うっかり八兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うっかり八兵衛(うっかりはちべえ)は、TBS系列時代劇水戸黄門』の登場人物。配役は高橋元太郎

1970年放送の第2部から2000年放送の第28部まで30年間にわたりほとんど休まずに出演。休んだのは、第2部の第19話、第21話~第23話、第28話~第33話、第25部の第15話のみである。この間に配役交替を経ること無く一貫して高橋元太郎が演じ、長年にわたるはまり役となった。

設定[編集]

水戸光圀一行の諸国漫遊の旅のお供をするドジな町人。光圀の密偵・風車の弥七の子分を自称し、旅に出ない時は光圀の住む西山荘使用人を務めている。町人なので名字はなく、口癖の「こいつはうっかりだ」から「うっかり八兵衛」と呼ばれている。光圀、助三郎、格之進、弥七からは「ハチ」や「八兵衛」、お銀と飛猿、お新からは「八っつぁん」とそれぞれ呼ばれる。まれにお銀は「八兵衛さん」と呼ぶこともある。

「花より団子」ののんきな食い道楽であり、日本全国の名物のグルメに詳しく、名物巡りをしたがる八兵衛に光圀一行が付き合って事件に遭遇する場合が多い。各話の冒頭で滞在する土地の名物の講釈を始めたり、土地の民謡をよく口ずさんでいる[注 1]。好物は団子[注 2]で疲れた時に茶屋を見つけると立ち寄りたがる。食べ過ぎで腹を壊すことが多い。一行が野宿を強いられた際の山菜取りでは、野草の良し悪しを判別した。しかし、食べ物以外の名物への関心は薄い[注 3]

陽気な者同士でウマが合うのか、佐々木助三郎とよくつるんでおり、光圀と渥美格之進の目を盗んで芸者遊びに繰り出しては怒られてしまう。美男の助三郎と違って女にもてないことを気にしている。剣や格闘には無縁だが、大立ち回りでは地元の人々が巻き込まれないように庇ったり、罪を認めない悪人の前に証人を突き出す役目を持つ。孤児の出である[1]

第2部 - 第8部[編集]

元は風車の弥七(演:中谷一郎)に師事していた盗賊見習いだったが、義賊を辞めて光圀に仕えるようになった弥七を追いかけ回していた。初登場時は掏摸を生業にし、助三郎と格之進に捕まったことがきっかけで光圀一行のあとを追いかけるようになる。弥七を「親分」と呼び、当の弥七には迷惑がられていたが、光圀一行に馴染むと子分扱いしてもらえるようになった。光圀には貴重な庶民感覚の持ち主とみなされている。第2部第27話では瀕死の重傷を負った助三郎(演:杉良太郎)に付き添って一行を離れた。第2部ではほとんど光圀一行につかずに旅のお供をしていた。第3部では光圀一行と共に行動したり、しなかったりだった。第4部以降は基本的に光圀一行と共に旅のお供をした。第2部では弥七との行動が多く、ときにははぐれることもあった。また、単独行動していることもあった。

役人を始めとする武士の多く(光圀たちなどは除く)を「町人や百姓をいじめて威張りくさっている」と嫌い、お家騒動に対しても「侍同士の揉め事で迷惑するのは庶民」と批判的だった。足が早いので役人に一回も捕まらなかったという設定が一度だけ登場した[2]。字の読み書きができないが、後期の作品では字を読める場合もある。

光圀一行を窮地に陥れた悪人を倒してみんなに見直される夢を見たり、不思議な薬(実はただの胃薬である)を飲んで悪人を蹴散らすエピソードもある。3回だけ格さんの代わりに印籠をかざしたことがある [3]が、いずれも本来の印籠出しの段取りを無視した少々滑稽な方法でのかざし方であり、特に後者の回では、それでは場が締まらないと見かねた格さんに印籠を返却した後、従来のやり方でかざし直される事になった。また、屋根から飛び降りて弥七を狙う霞のお新短筒を阻止したこともあった → 第3部第9話「愛のむち -浜松-」。

第8部以降[編集]

元コソ泥という設定が消滅した後も、弥七との親分・子分関係は引き継いでいる。 第28部の終了後は2003年12月15日放送の1000回記念スペシャルに特別出演。西山荘を離れて江戸で町人として暮らしていたが、2009年7月27日第40部の第1話で5年半ぶりに出演し、同年12月21日放送の第20話に出演した。なお、再登場の際はレギュラーだった頃より年齢を重ねた風貌であった。

2011年12月19日最終回スペシャルにおいては、江戸において蕎麦屋で蕎麦職人を生業としていた事が判明。諸国漫遊していた頃の旅先で食した蕎麦の知識と経験を生かした蕎麦打ちが好評となっているようである。

後継キャラクター[編集]

第29部以降、うっかり八兵衛と同様のコメディリリーフ的な役回りのキャラクターはしばらく登場しなかったが第33部から第35部までよろず屋の千太(演:三波豊和)が、第36部の第10話から第39部までおけらの新助(演:松井天斗)が登場。

また、前述の第40部ではうっかり八兵衛が江戸で実の子同然に可愛がっているちゃっかり八兵衛(演:林家三平)が新レギュラーとして登場した。但し、ちゃっかり八兵衛は内藤剛志が演じる2代目風車の弥七のような「2代目うっかり八兵衛」ではなく「2代目八兵衛」とされている。第42部からは旅の案内をする先逹の役割となり、「ちゃっかり」が取れ「八兵衛」となっている。

雑記[編集]

八兵衛が江戸時代の日本で知られていないはずの「ファイト」という英語の台詞を発したとの都市伝説が存在するが、フジテレビトリビアの泉』でこの話題が紹介された際に高橋元太郎はこの噂を明確に否定。番組内で八兵衛が出演していた全880話分の全シーンを検証した際も該当する場面は発見されず、ガセビア認定されている。このガセビア投稿者はどのシーンを見て送ったのかは不明である。

なお、高橋元太郎自身は撮影には一度も遅刻をしたことがないなど非常に真面目で几帳面な性格であり、バラエティー番組のゲスト出演などでそういった一面をのぞかせた際に、八兵衛のキャラクターを引き合いに「しっかり八兵衛」と呼ばれることもある。

TBS系列で放送されたドラマ『弁護士のくず』第7話「不適切な遺産相続」に高橋元太郎がゲスト出演した際、主演の豊川悦司が高橋の演じる役を指して「うっかり八兵衛に似た爺さん」というシーンがある。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 演じた高橋自身が日本の男性アイドルグループの元祖であるスリーファンキーズで活躍した人気歌手だったことからか、歌のシーンがよく登場する。
  2. ^ ただし高橋自身は撮影で毎回のように団子を食べさせられる(しかも撮り直しの度に食べ直さなければならない)ため、その姿を見るだけでうんざりするほど団子嫌いになってしまったという。
  3. ^ しぼり」と聞いて「それは美味しいですか?」と聞く、「白椀」と「たくわん」、「木地」と「雉」を聞き間違えるなど、ただし例外もある
出典
  1. ^ 第27部第14話「母と逢わせた観音様 -大館-」など。
  2. ^ 第7部第16話「突っ走れ!韋駄天野郎 -鶴岡-」
  3. ^ 第5部第19話「母恋し娘巡礼 -今治-」、第7部第12話「忘れてしまった仇討ち -大館-」(大階段を駆け上がりながら「控えろ、控えろ!」と叫ぶ)、第7部第31話「助さん格さん子守唄 -渋川-」(「お控えなすって~、お控えなすって~」と口上する)

外部リンク[編集]