マレーシア航空カーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マレーシア航空カーゴ
MASkargo
MalaysiaAirlinesLogo MASKargoNew.jpg
IATA
MH
ICAO
MAS
コールサイン
Malaysian
設立 1972年
ハブ空港 クアラルンプール国際空港
焦点空港 ペナン国際空港
保有機材数 6機
就航地 11都市
親会社 マレーシア航空
本拠地 マレーシアの旗 マレーシアセランゴール州
セパン
代表者 Shahari Sulaiman (Managing Director)[1]
外部リンク http://www.maskargo.com/
テンプレートを表示

MASカーゴMASkargo)もしくはマレーシア航空カーゴはマレーシア航空の貨物部門。

ボーイング747-400

就航都市[編集]

使用機材[編集]

MASkargo fleet[2]
機種 保有数 発注数 Cargo 貨物積載量
(kg)
備考
MD LD LD3 BULK (kg)
A330-200F 4 0 22 8 2 1,200 67,000
Total 4 0
エアバス A330-200F
ボーイング747-400F(旧塗装)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Our History”. 2012年7月29日閲覧。
  2. ^ maskargo.com”. 2018年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]