トラック野郎・一番星北へ帰る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トラック野郎・一番星北へ帰る
監督 鈴木則文
脚本 鈴木則文
中島信昭
掛札昌裕
出演者 菅原文太
愛川欽也
春川ますみ
せんだみつお
大谷直子
黒沢年男
田中邦衛
舟倉たまき
新沼謙治
谷村昌彦
嵐寛寿郎
音楽 木下忠司
撮影 中島徹
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗1978年12月23日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億6000万円
前作 トラック野郎・突撃一番星
次作 トラック野郎・熱風5000キロ
テンプレートを表示

トラック野郎・一番星北へ帰る』(トラックやろう・いちばんぼしきたへかえる)は、1978年12月23日公開の日本映画菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第8弾。

10億6000万円の配給収入を記録、1979年(昭和54年)の邦画配給収入ランキングの第5位となった[1]。マドンナが子連れの未亡人であったり、桃次郎の過去が描かれたり、主題歌や星(一目ぼれの演出)がない、など、かなり特色のある作品である。なお、松下家の子供たちは、本作から総入れ替えとなっている(最終作まで)。

ストーリー[編集]

秋の山道を行く3台のトラック。星桃次郎(菅原文太)の11トン車・一番星と、松下金造(愛川欽也)の4トン車・やもめのジョナサン号、そして桶川玉三郎(せんだみつお)の三番星号である。やがて夜となり、国道4号線に差し掛かる。と、眼前に制服姿の女性が飛び出し、停止を促した。取り締まりか、と思い車を止めた桃次郎。女性は助手席から乗り込んでくる。女性は「4号線のマリー」(三崎奈美)と呼ばれる売春婦だった。婦人警官のコスチュームが、運転手仲間に好評なのだという。桃次郎もその気になり、マリーを乗せたまま発車した。

ジョナサン一家の仲立ちでいわき市常磐ハワイアンセンターで見合いする桃次郎。だが、偶然出会った北見静代(大谷直子)に一目惚れし、見合いをぶち壊してしまう。

夜、仮眠明けの桃次郎は、本物の婦人警官・佐倉潔子(児島美ゆき)を売春婦と間違え、婦女暴行未遂と公務執行妨害で24時間拘留されてしまう。

後日、ドライブイン「みちのく」では、桃次郎の出所祝いが行われていた。明るいムードの中、一人暗い顔をする真室川こと石川孫六(谷村昌彦)。人身事故の後処理が終わらないのだ。サラ金に残金を借りるため、ジョナサンに保証人を頼みこむ。ジョナサンは二つ返事で応じるのだった。

やがて真室川が失踪。200万円以上の借金がジョナサンに圧し掛かる。そして真室川の娘・石川鮎子(舟倉たまき)には、サラ金会社から売春の斡旋が。馬場作太郎(新沼謙治)が、山中で自殺しようとしていた真室川を発見、「みちのく」へ連れてくる。真室川親子の苦境を見かね、桃次郎が金を差し出す。それを契機にカンパする一同。だが、65万円余りしかない。残りは150万円。そこで馬場作が、「明日の輓馬競技大会で優勝すると、200万円で馬が売れる」、と申し出る。

翌日。馬場作と桃次郎の引く馬は、最初は出遅れたものの、「肛門に棒をねじ込む」という桃次郎の奥の手で逆転優勝。一同は喜び、花巻温泉で祝賀会を開いた。真室川はトラック野郎に戻り、馬場作と鮎子は、ジョナサンの仲立ちで婚約が成立する。

桃次郎は、馬場忠太郎(桑山正一)の農園からリンゴを運ぶために岩手県を訪れ、そこで働く静代と再会。だが、その息子・誠(加瀬悦孝)の模型飛行機を誤って壊してしまい、誠の機嫌を損ねることに。大型トレーラー・Big99に乗る九十九譲次(黒沢年男)は静代と旧知な上に、誠とも懇意。

譲次は「荷荒らし」としてトラック野郎たちから反感を買っていた。荷と静代を賭け、港で桃次郎との喧嘩が始まる。激闘は続いたが、譲治が折れることで決着した。

桃次郎はデパートで買った玩具で誠の気を引こうとするが、落とし穴に落とされ、オメガの腕時計も壊れてしまった。「あの模型飛行機は、一年前に父親が誕生日にプレゼントにした手作りの物であり、翌日に岩手山で父親は遭難した」、と聞かされ、徹夜で「みちのく」で手作り飛行機に挑戦する桃次郎。だが、完成した飛行機は、北見母子の前では飛ばなかった。

落胆した桃次郎は、「みちのく」で酒を煽る。そこへ年末警戒で訪れる赤沢重吉(田中邦衛)警部。「2代目花巻の鬼台貫」と異名を取り、運転手仲間から恐れられる存在である。桃次郎とは婦警の件以前からの因縁があった。「もう岩手県にはこない」という桃次郎。

