キングス・オブ・レオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングス・オブ・レオン
Kings of leon.JPG
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州 ナッシュビル
ジャンル サザン・ロック
ガレージロック・リバイバル
オルタナティヴ・ロック
活動期間 2000年 -
レーベル ソニーBMGRCA
公式サイト www.kingsofleon.com
メンバー カレブ・フォロウィル
マシュー・フォロウィル
ジャレッド・フォロウィル
ネイサン・フォロウィル
メキシコシティにて (2009年)

キングス・オブ・レオン: Kings of Leon)は、アメリカテネシー州ナッシュビル出身のロックバンド

来歴[編集]

ネイサンとカレブ、ジャレッドの3兄弟と従兄のマシューで構成。厳格な宣教師の父を持ち、旅の中で育つ。バンド名の由来は、3兄弟の父と祖父の名前(レオン)から[1]

サザン・ロックガレージロックハードロックカントリーブルースなどの音楽から影響を受けている。古典的ルーツ・ロックの影響を色濃く残した、いぶし銀のロックンロールを泥臭くパワフルに鳴らす。サザンストロークス(南部のストロークス)とも形容される[2][3]

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年グラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年サマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランポール・ウェラーノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている[4][5][6][7]

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。[8]

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす[9]

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[10]
AUS
[11]
AUT
[12]
BEL
[13]
CAN
[14]
GER
[15]
IRL
[16]
NLD
[17]
NZ
[18]
UK
[19]
2003 Youth and Young Manhood 113 46 52 18 43 3
2004 Aha Shake Heartbreak
  • 発売日: 2004年11月9日[24]
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 18.2万枚[25]
55 25 87 99 39 3 79 29 3
  • AUS: 2× プラチナ[26]
  • IRL: 2× プラチナ[27]
  • UK: 2× プラチナ[23]
2007 Because of the Times
  • 発売日: 2007年4月3日[28]
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 18万枚[29]
25 4 35 20 31 32 1 62 1 1
  • AUS: 2× プラチナ[22]
  • BEL: ゴールド[30]
  • GER: ゴールド[31]
  • IRL: 3× プラチナ[27]
  • NZ: プラチナ[32]
  • UK: 2× プラチナ[23]
2008 Only by the Night
  • 発売日: 2008年9月23日[33]
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 250万枚[34]
4 1 6 1 2 16 1 3 1 1
  • US: 2× プラチナ[35]
  • AUS: 9× プラチナ[36]
  • AUT: プラチナ[37]
  • BEL: 2× プラチナ[38]
  • CAN: 4× プラチナ[39]
  • GER: 2× プラチナ[31]
  • IRL: 5× プラチナ[40]
  • NZ: 5× プラチナ[41]
  • UK: 9× プラチナ[23]
2010 Come Around Sundown
  • 発売日: 2010年10月19日[42]
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 77.6万枚[34]
2 1 1 1 1 1 1 2 1 1
  • US: ゴールド[35]
  • AUS: 2× プラチナ[43]
  • AUT: ゴールド[37]
  • BEL: ゴールド[38]
  • CAN: プラチナ[39]
  • GER: プラチナ[31]
  • IRL: 3× プラチナ[44]
  • NZ: プラチナ[41]
  • UK: 3× プラチナ[23]
2013 Mechanical Bull
  • 発売日: 2013年9月24日[45]
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 34.7万枚[34]
2 1 2 4 2 2 1 2 1 1
  • AUS: ゴールド[46]
  • AUT: ゴールド[37]
  • CAN: ゴールド[39]
  • IRL: ゴールド[47]
  • UK: プラチナ[23]
2016 Walls
  • 発売日: 2016年10月14日
  • レーベル: RCA
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 6.8万枚[48]
1 3 1 2 1 2 1 2 1 1
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル・EP[編集]

