水戸黄門 (1978年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水戸黄門
監督 山内鉄也
脚本 植木昌一郎
(クレジットなし)
製作 (プロデューサー)
西村俊一
郡進剛
森誠一
神先頌尚
杉本直幸
ナレーター 芥川隆行
出演者 東野英治郎
里見浩太朗
大和田伸也
高橋元太郎
中谷一郎
和田浩治
栗原小巻
竹脇無我
三船敏郎
音楽 木下忠司
主題歌 里見浩太朗、大和田伸也
ああ人生に涙あり
撮影 増田敏雄
編集 河合勝巳
制作会社 (製作協力)
東京放送
C.A.L
製作会社 東映京都撮影所
俳優座映画放送
配給 東映
公開 日本の旗1978年12月23日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

水戸黄門』(みとこうもん)は、1978年12月23日に公開された日本映画。配給:東映。カラー、88分。同名のテレビドラマ水戸黄門』(東野英治郎版)の放送開始10年を記念して製作され、主演の東野英治郎はじめテレビドラマ版の主要俳優が出演している。テレビドラマ版同様、水戸光圀らが正体を隠して旅をし、事件を解決する筋立てであり、本作の立ち寄り先は柏崎金沢

東映・俳優座映画放送提携作品。テレビドラマ版の放送局である東京放送(TBS)と、制作会社であるC.A.Lも製作協力に名を連ねている。

封切り時の同時上映作品は『トラック野郎・一番星北へ帰る[1]

物語[編集]

加賀藩の次席家老・村井主水らによる、時期藩主選びに乗じた藩の乗っ取りを阻止するため、城代家老・奥村作左衛門の娘・由美が解決を求め、独断で「水戸黄門」こと水戸光圀のいる水戸に向かった。現藩主・前田綱紀は光圀の甥であった(綱紀の母・清泰院が光圀の姉)。村井は自身に反対する藩士たちを次々捕らえ、城内の牢に幽閉していた。

由美は道中で村井の放った刺客の襲撃に遭い、傷を負ったところを危うく風車の弥七に救われ、光圀の住む西山荘に運び込まれて治療を受ける。回復した由美の頼みを聞き入れた光圀は、村井の計画を鎮めるべく、佐々木助三郎渥美格之進うっかり八兵衛、そして弥七とともに、加賀へ旅立つ。

道中、柏崎に差し掛かった一行は、宿で「水戸光圀一行」をかたる3人の偽者と鉢合わせしたほか、代官・黒部と結託した地元のヤクザ・柏屋一家の悪事を目の当たりにし、これらを解決する。

一行は金沢にたどり着く。その間、反村井派の若い藩士・鶴来源八郎が謀反のかどで捕らわれる。由美は自身の恋仲で、村井に近い藩士・石川隼人を説得し、鶴来の釈放を求める。石川はわざと村井一派のふりをして情報を集め、告発の機会をうかがっていた。石川は、参勤交代から帰国した藩主・綱紀に対し、村井のたくらみを暴露したため、藩士たちにその場で斬られかける。そこへ奉納太鼓の奏者に紛れた光圀一行が正体を表し、三つ葉葵の家紋の入った印籠をかざす。村井らは奥村に成敗され、騒動は解決する。

出演者[編集]

  • 格三(にせ格之進):谷啓
  • 太兵衛(太鼓奏者・由美の協力者):加藤嘉
  • 村井主水(加賀藩次席家老):安部徹



  • 石川隼人(加賀藩士・由美の恋人):竹脇無我
  • 奥村作左衛門(加賀藩城代家老):三船敏郎

スタッフ[編集]

  • 助監督:俵坂昭康
  • 記録:森村幸子
  • 装置:稲田源兵衛
  • 装飾:山田久司
  • 背景:平松敬一郎
  • スチール:中山健司
  • 擬斗:上野隆三
  • 衣裳:豊中健
  • 美粧・結髪:東和美粧
  • 特技:宍戸大全
  • 和楽:中本敏生
  • 演技事務:藤原勝
  • 宣伝担当:佐々木嗣郎、丸国艦
  • 進行主任:長岡功
  • 撮影協力:東映俳優センター、御陣乗太鼓保存会

製作[編集]

企画[編集]

1977年夏、東映社長・岡田茂は「映画は自社だけで作るものにあらず」と発言し[3][4]、積極的に外部資本と提携した映画の製作方針を打ち出した[3][4][5][6][7]

テレビドラマ水戸黄門』は、製作を東映京都撮影所が担当していた[3]。また当時、ドラマのレギュラー出演者の間から『水戸黄門』の舞台版の計画が上がっていて[3]、「それなら舞台に比べて短期間の拘束で済む映画に出来ないか」という話が出た[3]。放送開始以来同番組の一社提供スポンサーであった松下電器としても、企業PR、ユーザー、小売店サービスに映画は有効な手段と見ており[3]、同社が1978年に創立60周年を迎えることから、同社の記念イベントとして東映での映画化が合意に達した[3]。東映にとっても完全な新作より製作費の負担が少なくて済むほか、テレビ番組のタイアップで宣伝効果も大きく、また松下電器の販売網を利用した大量動員も期待できた[3]

監督の山内鉄也は、東映京都撮影所の映画監督であった1967年に、同撮影所のリストラを推進していた当時の所長・岡田茂に無理やりテレビ部に転出させられていたため[8]、本作が約10年ぶりの映画の演出になった。

