定期考査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
定期試験から転送)
移動先: 案内検索

定期考査(ていきこうさ)、定期試験(ていきしけん)、定期テスト(ていきテスト)は、学校で、各々の教科科目学習成果教育効果を通して、成績評価するために定期的に実施される試験のことである。

日本の定期考査[編集]

単元別試験が単元の学習を終えるごとに実施されることに対して、定期考査はあらかじめ、実施する時期が決まっているためにこう呼ぶ。小学校などでは単元別試験、中学校以降は定期考査が行われることが多い。

一般に学期ごとに中間考査(ちゅうかんこうさ)・中間試験(ちゅうかんしけん)・中間テスト(ちゅうかんテスト)と期末考査(きまつこうさ)・期末試験(きまつしけん)・期末テスト(きまつテスト)がある。最終学期は、期末考査を兼ねて学年末試験(がくねんまつしけん)・学年末テスト(がくねんまつテスト)が実施される場合が多いが、学期ごとに単位を認定する学校では行われない。大学短期大学などでは、中間試験をせず期末試験だけを行う科目も多い。

数日から1週間といった特定期間に集中的に行われることも多く、個々のテストそのものだけでなく、この試験期間のことも定期考査、定期試験と呼ぶこともある。

中等教育段階の定期考査[編集]

中学校では、一般に中間考査で国語社会数学理科英語の5教科を行い、期末考査ではそれに実技4教科音楽美術保健体育技術・家庭を加えた9教科の試験を実施するところが多い。 また、高等学校では科目が細分化されるため、教科毎ではなく科目別に試験が実施される。

一般的に、3学期制の学校では1学期中間試験は5月中下旬、1学期期末試験は6月下旬から7月上旬ごろ、2学期中間試験は10月中旬ごろ、2学期期末試験は11月下旬から12月上旬ごろ、学年末試験は2月中下旬ごろに行われる。2学期制の学校では前期中間試験は6月下旬から7月上旬ごろ、前期期末試験は10月上中旬ごろ、後期中間試験は11月下旬から12月上旬ごろ、学年末試験は2月中下旬ごろに行われる。

ただし、学校学年教科等の状況によっては、一部の教科・科目の試験を実施しない場合もある。この場合、定期考査前に統一した課題を実施し、その成績を定期考査の成績として扱うこともある。

高等教育段階の定期試験[編集]

大学などでは、試験の上、単位を認定することが設置基準に定められており、実習科目やレポートを課す科目を除けば、一般的に定期試験が行われる。成績評定には、普段の出欠状況、提出課題授業での様子、学習に対する関心意欲態度などが加味されることがあるが、定期試験の比重がかなりを占める場合がほとんどである。

実力考査、実力試験[編集]

実力考査(じつりょくこうさ)、実力試験(じつりょくしけん)、実力テスト(じつりょくテスト)は、本来は学期ごとの学習評価を行うのに関係ないものであり、定期考査とは別の概念であるが、しばしば定期的に実施される。学校によっては、学期末の学習評価に組み入れるところもあるが、この場合、厳密に学期で行った学習のみを評価することには当たらなくなる。ただし、学校によっては中学校3年生で8回も実力考査があることがある。

アメリカの定期考査[編集]

アメリカの大学では、一般的に定期テストとして、学期ごとに中間テスト(midterm examination)と期末テスト(final examination)が実施される[1]

期末テストの内容は、中間テスト実施以降に学習した内容が試験の範囲となる場合と、学期の全体を通して学習した内容が試験の範囲となる場合(comprehensive examination)がある[1]

定期テストの形式には4種類がある[1]

  • 教科書を参照せずに閉じた状態で課す試験(closed-book examination)[1]
  • 教科書やノート等の資料を参照することを認めて行う試験(open-book examination)[1]
  • 問題を持ち帰らせ指定日までに提出させる試験(take-home examination)[1]
  • 卒業時に実施されるもので口頭で問題を問う試験(oral examination)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 永野真司『アメリカホームスティ&留学の英会話』三修社、2010年、43頁

関連項目[編集]