  • ホーリー・ローラー・ノヴォケイン / Holy Roller Novocaine EP (2003年) UK53位
  • ホワット・アイ・ソウ / What I Saw EP (2003年) UK22位
  • モリーズ・チャンバーズ / Molly's Chambers (2003年) UK23位
  • ウェイステッド・タイム / Wasted Time (2003年) UK51位
  • カリフォルニア・ウェイティング / California Waiting (2004年) UK61位
  • ザ・バケット / The Bucket (2004年) UK16位
  • フォー・キックス / Four Kicks (2005年) UK24位
  • キングス・オブ・ザ・ロデオ / King of the Rodeo (2005年) UK41位
  • オン・コール / On Call (2007年) UK18位
  • ファンズ / Fans (2007年) UK13位
  • チャーマー / Charmer (2007年) UK85位
  • セックス・オン・ファイア / Sex on Fire (2008年) UK1位
  • ユーズ・サムバディ / Use Somebody (2008年) UK2位
  • マンハッタン / Manhattan (2008年) UK149位
  • レベルリー / Revelry (2009年) UK29位
  • ノーション / Notion (2009年) UK107位
  • クロール / Crawl (2009年) UK125位
  • レディオアクティブ /Radioactive (2010年) UK7位
  • パイロ / Pyro (2010年) UK69位
  • ジ・イモータルス / The Immortals (2010年)
  • バック・ダウン・サウス / Back Down South (2010年) UK182位
  • スーパーソーカー / Supersoaker (2013年) UK32位
  • ウェイト・フォー・ミー / Wait for Me (2013年) UK31位
  • テンプル / Temple (2013年) UK153位
  • ビューティフル・ウォー / Beautiful War (2013年) UK98位
  • ドント・マター / Don't Matter (2014年) UK174位
  • ファミリー・ツリー / Family Tree (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ Leahey, Andrew. "Kings of Leon". Allmusic(英語)
  2. ^ ジャパン・ツアー終えたキングス・オブ・レオンからビデオメッセージ BARKS
  3. ^ KINGS OF LEON VIBE-NET.COM インタビュー
  4. ^ キングス・オブ・レオン、神へ感謝 BARKS
  5. ^ ポール・ウェラー、ティーンエイジャーから影響 BARKS
  6. ^ ノエル「UKのミュージック・シーンは最高」 BARKS
  7. ^ Kings Of Leon ロンドン公演にノエル、キラーズら豪華メンバー来場! VIBE-NET.COM ニュース
  8. ^ Kings of Leon Announce Fall Tour, Go Platinum”. ビルボード (2009年7月22日). 2009年7月26日閲覧。
  9. ^ 第52回グラミー賞発表!(ロック編)”. HMV ONLINE. 2012年10月19日閲覧。
  10. ^ Kings of Leon – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年9月10日閲覧。
  11. ^ Discography Kings of Leon”. australian-charts.com. Hung Medien. 2012年9月10日閲覧。
  12. ^ Discographie Kings of Leon” (German). austriancharts.at. Hung Medien. 2015年2月12日閲覧。
  13. ^ Discografie Kings of Leon” (Dutch). ultratop.be. Hung Medien. 2012年9月10日閲覧。
  14. ^ Peak chart positions for albums in Canada:
  15. ^ Chartverfolgung / Kings of Leon / Longplay” (German). musicline.de. Media Control Charts. 2009年2月15日閲覧。
  16. ^ Discography Kings of Leon”. irish-charts.com. Hung Medien. 2012年9月10日閲覧。
  17. ^ Discografie Kings of Leon” (Dutch). dutchcharts.nl. Hung Medien. 2012年9月10日閲覧。
  18. ^ Discography Kings of Leon”. charts.org.nz. Hung Medien. 2012年9月10日閲覧。
  19. ^ Kings of Leon (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2012年9月10日閲覧。
  20. ^ Wilson, MacKenzie. “Youth & Young Manhood – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  21. ^ “Kings Of Leon 'Shake' Up New Album”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/articles/news/66661/kings-of-leon-shake-up-new-album 2012年9月10日閲覧。 
  22. ^ a b ARIA Charts – Accreditations – 2009 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2009年3月15日閲覧。
  23. ^ a b c d e f Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "Kings of Leon")”. British Phonographic Industry. 2013年9月4日閲覧。
  24. ^ Monger, James Christopher. “A-Ha Shake Heartbreak – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  25. ^ Cohen, Jonathan (2007年1月30日). “'Times' Are A-Changin' On New Kings Of Leon CD”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/articles/news/1055546/times-are-a-changin-on-new-kings-of-leon-cd 2012年9月10日閲覧。 
  26. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2008 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2009年2月3日閲覧。
  27. ^ a b "Irish certifications". Irish Recorded Music Association. February 3, 2009閲覧. 
  28. ^ Collar, Matt. “Because of the Times – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  29. ^ Cohen, Jonathan (2008年6月23日). “Kings Of Leon Set Date For Fourth Album”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/articles/news/1045001/kings-of-leon-set-date-for-fourth-album 2012年9月10日閲覧。 
  30. ^ "Ultratop − Goud en Platina – 2009". Ultratop & Hung Medien / hitparade.ch. September 10, 2012閲覧. 
  31. ^ a b c Gold–/Platin-Datenbank (Kings of Leon)” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2012年9月10日閲覧。
  32. ^ Top 50 Albums Chart – Chart #1634 – Issue Date: 15 September 2008”. Recorded Music NZ. 2012年9月10日閲覧。
  33. ^ Leahey, Andrew. “Only by the Night – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  34. ^ a b c Ringen, Jonathan (2016年8月25日). “Kings of Leon on Renewing Their Family Ties, Survival Tips From Eddie Vedder & New Album 'Walls'”. Billboard. Prometheus Global Media. 2016年8月26日閲覧。
  35. ^ a b American certifications – Kings of Leon”. Recording Industry Association of America. 2012年9月10日閲覧。
  36. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2010 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2010年3月11日閲覧。
  37. ^ a b c Gold & Platin” (German). International Federation of the Phonographic Industry. 2015年2月12日閲覧。
  38. ^ a b "Ultratop − Goud en Platina – 2010". Ultratop & Hung Medien / hitparade.ch. September 10, 2012閲覧. 
  39. ^ a b c "Canadian certifications – Kings of Leon". Music Canada. September 10, 2012閲覧. 
  40. ^ "Irish certifications". Irish Recorded Music Association. May 25, 2009閲覧. 
  41. ^ a b Latest Gold / Platinum Albums”. RadioScope. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。
  42. ^ Leahey, Andrew. “Come Around Sundown – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  43. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2011 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2012年9月10日閲覧。
  44. ^ "Irish certifications". Irish Recorded Music Association. September 10, 2012閲覧. 
  45. ^ Collar, Matt. “Mechanical Bull – Kings of Leon”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年10月5日閲覧。
  46. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2013 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2014年2月5日閲覧。
  47. ^ "Irish certifications". Irish Recorded Music Association. February 5, 2014閲覧. 
  48. ^ Caulfield, Keith (2016年10月23日). “Kings of Leon Score Their First No. 1 Album on the Billboard 200 Chart”. Billboard. 2016年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]