風車の弥七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風車の弥七(かざぐるまのやしち)は、TBS系列の時代劇水戸黄門』に登場する忍者佐々木助三郎渥美格之進と異なり、特定のモデルは存在しない。

配役は初代が中谷一郎第1部27部1000回記念スペシャル)、2代目が内藤剛志第37部第43部、最終回スペシャル)、3代目が津田寛治水戸黄門)。

設定・横顔[編集]

義賊伊賀忍者で、徳川光圀一行が旅に出ると付かず離れずで行動する。風体は渡世人風で(単独行動の際、関所で鳶職として名乗ったことがある)第1部第1回の時点で光圀に仕えており、光圀とは佐々木助三郎渥美格之進よりも付き合いは長い。飄々とした性格で世渡り慣れしている。光圀一行の行く先を事前に情報収集したり、後から一行を追いかけていることから、別行動を取っていることが多い。忍者出身なので忍びの流派や忍術、火薬にも詳しい。なお、初期は光圀や助三郎と格之進からは通り名である「風車」と呼ばれていた。第4部辺りからは「弥七」と呼ばれることがほとんどになる。

名張の出身で、江戸で義賊になる前は伊賀上野の忍者の里で忍者として修業し、暮らしていた。伊賀忍者・名張衆の頭領である叔父の弥平次(演:武藤英司)が、赤子のために里の食物を盗んだ罪を背負って里を抜け出したことが第3部で判明。第1部では義賊として名が広く知られており、実際に義賊の力量を披露する場面もあった。盗みの道義は盗みは行えど殺生は行わない主義であり、義賊での親分・野衾(野ぶすま)の仁平(後述)の教えを守っている。

戦闘スタイルは忍者の特性を活かしたもの。トレードマークの赤い風車の付いた手裏剣を投げる。身軽な身体能力で飛び込み、霞玉で敵の目をくらます。風車の手裏剣は敵を突き刺すほか目印にしたり、牢屋の鍵をこじ開けたりなどさまざまな用途を持つ。他に武器として匕首も用いるが、基本的に素手で戦う。シリーズが進むにつれてキャラクターが少しずつ中和されたキャラクターの一人でもあり、初期には派手なシーンも多く披露しており、殺生行為をすることも決して珍しくはなかった。中期以降のシリーズでは殺生に及ぶことはまれである。しばしば光圀の命で諜報活動や伝令も務めるが、その際の情報伝達手段としても風車の手裏剣が用いられることがあり、矢文のように手紙を結んで投げられる。

第1部では後の柘植の飛猿(演:野村将希)のような薬の行商人の姿をしていたこともある。江戸弁で喋るが、第1部第1回で「水戸は故郷」の台詞がある。第1部では風来坊的要素が強く、遭遇しても偶然的なことが多い。光圀からは実力、人柄共に全幅の信頼を置かれている。路上で悪漢に襲われる人々を助けたり、賭場で世情や治安情勢に探りを入れたりすることが多い。柘植の飛猿が登場した頃から中谷自身の体調が悪くなっていたこともあり、やややつれが見られる姿も放送されていた。降板前の最後のシーンでは「これで一安心」と言い残して出演を終えた。 弥七の子分にうっかり八兵衛、おけらの新助、ちゃっかり八兵衛らがおり、「親分」と呼ばれ慕われている。なお、新助が弥七を「親分」と呼ぶ理由は不明。ちゃっかり八兵衛の場合は彼が江戸でうっかり八兵衛とともに生活していた頃、うっかり八兵衛から弥七の活躍を聞かされたゆえの尊敬の念からだと思われる。なお、初期には義賊の頃の子分とみられる人物が何人か登場している。このほかにも子分と言える人物が登場しており、第1部の2話に登場した医師・玄庵(演:芦屋雁之助)もその一人である。玄庵の話によれば、江戸には弥七が声を掛ければ集まる部下が100人はいるらしい。

各シリーズにおける活動[編集]

水戸黄門(第1-13部)時代[編集]

第1部ではその後のシリーズと異なり、旅の目的地での騒動解決の回や最終回でも登場しなかった。この頃は光圀一行のお供というより神出鬼没の風来坊のキャラクターが強かった。なお第1~3話までのオープニングには「風の弥七」とクレジットされた。

