富士フェニックス短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士フェニックス短期大学
大学設置 1992年
創立 1926年
学校種別 私立
設置者 学校法人加藤学園
本部所在地 静岡県御殿場市水土野81-1
学部 日本語日本文学科
英語英米文学科
テンプレートを表示

富士フェニックス短期大学(ふじフェニックスたんきだいがく、英語: Fuji Phoenix College)は、静岡県御殿場市水土野81-1に本部を置いていた日本私立大学である。1992年に設置された。学生募集は1999年度まで[1][2]2007年4月27日 廃校[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 富士フェニックス短期大学の日本語日本文学科では、学科独自のイベントとして軽井沢をはじめとした文学者ゆかりの地を歩み学ぶ研修旅行が実施されていた[5]

。英語英米文学科では、英米文学を通して英米文化圏の歴史文化・国民性を理解するための教育が重視されていた。また、多方面に英語を理解するために、会話・ヒアリングなどの力を向上するための「オーラルコミュニケーション」科目も重要視されていた[5]

学風および特色[編集]

  • 富士フェニックス短期大学は元々、女子を対象とした短大となっていたが、後に男女共学となっている。

沿革[編集]

  • 1926年 沼津淑徳女学院を創設する。
  • 1992年 富士フェニックス短期大学開学。
    • 日本語日本文学科 :在学者数は女子129[6]
    • 英語英米文学科:在学者数は女子116[6]
  • 1997年 男女共学となっている:当時、男子の在学者数は日本語日本文学科で62人(女子は173人)、英語英米文学科で40人(女子は148人)[7]
  • 1999年 最後の学生募集となった[1][2]
  • 2007年4月27日 廃校[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 静岡県御殿場市水土野81-1

象徴[編集]

  • 富士フェニックス短期大学のカレッジマークは不死鳥をイメージしたものとなっていた。

教育および研究[編集]

学科[編集]

  • 日本語日本文学科
  • 英語英米文学科

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 富士フェニックス短期大学の学園祭は「鳳凰祭」と呼ばれ、1997年度においては、10月25日26日に行われた。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス:JR御殿場線御殿場より富士急行バスの便で「短大前」バス停留所が最寄りとなっていたが[8]、便数は少なかったので自家用自動車での通学が許可されていたものとみられる。
  • 設備:体育館・図書館・LL教室・OA教室などが完備されていた[9]
  • 廃校後も加藤学園御殿場キャンパスとして利用されている。テレビ番組・ドラマのロケ地としても度々使用されている。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

国内の大学では、以下の実績がある[10]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『短大螢雪 5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月発行)には掲載なし。
  2. ^ a b ただ、平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』(275頁)によると、2000年度より学生募集が停止されたのは、日本語日本文学科であり、短期大学自体の募集停止は平成16年度からとなっている。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』275頁より
  4. ^ 開学前は富士ソフィア短期大学という名称だったが、上智大学より抗議があったため、開学後に富士フェニックス短期大学と改称された。ちなみに、開学にいたらなかった富士ソフィア女学院短期大学との繋がりはない。
  5. ^ a b c d e 『'96 全国短期大学案内』(教学社)より。
  6. ^ a b 平成5年度版『全国学校総覧』70頁より
  7. ^ 平成10年度版『全国学校総覧』79頁より
  8. ^ 『'99 全国短期大学案内』(梧桐書院)359頁より。
  9. ^ 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)314頁より
  10. ^ 『短大螢雪 5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。1999年5月発行)の457ページより

関連項目[編集]