霞のお新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

霞のお新(かすみのおしん)は、TBS系列の時代劇水戸黄門』に登場する架空のくの一で、同シリーズに登場していた中谷一郎演じる初代風車の弥七の女房。配役は宮園純子

第3部第8部第12部第14部第17部第26部1000回記念スペシャルに登場した。同番組において、長期にわたり水戸黄門一行の伴をした最初の女性キャラクターである。

設定・横顔[編集]

第3部で初登場する。弥七の幼馴染で、同シリーズ最終回で妻となる。普段は江戸で弥七とともに蕎麦屋の田毎庵を営んでいる。田毎庵は元々、お新の父・野ぶすまの仁平(演:市川小太夫)が営んでいた。江戸に残って留守を預かるようになって以降は光圀一行が江戸を起終点に漫遊に出立・帰着する際に田毎庵へ立ち寄って旅支度を整えたり帰着祝いの蕎麦を堪能したりというシーンが多い。

後述の通り、東野黄門時代には一行の伴をして諸国を歩き、弥七とともに忍者としての役目を務めたシリーズがある。江戸で留守を預かっているシリーズでも、登場している場合には、一行の旅立ちに際しての騒動や、最終回での騒動には、同様に忍者として働いている。

基本的に戦闘では弥七同様に短刀を用いるが援護の要素が強い。また、弥七よりも霞玉をよく用いる。

弥七との夫婦喧嘩はものすごいことが劇中でうっかり八兵衛(演:高橋元太郎)の口から語られることもある。また、弥七が芸者遊びに加わっていた時の激怒ぶりはすさまじく、弥七も逃げ出すほどである。

柘植の飛猿からは、「女将さん」と呼ばれることが多い[1]。一方八兵衛からは第3部こそ「お新ちゃん」と呼ばれ気安い口調で話されていたが、弥七と結婚した第4部以降は「お新さん」に変わり敬語を使われている。

第16部かげろうお銀(演:由美かおる)が登場するまではお新が劇中のお色気担当を担っていた。

各シリーズごとの活躍[編集]

水戸黄門(第1-13部)時代[編集]

東野黄門の時代の第5部 - 第8部および第13部に一行の伴をし、弥七とともに水戸老公の隠密として働き、立ち回りにも加わっていた。

薩摩藩をめぐる柳沢吉保(演:山形勲)の陰謀の渦巻く中、第3部序盤で夜鴉の藤吉(演:中野誠也)に仁平が殺害された際、弥七の仕業と見せかけられ、お新は弥七を父の仇と付け狙った。第1回で憎しみの感情と、騙されている中で、上役の忍者とともに薩摩藩士を手にかけてしまったこともある。序盤ではうっかり八兵衛を人質にすることに加担することもあった(ただし、この時本人は釈然としていなかった)。中盤道中で騙されていたことに気づいて本来の心を取り戻し、水戸老公一行の味方につき、第3部最終回でお新は父の仇を討ち、父の仏前に弥七と夫婦になることへの許しを願う。

夫婦になる前は弥七とは「お新ちゃん」「弥っちゃん」と呼び合っていた。第4部第1話で夫婦になってからは「お新」「お前さん」と呼び合っている。

第4部では序盤と終盤に登場し、弥七とともに水戸老公の影の御用を務める。

第9部 - 第11部では登場しなかったが、登場人物の口から存在は語られている。第9部第1話で弥七の口からお新の妊娠が語られ、最終回で娘・お梅が誕生したことが、やはり弥七の口から語られている。ちなみにお梅の名付け親は光圀であり、光圀の別名(俳号)「梅里」の「梅」を取って名付けられた。

第12部でも初回と最終回に登場し、弥七とともに水戸老公の影の御用を務める。この両回には幼少のお梅が登場していた。なお、お梅は第13部では本人は登場していないが、存在は夫婦の口から語られた(旅立ちに際し、知り合いに預けられた設定になっている)。

水戸黄門(第14-21部)時代[編集]

第14部と第17部の初回、第18部の第1 - 2回、最終回、第19部と第20部の初回と最終回、第21部の最終回に登場した。一行の伴をすることはなくなり、江戸で弥七の留守の田毎庵を預かることになる。江戸でのシーンがない場合には登場しなかったが、あっても必ず登場したわけではなかった。

第17部第1回で、長期にわたり水戸黄門一行の伴をした歴代3人の女性キャラクター、霞のお新、佐々木助三郎(当時は演:里見浩太朗)の妻、志乃(演:山口いづみ)、かげろうお銀の顔合わせが、志乃がお銀をお新に紹介する場面で実現している。志乃は忍者ではなく武家の女性であったため、お新の役目はシリーズを隔ててお銀に受け継がれたことになる。なお、この3人の顔合わせはおろか、同時登場はこれ1回限りである。本作の最終回ではお新も志乃も登場せず、次の第18部で助三郎が配役交代に伴って独身に戻され、志乃の存在はなかったことにされたためである。

第20部最終回ではお新が風車を使用する場面がある。この際には、お新・お銀・飛猿という珍しい組み合わせで立ち回りが行われた。

水戸黄門(第22-28部)時代[編集]

第22部の第1 - 2回、第23部の最終回、第24部の初回と2時間スペシャルと最終回、第25部と第26部の最終回に出演している。

第22部の最終回と第23部の初回に弥七が登場せず、その際にはお新も登場していない。ただし、第25部の最終回には弥七が登場しないまま、お新のみが出演するという珍しいケースとなった(弥七は日光東照宮への代参で不在という設定であった)。

弥七・お新の夫婦がそろって登場したのは第26部最終回が最後となった。なお、これ以後田毎庵の場面は1000回記念スペシャルまで登場しない。

水戸黄門(第29-30部)時代[編集]

作品設定が一新されたため、登場していない。弥七や八兵衛同様、お新やお梅の存在もなかったことにされたと思われる。

水戸黄門(第31-38部)・水戸黄門(第39-43部)時代[編集]

1000回記念スペシャルで登場する。この時弥七は留守という設定でVTRのみで登場している。成長した娘のお梅(演:馬渕英俚可)が登場している。お梅が水戸老公一行に同行し終盤では父同様に、風車を使用して攻撃した。なお、中谷一郎版弥七、霞のお新、お梅の登場はこれが最後となる。

その後登場した、内藤剛志による2代目風車の弥七は独り身で、蕎麦屋とも無縁であるという大きな設定変更がなされたため、お新やお梅の存在は再度なかったことにされたと思われる。

最終回スペシャルではお新を演じていた宮園が、八兵衛とともに営む蕎麦屋の女将・おふじという、別人ながらもお新を彷彿とさせる役で出演した。助さんや格さんとも以前から面識があるかのような振舞いであり、その時の話しぶりは以前光圀一行の旅に何度か同行した事があるかのような模様であった。なお、おふじの名は出演者クレジットに示されただけで、劇中では語られず、蕎麦屋の屋号も不明である。

参考文献[編集]

http://www.cal-net.co.jp/mito_29/main/post/main.html

脚注[編集]

  1. ^ 普通に「お新さん」と呼ばれているケースもある。