第2部から登場したうっかり八兵衛は盗賊志望者として弥七の子分になっていた関係で「親分」と呼ばれる。初めは迷惑そうだったものの終いに定着した。

第3部では初代弥七の幼馴染で、同シリーズ最終回で妻となる霞のお新(演:宮園純子)が初登場する。普段は江戸でお新とともに蕎麦屋の田毎庵を営んでいる。田毎庵は元々、お新の父・野衾(野ぶすま)の仁平(演:市川小太夫)が営んでいた(→お新についての詳細は霞のお新を参照)。

第4部以後は、第10部を除いて全回登場している。第10部の第4話、第5話では、演じる中谷自身は登場しなかったが、飛んできた風車や煙玉と、他の登場人物の芝居で弥七の存在が描写された。

第13部では甥の梟の左源太(演:三浦浩一)が刺客として光圀の命を狙ったが、後に改心した。

水戸黄門(第14-21部)時代[編集]

第14部は全回登場したが、第15部で黒田藩の騒動を収めた直後に水戸藩江戸屋敷への伝令として江戸に走り、数回休んでいる(第15部の開始時点で中谷は50歳代後半になっていた)。その後一行の元に戻ってきたが、その後も弥七が登場しない回があった。

中谷の負担を減らすため、第16部からかげろうお銀(演:由美かおる)、第17部から柘植の飛猿が登場し、第28部に至る。弥七のテーマのBGMが、お銀や飛猿にも使われるようになった。

第16部ではお銀は一貫して配下の煙の又平(演:せんだみつお)と行動を共にしており、当初は賞金目当てで水戸光圀の命を狙っていたが、一行の目的地紀州でのお家騒動の最中に改心し、負傷した又平を残し旅立つ一行を追って、まずお銀が一行に加わり、その後又平も合流する。それ以降、弥七の登場しない回もあったが、逆にお銀・又平の方が登場しない回もあった。又平合流後は、弥七とお銀・又平の少なくとも一方は登場しており、忍者が登場しない回はなかった。なお、このシリーズから、その回に登場していない忍者の存在は、その回の劇中では語られなくなった。

第17部では、目的地鳥羽に到着する前でも登場しない回があり、第8,9話の鳥羽藩騒動解決に登場した後、第19話まで登場しなかった(千春の母親を探す四国への旅にはまったく登場しなかった)。

第18部では、初回から第13話まで登場したものの、その次の登場は平戸藩での騒動解決(第17話)後の第19話で、その後は第29話まで登場しなかった。

第19部第20部は全回登場したが(第20部の時点で中谷は60歳代になっていた)、第21部で終盤に登場しない回があった。

第20部では、最終回の立ち回りシーンで弥七の代わりにお新が登場している。この時にお新が風車を使用する場面があった。この際には、お新・お銀・飛猿という珍しい組み合わせで立ち回りが行われた。

お銀や飛猿の登場後は、終盤の立ち回りをお銀や飛猿たちに任せ、弥七は参加しないことも多かった。

水戸黄門(第22-28部)時代[編集]

第22部では弥七が紀州藩での騒動解決(第10話)の最中に重傷を負うという形で、演じる中谷を休養させるという配慮がなされた。また、中谷は終盤で大腸癌に倒れ、最終2回には登場していない。第23部の第34話から弥七が久しぶりに登場して復帰を果たしている。

第24部では名張の翔(演:京本政樹)が出演した回は登場しなかった。

第25部では最終回に登場せず、お新のみが出演するという珍しいケースとなった(弥七は日光東照宮への代参で不在という設定であった)。

弥七・お新の夫婦がそろって登場したのは第26部最終回が最後となった。

第27部では第17 - 19話の3回のみ出演した。本人が出演したのはこれが最後となる。

第28部ではポスター撮影には加わったが、本人は登場していない。なお、故郷名張のエピソードの回で、弥七の名前が一行の口から語られた。

水戸黄門(第29-30部)時代[編集]

作品設定が一新されたため、登場していない。

水戸黄門(第31-38部)・水戸黄門(第39-43部)時代[編集]

2003年12月15日放送の1000回記念スペシャルではVTR使用により2カットのみ登場した。そのうち1カットでは風車が光圀の危機を救っており、そのことと光圀役の里見浩太朗の演技で弥七が駆け付けたことが描写された。