タイトルバック[編集]

本作のタイトルは、おおむねテレビ版のタイトル演出に沿っているが、細部が異なる。

  • 題字は横書きに並べ替えられ、字の色は白から赤に変わっている(上映当時のポスターも同様のデザインである)。
  • タイトルの背後には、金色に輝く三つ葉葵の御紋が据えられた。
  • キャストクレジットの表示は、光圀一行が旅に出る場面とともに流れる。書き文字のうち、「衛」の字のいくつかが「ヱ」に置き換えられている。

編成・公開[編集]

当初は1978年夏までの公開を予定していたが延期され、翌1979年にかけての年末年始(正月映画)編成に組み込まれて、『トラック野郎』シリーズ第8作『トラック野郎・一番星北へ帰る』との併映になった[1]。東映は『トラック野郎』シリーズが大ヒットを続けていたため、少しでも「一本立ち」=単独シリーズ化の可能性を見出し得るものを探って、同シリーズの併映作に順次編成する方針をとっており、その対象として本作が選ばれた[1]。しかし結果として東野版を含むTBS/C.A.L版『水戸黄門』の映画化はこれが唯一となった。

封切り時点では、テレビドラマ版『水戸黄門』の第9部が放送中であった。

その他[編集]

  • 本作のキャストにはテレビドラマ版『水戸黄門』の番組枠である「ナショナル劇場」など、C.A.Lが関連するテレビドラマにレギュラー出演している俳優が多い。
    • 竹脇無我は、『大岡越前』、『江戸を斬る 梓右近隠密帳』に出演している。
    • 和田浩治は、『雪姫隠密道中記』に出演。のちに『大岡越前』にも出演している。
    • 志保役の山口いづみは、テレビ版『水戸黄門』で助三郎の妻・志乃役として出演しているほか、『大岡越前』でもレギュラー出演した時期がある。
    • 谷幹一は、『江戸を斬るIV』以降や『大岡越前』に出演。
    • 鮎川いづみ(鮎川いずみ)は、『江戸を斬る 梓右近隠密帳』やのちに『江戸を斬るVII』などにレギュラー出演している。

評価[編集]

併映作品と合わせた配給収入は10億5000万円[9]

テレビ放映[編集]

  • 1981年1月1日19時00分 - 20時55分、TBS系列で放送された[10]
  • 2014年、NHK BSプレミアムで放送された。
  • 2017年10月8日、CS放送の時代劇専門チャンネルで放送された(同チャンネル初放送)。、
  • 2020年9月3日、テレビ大阪の「ドラマコレクション」において、特別編として放送。
  • 2021年1月1日18時45分 - 20時25分、とちぎテレビ年末年始企画「とちテレ年末年始時代劇」のうちの1作として放送された[11]
  • 2021年4月29日19時00分 - 20時54分、BS日テレ「木曜は!特選時代劇」枠内で放送された。

ネット配信[編集]

  • YouTube「東映時代劇YouTube」登録者15万人を記念して、2022年4月10日から同年同月17日まで期間限定無料配信が行われた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 木崎徹郎「興行価値 『日本映画 恒例の夏番組』」『キネマ旬報』1979年8月上旬号、キネマ旬報社、 166 - 167頁。
  2. ^ 本編では、光圀は綱紀のことを「綱利殿」と元服当初の名で呼んでいる。
  3. ^ a b c d e f g h “〈娯楽〉 テレビの人気シリーズ 水戸黄門映画化へ 東映と松下電器提携で 出演者ら同じ顔ぶれ 宣伝効果など共に大きな利点が”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7. (1977年10月4日) 
  4. ^ a b 高橋英一・島畑圭作・土橋寿男・西沢正史・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル 低迷を続ける東映の今後」『キネマ旬報』1977年8月下旬号、キネマ旬報社、 190 - 191頁。
  5. ^ “〈邦画界〉 一本立てへ急傾斜 好調な配収に自信もつ”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1977年11月9日) 
  6. ^ 高橋英一・西沢正史・脇田巧彦・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 多様化する東映の製作システム」『キネマ旬報』1977年10月上旬号、キネマ旬報社、 206 - 207頁。山田宏一山根貞男「関根忠郎 噫(ああ)、映画惹句術 第四十八回」『キネマ旬報』1983年12月下旬号、キネマ旬報社、 129頁。
  7. ^ 文化通信社編 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、87 - 125頁。ISBN 978-4-636-88519-4 岡田茂 『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、157 - 164頁。ISBN 4-87932-016-1 
  8. ^ 「『スペシャル対談】加藤哲夫vs.山内鉄也+中田雅喜」『ぼくらが大好きだった 特撮ヒーローBESTマガジン vol.6』2005年12月9日号、講談社、 12 - 14頁、 ISBN 4-06-370006-2
  9. ^ 杉作J太郎・植地毅「トラックと並走した映画たち 文・伴ジャクソン」 『トラック野郎 浪漫アルバム』徳間書店、2014年、160-161頁。ISBN 978-4198637927 
  10. ^ 読売新聞 縮刷版読売新聞社、1981年1月1日付のラジオ・テレビ欄 
  11. ^ とちテレ年末年始時代劇”. とちぎテレビ. 2020年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]