コーヒーが冷めないうちに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーヒーが冷めないうちに
作者 川口俊和
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
初演 2010年3月
受賞 第10回(2013年)杉並演劇祭 演劇大賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

コーヒーが冷めないうちに』(コーヒーがさめないうちに)は、川口俊和による日本戯曲。劇団音速かたつむり主宰の脚本家演出家の川口が主宰する演劇ワークショップ公演として、川口演出で2010年3月に初演された。過去に戻ることができると噂の喫茶店を舞台に、4つの奇跡の物語を描く。第10回(2013年)杉並演劇祭演劇大賞受賞作。

2015年に川口著により同名で小説化され、のちシリーズ化。また、2018年に同名小説および続編小説『この嘘がばれないうちに』を原作として映画化された。

概要[編集]

劇団音速かたつむりの脚本家兼演出家として活動していた川口俊和が手掛けた舞台作品で、2010年3月[1]の演劇ワークショップ用に書き起こされた[2]2011年2月にあらためてキャストを集めて公演が行われ、それを見に来た編集者が感動し声を掛け、2015年に小説として出版された[2][3]

以降も幾度か再演され、2013年3月に行われた公演が第10回杉並演劇祭大賞を受賞。2017年、本屋大賞にノミネートされた[4]

あらすじ[編集]

とある喫茶店。 この喫茶店の席に座ると過去にタイムトラベル出来るとの噂がある。 しかしタイムトラベルするにはいくつかの約束と条件がありそれを守らなければならない…

果たしてタイムトラベルに成功した人達の結末は一体…

今生きていることをもう一度考えさせられる笑い、感動ありの映画。

第一話「恋人」[編集]

結婚を考えて交際していた彼と別れた女性の物語。

第二話「夫婦」[編集]

記憶が消えていく男と看護師の話。

第三話「姉妹」[編集]

家出した姉とよく食べる妹の物語。

第四話「親子」[編集]

この喫茶店で働く妊婦の話。

登場人物[編集]

上演[編集]

  • 2010年3月、東京(初演)
  • 2011年2月18日 - 20日、東京・ 萬劇場(音速かたつむりプロヂュースvol.1)
  • 2013年3月13日 - 17日、東京・ART THEATER かもめ座(1110プロヂュースvol.4)[注 1]
  • 2016年12月13日 - 18日、東京・萬劇場
  • 2017年6月13日 - 18日、東京・テアトルBONBON / 8月10日 - 13日、仙台・せんだい演劇工房10-BOX / 10月13日 - 15日、函館・金森ホール(1110プロヂュース)
  • 2018年10月30日 - 11月4日、東京・萬劇場(1110プロヂュース)
  • 2019年6月26日 - 30日、東京・こくみん共済 coopホール/スペース・ゼロ(ラフカット2019〜25周年スペシャル〜 第4話「コーヒーが冷めないうちに 〜『親子』父を追い返してしまった娘の話〜」)[5]
  • 2019年11月13日 - 17日、東京 劇場HOPE(川口プロヂュース)

受賞歴[編集]

  • 第10回(2013年)杉並演劇祭 演劇大賞

書誌情報[編集]

小説[編集]

コーヒーが冷めないうちに
著者 川口俊和
発行日 2015年12月6日
発行元 サンマーク出版
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製
ページ数 348
次作 この嘘がばれないうちに
公式サイト coffee-book.jp
コード ISBN 978-4-7631-3507-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
この嘘がばれないうちに
著者 川口俊和
発行日 2017年3月20日
発行元 サンマーク出版
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製
ページ数 303
前作 コーヒーが冷めないうちに
次作 思い出が消えないうちに
公式サイト www.sunmark.co.jp
コード ISBN 978-4-7631-3607-7
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
思い出が消えないうちに
著者 川口俊和
発行日 2018年9月25日
発行元 サンマーク出版
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製
ページ数 382
前作 この嘘がばれないうちに
公式サイト www.sunmark.co.jp
コード ISBN 978-4-7631-3720-3
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

川口俊和の著で小説化され、シリーズ第1作『コーヒーが冷めないうちに』が2015年12月5日サンマーク出版より刊行された。「4回泣ける」小説として話題を呼び、累計発行部数が20万部を越えて2017年(第14回)本屋大賞にノミネートされ、第10位となった[6][7]

同じ喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に6年後を描いたシリーズ第2作『この嘘がばれないうちに』(このうそがばれないうちに)が2017年3月20日[8]、北海道・函館にある「喫茶ドナドナ」を舞台としたシリーズ第3作『思い出が消えないうちに』(おもいでがきえないうちに)が2018年9月25日に同社より刊行された[9]

執筆背景[編集]

友人に誘われてたまたま本作の舞台公演を観たサンマーク出版の編集者・池田るり子が「8回くらい泣いた」と語るほど感動し、終演直後に「これを小説にしませんか?」と川口俊和ヘ小説化を依頼。川口の初の小説として、4年の歳月をかけて書き上げられた[8][10]

