イザベラ・ロッセリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イザベラ・ロッセリーニ
Isabella Rossellini
Isabella Rossellini
イザベラ・ロッセリーニ
本名 Isabella Fiorella Elettra Giovanna Rossellini
生年月日 (1952-06-18) 1952年6月18日(65歳)
出生地 イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優映画プロデューサー作家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 -
配偶者 マーティン・スコセッシ(1979年 – 1982年)
Jonathan Wiedemann(1983年 – 1986年)
著名な家族 父:ロベルト・ロッセリーニ
母:イングリッド・バーグマン
娘: エレットラ
養子:ロベルト
主な作品
ブルーベルベット

イザベラ・ロッセリーニIsabella Rossellini, 本名: Isabella Fiorella Elettra Giovanna Rossellini, 1952年6月18日 - )は、イタリアローマ出身の女優。父親は映画監督ロベルト・ロッセリーニ、母親はスウェーデン出身の女優イングリッド・バーグマン、娘はモデルエレットラ・ロッセリーニ・ヴィーデマン。容貌は母の面影を残す。

来歴[編集]

姉二人と兄、双子の妹がいる。5歳の時に両親が離婚。13歳の時に脊柱側湾症を患い、2年間の闘病生活を送った。女優になる以前はテレビ局に勤めたりしていた。

1976年に母イングリッド主演の『ザ・スター』で一旦映画デビュー。その後、イタリアのテレビのバラエティ番組でロベルト・ベニーニと共演。モデルの仕事も若干行っていた。

母の死後、1985年の『ホワイトナイツ/白夜』で映画女優としてのキャリアを歩み始めた。1986年公開のデヴィッド・リンチ監督作品『ブルーベルベット』に出演した。

私生活ではマーティン・スコセッシと結婚したが、1983年に離婚した[1]。その後1983年から1986年までモデルの男性と再婚[2]。二度目の離婚後は、デヴィッド・リンチ監督と交際していた。その後、『不滅の恋/ベートーヴェン』で共演したゲイリー・オールドマンと婚約したが、後に破棄し破局。

また、アメリカの市民権を取得している[3]

15年あまりの間、フランスの化粧品会社LANCOME/ランコムのイメージモデルとしても有名である。

女優として[編集]

イザベラとデヴィッド・リンチ。

映画『ブルーベルベット』の公開時、評判が非常に悪いことを知ったロッセリーニは、「自分のヘタな演技・役作りで(尊敬する)デイヴィッド・リンチ監督に迷惑をかけてしまった」「自分は出演を引き受けたりせずほかの女優(当初の候補ヘレン・ミレン)に役を譲っておけばよかった」と思い、随分と悩んだという。

「それ以前はモデルの仕事などをしていたが、映画はまだ『ホワイトナイツ』と『ブルーベルベット』の2本しか出ていない状態で、(『ブルーベルベット』で汚れ役を演じてしまったのでもう)モデルもできず、(かといって映画はたった2本で映画女優としてもまだまだで仕事もまわって来ず)何年もの間苦しんだ」と後に本人は語った[4]。結果的には映画は高い評価を受け、賞も受賞した。またリンチ監督は『ブルーベルベット』DVD特典映像のインタビューにおいて、彼女を褒め高く評価している。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1976 ザ・スター
A Matter of Time
シスター・ピア
1985 ホワイトナイツ/白夜
White Nights
Darya Greenwood
1986 ブルーベルベット
Blue Velvet
ドロシー インディペンデント・スピリット賞主演女優賞 受賞
1987 タフガイは踊らない
Tough Guys Don't Dance
マデレーン
黒い瞳
Oci ciornie
La Signora クレジットなし
シエスタ
Siesta
マリー
1988 ゼリーと私
Zelly and Me
マドモワゼル・ゼリー
1989 今ひとたび
Cousins
マリア
1990 ワイルド・アット・ハート
Wild at Heart
ペルディータ
アイボリー・ハンター
Ivory Hunters
マリア・ディコンテ テレビ映画
宮廷円舞曲
Dames galantes
Victoire
1991 ライズ・オブ・ツインズ
Lies of the Twins
レイチェル・マークス テレビ映画
1992 永遠に美しく…
Death Becomes Her
リスル
1993 愛の果てに
The Innocent
マリア
フィアレス
Fearless
ローラ・クライン
1994 ワイアット・アープ
Wyatt Earp
ケイト
不滅の恋/ベートーヴェン
Immortal Beloved
アンナ・マリー・エアデーディ伯爵夫人
1996 シェフとギャルソン、リストランテの夜
Big Night
ガブリエラ
フューネラル
The Funeral
クララ
判決/クライム・オブ・ザ・センチュリー
Crime of the Century
アンナ テレビ映画
1998 インポスターズ
The Impostors
元ヨーロッパ女王
2000 ドン・キホーテ ~ラ・マンチャの男~
Don Quixote
女公爵 テレビ映画
ふたりのトスカーナ
Il Ciero Cade
カッチェン・アインシュタイン
2002 ドラッグ・ディーラー 仁義なき賭け
Empire
2008 トゥー・ラバーズ
Two Lovers
ルース
エイリアンノイド
Infected
カーラ テレビ映画
New York 結婚狂騒曲
The Accidental Husband
グレタ・ボレンベッカー
2011 最高の人生をあなたと
Late Bloomers
メアリー
チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜
Poulet aux prunes
パルヴィーン
2013 複製された男
Enemy
キャロライン
2015 ジョイ
Joy
トルーディ

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1997 シカゴホープ
Chicago Hope
Prof. Marina Giannini 2エピソード
2002 キング・オブ・キングス
Napoléon
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ ミニシリーズ
2004-2005 エイリアス
Alias
カチャ・デレフコ 5エピソード
2007 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
ビアンカ 2エピソード
2013 THE BLACKLIST/ブラックリスト
The Blacklist
フロリアナ・カンポ 1エピソード

脚注[編集]

  1. ^ [url="http://movies.yahoo.com/person/isabella-rossellini/biography.html"]
  2. ^ Paton, Maureen (2009年10月17日). “'I don't live through my family': Isabella Rossellini's daughter Elettra Wiedemann eclipses her Hollywood heritage”. Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-1220635/Elettra-Wiedemann-eclipses-Hollywood-heritage.html 
  3. ^ Isabella Rossellini (2001-11-06). “In Defense of Fallaci”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A05E4D61539F935A35752C1A9679C8B63&sec=&spon=&partner=permalink&exprod=permalink 2007年2月9日閲覧。. 
  4. ^ 『ブルーベルベット』DVD特典映像の本人の回想インタビュー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]