土田英三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土田 英三郎(つちだ えいさぶろう、1952年8月14日 - )は、日本音楽学者東京藝術大学教授。専門は音楽理論・西洋音楽史、とりわけドイツオーストリア音楽史

来歴・人物[編集]

ワーグナー協会評議員。R.シュトラウス協会理事。 父、土田國保警視総監防衛大学校校長。長兄、土田龍太郎インド文学研究者・東大名誉教授。次兄、土田健次郎儒教研究者・早稲田大学教授。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『ブルックナー』新潮文庫・カラー版作曲家の生涯、1988

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • スタンリー・セイディ編『新グローヴオペラ事典』中矢一義と日本語版監修 白水社 2006
  • ルイス・ロックウッド『ベートーヴェン 音楽と生涯』藤本一子共監訳 沼口隆, 堀朋平訳 春秋社 2010

関連項目[編集]