1000回記念スペシャルでは、お新と、成長した娘のお梅(演:馬渕英俚可)が登場し、お梅は水戸光圀一行に同行し、終盤では父譲りの風車を使用した。

2004年4月1日に中谷一郎が死去したことや、第29部からのアナザーストーリー化に伴うキャストや設定の一新(詳しくは水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)#石坂浩二主演のシリーズ第29部からのアナザーストーリー化とその解消を参照)のため、以後登場することはないと思われたが視聴者からは弥七の復活を願う声が数多く寄せられ、かねてより番組出演を要請されていた内藤が第37部から2代目風車の弥七を演じることが決定し、1000回記念を除外すれば実に8年ぶりの復活を果たし、2007年6月18日放送分から、2011年12月19日の最終回スペシャルまで出演した。

2代目弥七は旅の途中での初登場であったが、久しぶりの再会といった描写は全くなされず、あたかも最初から道中を共にしていたかのような接し方であった。

劇中で2代目が、初代同様、うっかり八兵衛の存在を知っている台詞があるが、顔は合わせていない。ちなみに、中谷はうっかり八兵衛役の高橋元太郎よりも年上だが、内藤は年下である。

最終回スペシャルにおいては、2代目弥七が初代と同様、柘植の飛猿と長い付き合いであることを示すやり取りをする場面がある。

初代と2代目の違い[編集]

中谷一郎の演じていた弥七はアクションが派手で、登場シーンも高所からの宙返りなどで登場することが多く、目くらましの火薬なども多用する派手な演出が多かった。クライマックスには助さん格さんと共に敵役と戦うことも多く、ことが一件落着し再び旅路に戻るときには光圀一行と共に旅立つことがほとんどであった。スタントはアクション指導などをしていた宍戸大全

内藤剛志の演じていた弥七はより隠密としての役どころが強められており、敵役の情報を伝える時以外はほとんど光圀一行の前にさえ現れず、単独行動であることが多い(馴れ合いも少なく、軽口を叩くこともあまりない)。一件落着時の旅立ちの際も光圀一行とは別の場所から光圀たちを見守りつつ再び旅立つシーンが描かれているが、これは中谷版弥七でも、お銀や飛猿でも見られたことである。

また、内藤版弥七はあくまでも一人身で、一行が旅に出ない時は八兵衛と一緒に江戸に住んでおり、蕎麦屋を営んだりはしていない。

上述の通り、水戸黄門 (第31-38部)水戸黄門 (第39-43部)時代には、中谷版弥七と内藤版弥七の両方が登場しているが、前述の通り基本設定で大きく異なる部分も設けられるなど、別人と思えるような描写もある。

モデルに関する俗説[編集]

江戸時代後期の儒者である石川桃蹊の著作である『桃蹊雑話』に登場する松之草村小八兵衛が弥七のモデルであると言及されることがある(松之草村は、かつての茨城県那珂郡緒川村の旧地名)。同書によると、小八兵衛は、もともと忍びの術に長けた盗賊の頭として捕らえられた身であったが、放免後、徳川光圀に対し、領内には盗賊を立ち入らせないと誓い、その存命中には夜盗の心配がなかったと伝えられている者であった。同人の墓は、茨城県常陸大宮市内に存するとされており、小八兵衛の墓は、隣に建つ妻・お新の墓と共に、風車の弥七の墓と称する観光スポットとして改造された。

しかし、番組製作者側で明確なモデルの存在について言及しているわけではなく、小八兵衛の出自が弥七に酷似していたことから、墓が所在する集落の者がテレビドラマを見て小八兵衛が弥七のモデルに違いないと思い、原形をとどめないほど改造を施し[1]、また、地元の郷土史家の業績を強調することにより観光スポットとして整備したものに過ぎない。要するに、常陸大宮市の観光協会を含めた地域おこしの一つとして利用されているこじつけである。

関連項目[編集]

  • 19XXシリーズ・・・株式会社カプコンが販売しているシューティングゲーム。作中に風車の形をした「弥七」と呼ばれるアイテムが出現する。

脚注[編集]

  1. ^ 夕刊いわき民報 片隅抄