たたら侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たたら侍
監督 錦織良成
脚本 錦織良成
出演者 青柳翔
AKIRA
小林直己
主題歌 EXILE ATSUSHI「天音」
撮影 佐光朗
編集 日下部元孝
配給 LDH PICTURES
公開 日本の旗 2017年5月20日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

たたら侍』(たたらざむらい)は、2017年5月20日公開の日本映画である。EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務める。

内容[編集]

時は戦国時代。

この乱世にあって、製鉄技術の一つである「たたら吹き」に依り生産される玉鋼(たまはがね)は、槍・日本刀等の刃の武器の良質な材料と成り得、それを使用して製造された武器は、武運を呼ぶ物として、時の大名や武将などから、戦闘に置いての実質的な価値以上に珍重されていた。

たたら吹き」の伝統を受け継ぐ技術者の伍介の村へ、当時の最新兵器である鉄砲の材料である鉄を求める織田軍が迫る。

伍介は自らの村落を防衛する為、に憧れを抱き、許嫁のお國を置いて修行の旅に出る。

キャスト[編集]

伍介
演 - 青柳翔
村下の跡継ぎ。生まれた時から玉鋼をつくることを宿命づけられた男。戦乱の世において上質な鉄を生む技術は諸大名からも狙われ、伍介は村を守るために武芸を磨いていく。ついには侍になるため、村を出ることを決意する。
新平
演 - 小林直己
村長の次男。伍介の幼馴染み。兄の平次郎に武芸を鍛えられる。村に残りながら鍛錬を続け伍介の無事を待つ。
お京
演 - 田畑智子
真之介に仕える密偵。戦局の情報収集だけでなく、時には伍介や新平らに近づき、彼らの進むべき道を示す。
八重
演 - 宮崎美子
伍介の母。十数年前、村が山賊に襲われた際、傷を負う。伍介が村下を継ぎ、お國と婚礼を挙げることを願う。
平次郎
演 - 豊原功補
村長の長男。伍介や新平など、村の若者たちに厳しく稽古をつける。伍介にとっては良き兄のような存在である。
惣兵衛
演 - 笹野高史
近江の国の金物問屋。出雲には錆びない幻の鋼を作る村があるいう噂を聞きつけ、近江の国・長浜から、たたら村を訪ね取引を申し出る。
お國
演 - 石井杏奈
伍介の許嫁。三洲穂の孫。家族思いで気の優しい娘。村を出た伍介の無事を祈り、その帰りを待ち続ける。
弥介
演 - 甲本雅裕
伍介の父。伍介の祖父、喜介から村下を継ぐ。常に険しい表情で、たたら炉をみつめる。伍介にもその技術を伝えようとするが…。
尼子真之介
演 - AKIRA
尼子一族の残党。尼子軍として、たたらの村を守ってきた。村を出ようとする伍介に対し、村下を継ぎ、たたら吹きの技術を守るべきだと考えている。
三洲穂
演 - 奈良岡朋子
村の祈祷師。お國の祖母。村に災いが迫っていることを感じ、伍介の運命を悟っているようでもある。
与平
演 - 津川雅彦
近江の国の商人。伍介が侍になる手助けをするが、その実は村の“玉鋼”を狙っている。
長次郎
演 - 山本圭
村長。平次郎、新平の父。
喜介
演 - 高橋長英
村下。弥介の父、伍介の祖父。
豊衛門
演 - 品川徹
井上辰之進
演 - 早乙女太一
源蔵
演 - でんでん
演 - 氏家恵
熊吉
演 - 橋爪遼
新右衛門
演 - 安部康二郎
佐吉
演 - 菅田俊
仙吉
演 - 音尾琢真
宗義
演 - 中村嘉葎雄
徳川家 家臣
演 - 佐野史郎

スタッフ[編集]

評価[編集]

受賞[編集]

  • 第40回モントリオール世界映画祭 ワールドコンペティション部門 最優秀芸術賞(2016年)[1]
  • ディレクターズ・フォートナイト・コルカタ 映画祭 国際長編映画部門 金の女神賞 (グランプリ)(2016年)[2]

興行収入・動員数ランキング[編集]

10位(2017年5月20日 - 21日)[3]→15位(2017年5月27日 - 28日)[4]→23位(2017年6月3日 - 4日)[5]

出雲たたら村[編集]

本作のオープンセットをテーマパーク化した「たたら映画村」、EXILEがプロデュースする「居酒屋えぐざいる」、島根の物産店や土産屋が並ぶ「ご縁坂」で構成されており、2016年7月15日から10月2日まで営業する。[6]

出演者の不祥事[編集]

映画公開直後の2017年6月2日、本作出演の橋爪遼が、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された。 

橋爪は容疑を認めており[7]、「たたら侍」製作委員会は、最短で2017年6月9日をもって映画館での上映を終了する事に決めた[8]

2017年6月7日、橋爪の出演部分を削除する等の再編集を施し、映画館等での再上映を行なえるよう努力中と発表[9]、同月9日、6月17日より再上映することが発表された[10]。ただ上映館数は281館から24館へと激減している[11]

脚注[編集]

  1. ^ “「たたら侍」がモントリオール世界映画祭の最優秀芸術賞を受賞”. スポーツ報知. (2016年9月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160906-OHT1T50031.html 2016年9月6日閲覧。 
  2. ^ “青柳翔主演「たたら侍」、インドの映画祭でグランプリに!”. 映画.com. (2016年11月20日). http://eiga.com/news/20161120/4 2017年2月2日閲覧。 
  3. ^ 5/20〜5/21の映画興行収入・動員数ランキングTOP25”. ENJOY CINEMA (2017年5月22日). 2017年6月16日閲覧。
  4. ^ 5/27〜5/28の映画興行収入・動員数ランキングTOP25”. ENJOY CINEMA (2017年5月29日). 2017年6月16日閲覧。
  5. ^ 6/3〜6/4の映画興行収入・動員数ランキングTOP25”. ENJOY CINEMA (2017年6月5日). 2017年6月16日閲覧。
  6. ^ “EXILE×島根県、青柳翔主演作のセットや居酒屋えぐざいるが集うパークがオープン”. 映画ナタリー. (2016年7月11日). http://natalie.mu/eiga/news/194040 2016年7月11日閲覧。 
  7. ^ 橋爪遼容疑者、覚醒剤使用も認める…逮捕の余波で出演映画打ち切りへ 産経新聞2017年6月6日
  8. ^ “映画「たたら侍」打ち切りへ 出演の橋爪遼容疑者逮捕で”. 毎日新聞. (2017年6月6日). https://mainichi.jp/articles/20170606/k00/00m/040/127000c 2017年6月6日閲覧。 
  9. ^ 映画「たたら侍」に関しまして”. 「たたら侍」製作委員会 (2017年6月7日). 2017年6月16日閲覧。
  10. ^ 映画「たたら侍」上映再開につきまして”. 「たたら侍」製作委員会 (2017年6月9日). 2017年6月16日閲覧。
  11. ^ “俳優逮捕で「たたら侍」上映館激減、落胆の島根”. 読売新聞. (2017年6月16日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170616-OYT1T50098.html 2017年6月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]