YURINO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YURINO
出生名 鈴木 結莉乃[1]
生誕 (1996-02-06) 1996年2月6日(26歳)
出身地 日本の旗 日本宮崎県
活動期間 2009年 -
事務所 LDH JAPAN
(2009年 - 2020年)

YURINO(ユリノ、1996年2月6日 - )は、日本の元ダンサーHappinessE-girlsスダンナユズユリーの元メンバー。

宮崎県出身。身長150cm[2]

略歴[編集]

小学6年からEXPG宮崎校に通う[3]

2008年8月10日、芸能事務所LDHが主催した女優・モデル発掘オーディション「第2回LDH DREAM GIRLS AUDITION 2008 in 九州・北海道[4]」にて準グランプリを受賞[1]

2009年7月24日、Happinessに加入[5]

2011年4月、E-girlsとしても始動[6]

2016年11月9日、スダンナユズユリーとしても始動。同グループのみラップも担当[7]

2020年12月15日、年内をもって所属事務所を退社することを発表。E-girlsの解散を受け決断に至ったという。同月28日の配信ライブが上記3つのグループとして最後の活動となった[8]

事務所退社後[編集]

2021年1月1日、同じグループで活動し同時に退社を発表していた須田アンナと共に、YouTubeチャンネル『アンエンユリ』を開設。同年2月1日には須田と共に、新プロジェクト「episode」を発足した[9]

出演[編集]

広告[編集]

  • カラーコンタクトレンズ「Mirage」(2017年)
  • ellesse HERITAGE(2017年 - )

ミュージックビデオ[編集]

イベント[編集]

  • GirlsAward 2012 AUTUMN/WINTER(2012年)[10]
  • GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER(2018年)[11]

受賞[編集]

  • スニーカーベストドレッサー賞 2020 アーティスト部門[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b EXILEの新しいファミリーが宮崎県から誕生”. ORICON NEWS (2008年8月14日). 2015年1月7日閲覧。
  2. ^ episode official site”. 2021年6月3日閲覧。
  3. ^ ダンスへの情熱は人一倍!「E-girls」のYURINOにインタビュー”. SCawaii (2017年12月29日). 2018年9月7日閲覧。
  4. ^ 【デジタル応募】第2回LDHドリームガールズオーディション2008in九州・北海道”. Deview (2008年). 2020年5月18日閲覧。
  5. ^ 大事な記念日★KAEDE”. Happinessオフィシャルブログ Powered by Ameba (2010年12月25日). 2015年1月7日閲覧。
  6. ^ about E.G.family”. E-girls OFFICIAL WEBSITE (2017年6月5日). 2018年2月3日閲覧。
  7. ^ E-girls発スダンナユズユリー、来春CDデビュー「カッコいいヒップホップ魅せたい」”. ORICON NEWS (2016年11月28日). 2017年9月26日閲覧。
  8. ^ E-girls須田アンナとYURINO年内で退社”. 日刊スポーツ (2020年12月15日). 2020年12月15日閲覧。
  9. ^ 元E-girlsのYURINO&須田アンナ再始動 新プロジェクト『episode』発足、YouTube開設も”. ORICON NEWS (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  10. ^ GirlsAward 2012 A/W Model”. Girls Award 2012 AUTUMN/WINTER. GirlsAward (2012年). 2019年12月21日閲覧。
  11. ^ E-girls須田アンナ&YURINO&武部柚那、“個性派ストリート”コーデで3ショットランウェイ<GirlsAward 2018 A/W>”. モデルプレス (2018年9月16日). 2018年10月9日閲覧。
  12. ^ “E-girls・YURINO、個人で初の賞「大切にしたい」 ファッションへのこだわり語る”. モデルプレス. (2020年2月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1974122 2020年2月20日閲覧。 

外部リンク[編集]