奉祝曲 組曲「太陽の国」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奉祝曲 組曲「太陽の国」
東京都交響楽団EXILE楽曲
リリース 2010年5月19日
ジャンル J-POP
時間 13分15秒
レーベル エイベックス・マーケティング
作詞者 秋元康
作曲者 岩代太郎
チャート順位

  • 記録なし

奉祝曲 組曲「太陽の国」』(ほうしゅくきょく くみきょく「たいようのくに」)とは、2009年平成21年)11月12日皇居前広場にて執り行なわれた「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」で披露された奉祝曲である。

概要[編集]

作詞:秋元康、作曲:岩代太郎、演奏:東京都交響楽団、歌唱:EXILEで、全三部から成る組曲である。EXILEは、前回の「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」でのYOSHIKIに引き続き、若者にも人気のアーティストをとの理由から起用となった[1]

当初は2009年平成21年)11月12日の公演限りの予定であったが、CD化の声が多数寄せられ[2]2010年(平成22年)5月19日に発売されることとなった。なお、このCDの収益は第125代天皇明仁に倣って、若手研究者の支援として日本学術振興会人間文化研究機構自然科学研究機構寄付される[3]

このCDは、音楽ランキング(オリコンチャート)には反映されない[4]。また、TSUTAYAなどのレンタル店でのレンタルは禁止されている[5]

曲目[編集]

組曲「太陽の国」
#タイトル作詞作曲時間
1.「第一部「太陽の種」」(オーケストラ) 岩代太郎
2.「第二部「太陽の芽」」(ダンス) 岩代太郎
3.「第三部「太陽の花」」(歌)秋元康岩代太郎

関連書籍[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]