ブラヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラヴォー、または、ブラボー: bravoイタリア語発音: [ˈbravo])は、観客・聴衆などが賞賛の意を込めて発する感嘆詞である。日本語では日常生活の中で使用される機会はまれで、おもに文化的な場所や機会、特にクラシック音楽の演奏会やオペラ上演の際に用いられる。

語義とその変化[編集]

イタリア語における "bravo" は、古典ギリシア語由来のラテン語 “barbarus" (野蛮な)とラテン語 “pravus” (悪い・ゆがんだ)の混交を語源とし、もとは「野蛮な」「狂暴な」といった意味の形容詞である。フランス語の “brave”([名詞後置]勇敢な・[名詞前置]善良な)と同源であるが、このフランス語の影響を受けて16世紀以降「勇敢な」「有能な」といった意味に変化し、次第に「良い」、「素晴らしい」、「偉大な」、「優秀な」、「賢い」といった英語の “good” に相当する幅広い語義を持つようになった[1]

転じて、「よくやった」、「素晴らしい」といった意味の感嘆詞ともなり、特に劇場などで聴衆が演者にかける喝采として用いられる。この語法がフランス語に輸入され、更に英語(18世紀半ば頃)[2]、日本語[3]などに広がっていった。

フランス語では「喝采」、「歓呼」などの意の名詞としても定着している。

語形変化[編集]

イタリア語における -o で終わる形容詞の性数変化は以下のようになる。

人称 単数 複数
男性形 Bravo! Bravi!Bravi!
女性形 Brava! Brave!

男女混合の複数が対象の場合には、男性形複数を使用する原則が適用され、“bravi” となる。“brave” が使用されるのは相手が女性のみの複数の場合に限られるため、使用頻度は一番低い。

フランス語・ドイツ語・英語・日本語など外来語として用いる言語では、一般にはどのような場合でも "Bravo" のままの形で使用されるが、特にクラシック音楽などの場においては声をかける対象によってイタリア語の性数による語形変化を厳密に使い分けることもある。日本においては"bravo" をイタリア語の語形変化に従わず使用することに対して、一部では批判的な傾向もある。しかし実際には、ドイツ語圏・英語圏・フランス語圏などの歌劇場やコンサートでは女性に対してもブラヴォーとかかることが多く、それは各種の映像や音声記録などでも認められる。

ブラヴォーのマナー[編集]

クラシック音楽の演奏会やオペラの上演において、その内容に対して賞賛や侮蔑の意を表することは聴衆の自由だが、ポピュラー音楽にくらべてマナーを重んじるといわれている。例えば、拍手は指揮者が手を下ろしてからが一般的で、「ブラヴォー」もこれに準じる。欧米ではこの原則が守られる傾向にあるが、日本では指揮者が手を下ろす前でも余韻が消えてから拍手が始まることも多い。余韻が消える前、または拍手に先立って叫ばれる「ブラヴォー」は俗に「フライングブラヴォー」と呼ばれ、自重されるべき行為である。

また、曲によってはいかに素晴らしい演奏でも「ブラヴォー」を避けるのが望ましいと考えられている場合もある。例えば『レクイエム』は本来死者を悼むためのミサ曲であるため、曲の性格上「ブラヴォー」の声をかけることは自重される傾向にある[4]。またワーグナーのオペラなどには、作曲家の意図を表現するために一幕すべてを途切れることなく上演することが一般的な作品もある。こうした作品の公演では主催者側が途中で拍手や「ブラヴォー」を入れてはいけないことを観客にあらかじめ知らせることもあるほどで、これが徹底されないと演奏後に主催者側に苦情が寄せられることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 「bravo」『伊和中辞典』第2版、小学館、1999年
  2. ^ “bravo” New Oxford American Dictionary, 2nd Ed (Oxford University Press, 2005). なお、英語の “bravo” にはイタリア語の元の “bravo” に由来する「刺客」という名詞もある(16世紀末以降)。
  3. ^ 日本国語大辞典』第2版の採録する用例では、坪内逍遥『内地雑居未来之夢』(1886年)の「Bravo (ブラボウ)(感服)」が最も早い。
  4. ^ コンサートマナーのお願い(第25回倉吉アザレアのまち音楽祭)[リンク切れ]

参考文献[編集]

  • 『伊和中辞典』(小学館)
  • 『プチ・ロワイヤル仏和辞典』(旺文社)
  • 國士潤一『これがオペラだ 上手な楽しみ方とその知識』(音楽之友社)
  • 加藤 浩子・守山 実花共著『オペラを聴くコツ バレエを観るツボ』(学習研究社)
  • 山田治生『一冊でわかるオペラガイド126選―聴いて、観て、楽しむ魅惑の舞台』(成美堂出版)

関連項目[編集]