制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

制度(せいど、: System, Institution)は人間行動の定型化されたパターン社会関係を円滑に営むために社会を構成する集団の構成者や、その社会の統治者によって定められた決まりごととして定式化され公認されていることが多い。集団の構成者個々の意志は別として集団の構成者全員が締結した契約として考え得るほど拘束力を強めることがある。制度の効力はそれを定めた各集団に限られるが、他の集団に対しても影響を与えている。社会全般に関わる制度を社会制度という。法治国家に於ける制度はによって定められている。

改革(かいかく,reformatiom)は既存の制度、機構組織等を改めることである。

社会に於ける制度は、構成者の持つ権益を守り、相互の利害を調整することを目的としている。この目的を達成するためには、構成者全員が納得する形で定める必要があるが、現在に於いても利害関係の衝突から定めることが困難な場合がある。

社会制度[編集]

社会制度は、構成者の自由権利責任義務を定めており、様々な制限保障を与えている。

(その他適宜追加して下さい)

制度と改革[編集]

多様な人物が集まる集団では完璧な制度はなく、構成者全員の権益を満たすことはできない。このため、常に不満を抱く人物が存在し、改革が求められている。このような集団の勢力を「革新」という。また、既得権益の享受者は既存の制度の維持を求めている。このような集団の勢力を「保守」という。[要出典]

既存の制度に問題が生じた場合は改革が必要であるが、急激な改革は集団の構成者個々の対応の遅れを招き、社会不安を発生させる要因となる。改革には充分な配慮が必要である。

制度研究[編集]

政治学経済学などさまざまな学問分野から制度研究がなされており、著名日本人研究者としては、青木昌彦(経済学、比較制度分析)や盛山和夫社会学)などがいる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]