越境EC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越境EC(えっきょうイーシー)とは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引を指す[1]。ECとは"electronic commerce"(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。クロスボーダーECとも呼ばれることがある。

概要[編集]

越境ECはECサイトと同様、インターネットを使った通信販売を指すが、自国内向け(母国語)のサイトではなく、外国語のサイトを設け、積極的に世界各国の消費者に販売する形態を越境ECと呼ぶ[2]。 そのためECサイトを運営する企業側は、世界各国に直接出店するリスクやコストの軽減につながり、且つ商圏は広くなるため、初期投資額を抑えながら世界進出を狙える。

なお、中国の越境EC市場の拡大に伴い、越境ECという単語が中国向けのECサイトやモール出展を意味することが多くなり、より広義の世界各国へのEC販売にはクロスボーダーECという用語を使い区別することも多い。

展望[編集]

世界の越境EC市場規模は継続して拡大しており、2018年には3070億ドルに拡大すると予測されている[3]2013年の先進国のインターネット利用人口は2005年に比べて1.6倍に過ぎないが、途上国では同じ期間で4.4倍に増えており[4]ECサイトの国際的展開に取り組む企業は増えると予想されている。また、2014 年から2018 年までの間に、日米中3か国相互間の越境EC規模は、日本は約1.4 倍、米国は約1.6 倍、中国は約2.3 倍の規模となり、日米中3か国間における越境EC による購入総額合計は、2018 年までに約4.4 兆円にまで拡大する見込みである[5]

中国越境ECにおいては2017年時点ではNetEaseの子会社であるHQG Ltdが運営するネットイースコアラが約26%とNO.1のシェアを保有し、続いてTmall Global、JD worldwideが追従をしている。

リスク・課題[編集]

販売先の国によっては偽造のクレジットカードが使用されたり、配達業者のミスで商品が破損するリスクがある。また、消費者が関税を支払うことを嫌って実際よりも低い価格を送り状に記入するよう求めてくることもあり、結果的に取引破綻する等、自国内の顧客対応経験だけでは処理しきれないケースもある。

越境ECは輸出の一形態であり、取引に適用される法律は、ほとんどの場合、消費者が住む国のものによるため、販売先の法律を調べる必要がある[6]

脚注・参照元[編集]

  1. ^ 日本経済新聞(2016年4月6日)朝刊第3面「きょうのことば 越境EC 中国で市場急拡大」
  2. ^ P3 越境ECの現状と利点より - 期待される越境ECとそのリスク
  3. ^ 参照 2015年8月25日 - トランスコスモス、韓国向け越境ECサイト「goodsbuy」をオープン
  4. ^ https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1402_01.pdf P3 越境ECの現状と利点より] - 期待される越境ECとそのリスク
  5. ^ P2 日本·米国·中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模より - 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました
  6. ^ P14-15 越境ECのリスク - 期待される越境ECとそのリスク