クアラトレンガヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クアラ・トレンガヌ特別市
Kuala Terengganu
K Terengganu (121).JPG
座標 : 北緯5度20分00秒 東経103度09分00秒 / 北緯5.33333度 東経103.15000度 / 5.33333; 103.15000
行政
マレーシアの旗 マレーシア
  トレンガヌ州の旗 トレンガヌ州
 特別市 クアラ・トレンガヌ特別市
市長 DATO’ HAJI MAT RAZALI BIN KASSIM
地理
面積  
  特別市域 605 km2 (233.59 mi2)
人口
人口 (2010年現在)
  特別市域 406,317人
    人口密度   590.51人/km2(1,529.21人/mi2
公式ウェブサイト : http://mbkt.terengganu.gov.my/

クアラ・トレンガヌKuala Terengganu)は、マレーシアにあるトレンガヌ州の州都である。

概要[編集]

マレーシア半島東岸、南シナ海に面する位置にある。市の名前は、トレンガヌ川英語版の河口にあるため、文字通り「トレンガヌの河口」という意味。

歴史[編集]

町は現在の中華街である一本の通りから始まった。15世紀には中国とマレー半島の貿易は開始され、中国人家族が住みついた。現在中華街にある建物では200年前のものもある。その後マラッカ王国がこの町を占領した後、中国からの影響は少なくなり、むしろインド、中国、東南アジア諸国とマラッカ王国の重要な貿易拠点はマラッカに移った。

戦前には日本人も住み着き、今でも当時の古い看板などが見られるところもある。


産業[編集]

主な産業としては、過去には造船業も伝わっていたが、現在では食品加工、衣料品、繊維、漁業、農業、サービス業及び観光である。特に観光については、近郊の海のきれいなレダン島 (Pulau Redang) 、プルフンティアン島英語版 (Pulau Perhentian) 、カパス島英語版 (Pulau Kapas) への連絡地として多くのダイバー達が立ち寄る。

交通[編集]

この町からトレンガヌ川の上流への船便や、他の海岸沿いの町への道路交通が連絡している。

空港[編集]

IATA空港コード:TGG
トレガンヌ川の対岸にある中規模空港である。

バス[編集]

長距離バスターミナルでは、クアラ・ルンプールジョホール・バルクアンタンコタ・バルドゥンガン英語版などへの長距離バスが発着する。

観光[編集]

市街には、中華街、中央市場、スルタンの王宮、トレンガヌ州博物館などがある。

ウミガメが産卵することで知られるランタウ・アバン村へは、長距離バスターミナルよりドゥンガン英語版行きのバスで約90分。

クアラトレンガヌが舞台の作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]