕刻より車両通行止めとなり開かれる市。毎日18時頃から22時頃開催。飲食の屋台のほか、観光客向けのみやげ物などが多い[5]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ルアンパバン20周年”. パサソン社会経済紙. (2015年3月4日) 
  2. ^ ファタケ植物園ホームページ
  3. ^ NIKKEI ASIAN REVIEWから】「ラオスに恋したオランダ人/植物園を建設 観光地に/食や薬用 知恵を次代に」『日経産業新聞』2017年10月12日アジア・グローバル面
  4. ^ Luangphabang Climate Normals 1961-1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年1月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 『地球の歩き方』2016-2017版(ダイヤモンド社)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]