来た、見た、勝った

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

来た、見た、勝った」(: Veni, vidi, vici, 古典ラテン語:ウェーニー・ウィーディー・ウィーキー)とは、共和政ローマの将軍・政治家のガイウス・ユリウス・カエサルが、紀元前47年ゼラの戦いの勝利を、ローマにいるガイウス・マティウスに知らせた言葉である。

概要[編集]

ローマ内戦において、カエサル率いるローマ軍がナイルの戦いプトレマイオス朝ファラオプトレマイオス13世らを破った後、小アジアに派遣していたグナエウス・ドミティウス・カルウィヌスポントスファルナケス2世に敗北したという報せが届いた。

カエサルは6月にエジプトを発ち、途中シリアキリキアの安定化に努めながらポントスに向かい、8月2日、ポントス西部のゼラでファルナケスと会戦した。戦闘は4時間程でカエサルが指揮するローマ軍の勝利に終わった。この時、ローマにいる腹心の1人ガイウス・マティウスに「来た、見た、勝った」と書いた手紙を送った。

カエサルの文体は、共にラテン文学の双璧とされるキケロとは対照的に、明瞭簡潔を特徴とするが、この「来た、見た、勝った」の三語は、その特徴をよく表すものである。

現代での引用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SEEVERT GALLERY「Honda F-1初優勝」”. HONDA. 2017年5月18日閲覧。
  2. ^ 大阪・日本橋の有名電器店「喜多商店」が閉店”. MSN産経ニュース (2013年8月23日). 2013年8月27日閲覧。