桃次郎はリンゴの定期便をジョナサンに譲り、挨拶のために馬場忠太郎の元を訪れる。と、見上げた空に飛ぶ模型飛行機。それを追ってきた誠は笑顔だった。自分で尾翼を直した、という。仲良く模型飛行機を飛ばし、後を追いかける二人。それに静代が加わる。

一番星号で福島の北見家(亡夫の実家)を訪れる静代。北見家は、代々赤べこを製作・販売していた。当主の北見誠之助(今福将雄)は、息子が死んだことで後継者を断念、店もたたむという。静代に再婚を勧める誠之助。

帰路、ダムの見える丘に登る桃次郎と静代、誠。学生時代にハイキングに来たことがある、と楽しそうな静代に、「故郷はこのダムの底」と語る桃次郎。小学校6年の時に工事が始まり、一家は下北へ移転。だが、漁師となった父親は、一年も経たない内に遭難。以後は母親が一人で桃次郎と妹を育てたのだった。それを聞いて顔を強張らせる静代。

正月。桃次郎は岩手の北見家を訪れる。だが家は無人で、置手紙が残されていた。「自分も、桃次郎さんの母親のように、一人で父親の役も背負う」と、福島の北見家へ行き、誠に跡を継がせる決心が書かれていた。そして、誠の壊した代わりに、新品のオメガの腕時計も。

「みちのく」で落ち込む桃次郎の前に、花巻病院の水谷(沢竜二)が飛び込んでくる。15時までに大野村に人工腎臓の透析装置を届けて欲しい、という。しかし、大野村までは200km以上ある。とても2時間では運べない。新年特別警戒に怖気づく運転手一同。それを桃次郎は買って出る。オメガの時計をハンドルにかけ、愛車を発進させた。

一番星号の暴走を知り、赤沢警部が追跡を開始。途中、積荷が警部の妻・赤沢久枝(村松美枝子)のための物だ、と判る。だが、桃次郎も赤沢も引かない。県警本部からは、「花巻病院から一番星号を先導するよう要請があった」と指示があったものの、それを無視して追いかける赤沢。パトカーが走行不能になると、特殊車両に乗り換えてまで追いすがる。ジョナサンやBig99、その他のトラックの援護もあり、一番星号は15時前に大野村に到着。久枝はことなきを得た。

ボロボロのパトカーで追いついた赤沢は手錠をかけようとする。それを殴り飛ばす桃次郎。しかし、立ち上がった赤沢に対し、両手を差し出し、大人しく手錠を受ける。それを見て「ありがとう」と述べる赤沢であった。

スタッフ[編集]

出演[編集]

備考[編集]

企画
社内に蔓延するマンネリ感を止めるため、鈴木は思い切って沖縄を舞台にして『波頭を越える一番星』というタイトルで、米軍基地の問題や戦争混血児など、沖縄の悲しみを含んだ構成を作り会社に提出したが、岡田茂東映社長が「南はあかん。阿久悠もいうとった。歌の世界でも南はせいぜいヒットするのは長崎だけや。映画も一緒。北へ行け。沖縄はやめとけ」という指令によって東北地方が舞台に変更された[6][7]。「早くタイトルだけでも作ってくれ」と天尾完次プロデューサーの催促の電話にカチンときた鈴木に『一番星北へ帰る』というタイトルがとっさに浮かんだ[6]
準備稿
『トラック野郎 雪の下北・はぐれ鳥』というタイトルの準備稿(脚本・澤井信一郎)の存在が確認されている[8]
一部の演出(主題歌、星)について
東映からの要望で本作では使用していない。これに対して鈴木は最後まで反対したが、多方面からのしがらみもあり、「ファンの要望があれば次回作から復活させる」として条件を飲んだ。なお、これは岡田社長の意見ではないとのこと[9]
テレビ放送
2015年4月20日、愛川欽也(同月15日に死去)の追悼企画として、本作がテレビ東京の『午後のロードショー』で放送された。『午後のロードショー』では、菅原文太(前年11月28日に死去)の追悼企画として、12月4日に『トラック野郎・天下御免』を放送して以来であった。

同時上映[編集]

水戸黄門

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、238-239頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ 『トラック野郎 浪漫アルバム』 82頁。
  3. ^ 『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説』 105頁のキャスト一覧では「孫八」だが、106頁の「あらすじ」では「孫六」となっている。
  4. ^ 新沼謙治のセリフでも「孫六」。
  5. ^ 『トラック野郎 浪漫アルバム』 82頁。
  6. ^ a b #新風雲録、78-80頁
  7. ^ #大全集108頁
  8. ^ 文太さん、映画「トラック野郎」幻の台本は「最高傑作」だった - スポーツ報知、2014年12月4日
  9. ^ 大全集、p.108-109