ファウストゥス博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『ファウストゥス博士』初版

ファウストゥス博士』(ファウストゥスはかせ、Doktor Faustus)は、トーマス・マンの小説。『ファウスト博士』とも訳される。1947年刊。架空の近代音楽作曲家アドリアン・レーヴァーキューン(Adrian Leverkühn)の運命をファウスト伝説を下敷きにして描いた長編で、マン晩年の作品。「一友人によって語られるドイツの作曲家アドリアン・レーヴァーキューンの生涯」の副題が示すとおり、古典語学者ゼレヌス・ツァイトブローム(Serenus Zeitblom)が年下の友人であるレーヴァーキューンの生涯を語り起すという設定で書かれている。もともとはマンが若い頃(1901年)に短編の素材として着想したもので、1943年になってふと思い出し長編に仕立てたものであった。

マンが本作執筆に着手した1943年5月23日は作中でツァイトブロームが物語を書き記し始めた日付と同じであり、ドイツが崩壊をたどる大戦末期の時間進行がツァイトブロームの語りに重ねあわされている。創作に必要な霊感を得るために意図的に梅毒にかかり(悪魔に魂を売り)破滅に向かうレーヴァーキューン(ニーチェシェーンベルクをモデルにしたものと見られる)は滅びゆくドイツを象徴する人物であり、物語全体はドイツへの批判であるとともにマン自身の自己批判とも捉えられる。ただし、「『ファウストゥス博士』の成立」(第8章)には、レオンハルト・フランクからの問いかけに対し、主人公には特定のモデルはいないとマンが答え、更に、ハノー・ブッデンブロークを除いて、これほど愛したキャラクターは他にいないと述べたと記されている。

日本語訳[編集]

  • 『ファウスト博士』(上中下)、関泰祐関楠生訳、岩波書店 1952年-1954年/岩波文庫、1974年(下巻に解説)
  • 『トーマス・マン全集 6 ファウストゥス博士』円子修平訳 新潮社 1971年(※理由は不明だが、訳が省略されている箇所がいくつもある)
    • 別版『新潮世界文学35 トーマス・マン』新潮社 1971年

参考文献[編集]

  • 村田経和『トーマス・マン 人と思想』清水書院、1991年、150-152頁