再入学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

再入学(さいにゅうがく)とは、退学したないしは在籍可能年限を超えたために除籍となった当該学校に再び入学することである。

日本における概要[編集]

再入学の制度は、主に大学短期大学および大学院を含む)の課程高等学校の課程、中等教育学校後期課程専修学校の課程などの場合に、何らかの理由で修了卒業することができなかった者が、学習への意欲を持った場合に認めるためのものである。なお、従前に授業料を未納しているなどの理由で除籍状態が継続しているような場合は、従前の授業料を完納し、一度復籍を経て退学し、その後に再入学に関した手続きがとれるようになるのが通例である。

教育施設ごとに再入学についての規程が定められており(国立大学の場合はほぼ同様の内容)、再入学を希望する場合、まず、入学検定料を納めた上で願い出た後、再入学を許可された場合に、入学金および授業料などの支払を行った上で行われる。

通常、再入学できるのは退学または除籍となった後、数年以内しか認められないこともあるが、大学通信教育の課程においては、10年以上経過していても認められることもある。また、卒業・修了する見込みがあるかどうかも入学許可するかどうかの検討事項の1つになる。

再入学した場合、従前に在籍していた科目等の単位の認定も行われるが、カリキュラム変更の関係などの理由により、認定される単位は、その一部に限られることが多い。

外部リンク[編集]