コンテンツにスキップ

フィービー・ケイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィービー・ケイツ
Phoebe Cates
フィービー・ケイツ Phoebe Cates
2009年、第81回アカデミー賞授賞式にて
本名 Phoebe Belle Cates
生年月日 (1963-07-16) 1963年7月16日(61歳)
出生地 ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 ケヴィン・クライン(1989年 - )
著名な家族 オーウェン・クライン(息子)
主な作品
パラダイス
初体験/リッジモント・ハイ
プライベイトスクール
グレムリン』シリーズ
再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ
フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ)
恋愛の法則
アニバーサリーの夜に
テンプレートを表示

フィービー・ケイツ(Phoebe Cates , 1963年7月16日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の女優

来歴・人物

[編集]
Cates and Kevin Kline at an after party for the 1989 Academy Awards

本名はフィービー・ベル・キャッツ(Phoebe Belle Cates)、結婚後はフィービー・ケイツ・クライン(Phoebe Cates Kline)。父親と母方の祖母はロシアユダヤ人、母方の祖父は中国フィリピン人。実父のジョーゼフ・ケイツ(Joseph Cates、1924年8月10日 - 1998年10月10日)と叔父のギルバート・ケイツ(Gilbert Cates、1934年6月6日 - )は映画監督[1][2][3]

1982年に『パラダイス』でデビュー。同作と『初体験/リッジモント・ハイ』で、ヌードシーンを披露し、人気を不動のものとした。なお、『初体験/リッジモント・ハイ』で共演したジェニファー・ジェイソン・リーは親友。1984年の『グレムリン』などのヒット作にも恵まれ、以後次第に演技力も身に付けていった。

1980年代にはブルック・シールズダイアン・レインに迫る勢いで活躍をしたアイドル女優であり、特にイタリアと日本では人気が高く、日本のCM等に出演して活躍した。

1989年にアメリカの俳優ケヴィン・クラインと結婚し、二児の母となる。その後、育児のため女優業からは遠ざかり、2005年にはニューヨークのマジソン・アヴェニューに彼女名義で「Blue Tree」というギフトショップを開店した[4]

長男のオーウェン・クライン(1991年 - )は俳優として『イカとクジラ』(2005年)などに出演している。

主な出演作品

[編集]

映画

[編集]
公開年 邦題
原題
役名 備考
1982年 パラダイス
Paradise
サラ
初体験/リッジモント・ハイ
Fast Times At Ridgemont High
リンダ・バレット
1983年 フィービー・ケイツのトライアングル・ラブ
Baby Sister
アニー テレビ映画、日本ではビデオスルー
プライベイトスクール
Private School
クリス
1984年 グレムリン
Gremlins
ケイト・ベリンジャー
フィービー・ケイツのレース
Lace
リリー テレビ映画、日本ではビデオスルー
1985年 フィービー・ケイツのレース II
Lace II
リリー テレビ映画、日本ではビデオスルー
1987年 天使とデート
Date with an Angel
パティ・ウィンストン
1988年 再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ
Bright Lights Big City
アマンダ
シャグ
Shag
カーソン VHS邦題『ラスト・サマー・グラフィティ』
1989年 思い出のハートブレイク・ホテル
Heart of Dixie
エイケン・リード 日本ではビデオスルー
1990年 グレムリン2 新・種・誕・生
Gremlins2:The New Batch
ケイト・ベリンジャー
殺したいほどアイ・ラブ・ユー
I Love You to Death
ジョーイの浮気相手 クレジットなし
1991年 フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ)
Drop Dead Fred
リジー
1993年 恋愛の法則
Bodies, Rest & Motion
キャロル
1994年 プリンセス・カラブー
Princess Caraboo
プリンセス・カラブー/メアリー・ベイカー 日本ではビデオスルー
2001年 アニバーサリーの夜に
The Anniversary Party
ソフィア・ゴールド

サウンドドラマ

[編集]

CM

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Biography”. Filmreference.com. 2010年3月7日閲覧。
  2. ^ Wakin, Daniel J. (2005年6月3日). “NY Times article”. NY Times article. 2010年3月7日閲覧。
  3. ^ Gilbert Cates Biography (1934–)”. Filmreference.com. 2010年3月7日閲覧。
  4. ^ New York Magazine - Phoebe Cates Kline Opens Blue Tree Toy Store

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]