シリーズ第1作が50万部を突破し続編となるシリーズ第2作『この嘘がばれないうちに』が[8]、さらに第1作および第2作の映画化(後述)にあわせて第3作『思い出が消えないうちに』が執筆されている[9]

収録作品[編集]

『コーヒーが冷めないうちに』
  • 第1話「恋人」 結婚を考えていた彼氏と別れた女の話
  • 第2話「夫婦」 記憶が消えていく男と看護師の話
  • 第3話「姉妹」 家出した姉とよく食べる妹の話
  • 第4話「親子」 この喫茶店で働く妊婦の話
『この嘘がばれないうちに』
  • 第1話 22年前に亡くなった親友に会いに行く男の話
  • 第2話 母親の葬儀に出られなかった息子の話
  • 第3話 結婚できなかった恋人に会いに行く男の話
  • 第4話 妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話
『思い出が消えないうちに』
  • 第1話 「ばかやろう」が言えなかった娘の話
  • 第2話 「幸せか?」と聞けなかった芸人の話
  • 第3話 「ごめん」が言えなかった妹の話
  • 第4話 「好きだ」と言えなかった青年の話

あらすじ(小説)[編集]

登場人物(小説)[編集]

時田 数

書誌情報(小説)[編集]

オーディオブック[編集]

FeBe版[編集]

FeBe(現・audiobook.jp)が配信している。

コーヒーが冷めないうちに

2016年10月に配信が開始された。

キャスト
この嘘がばれないうちに

2018年6月に配信が開始された。

キャスト

Audible版[編集]

Audibleから「コーヒーが冷めないうちに」が2018年8月、「この嘘がばれないうちに」が2019年4月に配信が開始された。キャストは一人語りで白川周作が担当した。

映画[編集]

コーヒーが冷めないうちに
監督 塚原あゆ子
脚本 奥寺佐渡子
原作 川口俊和
『コーヒーが冷めないうちに』
『この嘘がばれないうちに』
製作 平野隆(企画プロデュース)
岡田有正
進藤淳一
出演者 有村架純
伊藤健太郎
波瑠
林遣都
深水元基
松本若菜
薬師丸ひろ子
吉田羊
松重豊
石田ゆり子
音楽 横山克
主題歌 YUKI「トロイメライ」
撮影 笠松則通
編集 宮島竜治
制作会社 フィルムフェイス
製作会社 「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2018年9月21日
台湾の旗 2018年10月5日
香港の旗 2018年10月24日
タイ王国の旗 2019年2月14日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.0億円[11]
テンプレートを表示

小説『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』を原作として映画化され、2018年9月21日に公開された[12]。主演は有村架純。監督は塚原あゆ子

全国307スクリーンで公開され、2018年9月22日 - 23日の全国週末興行成績(興行通信社)では観客動員が15万6000人、興行収入2億300万円を記録し、初登場2位となった[13]。映画公開4日間(2018年9月21日 - 24日)では観客動員29万5000人、興行収入3億7400万円となっている[13]。2019年1月発表の総興行収入は15.0億円[11]

タイでは2019年2月14日から公開予定[14]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考
1 TBSテレビ (なし) 2020年3月12日() 2:05 - 4:15 130分 1.1%[16] 地上波初放送
関東ローカル
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第10回杉並演劇祭参加作品。同演劇大賞受賞作品。

出典[編集]

  1. ^ 舞台「コーヒーが冷めないうちに」ミキ役オーディション詳細”. 川口俊和のブログ. 川口俊和 (2018年6月11日). 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ a b 『コーヒーが冷めないうちに』と『この嘘がばれないうちに』の魅力”. 1110プロヂュース (2017年12月4日). 2018年6月25日閲覧。
  3. ^ コーヒーが冷めないうちに”. サンマーク出版. 2018年6月24日閲覧。
  4. ^ 「コーヒーが冷めないうちに」”. CoRich舞台芸術!. 2018年6月24日閲覧。
  5. ^ “「ラフカット」今年は宮藤官九郎・矢島弘一・川口俊和・堤泰之の短編4本”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年5月13日). https://natalie.mu/stage/news/331123 2020年3月12日閲覧。 
  6. ^ 雨野裾 (2016年6月8日). “今「4回泣ける」小説が話題!過去に戻れる喫茶店に訪れた女性4人の「変化」の物語”. ダヴィンチニュース (KADOKAWA). https://ddnavi.com/news/304719/a/ 2020年3月12日閲覧。 
  7. ^ “「2017年本屋大賞」決定! 大賞は恩田陸『蜜蜂と遠雷』”. ダヴィンチニュース (KADOKAWA). (2017年4月11日). https://ddnavi.com/news/367528/a/ 2020年3月12日閲覧。 
  8. ^ a b c 日販 ほんのひきだし編集部 「新刊展望」担当 (2017年3月13日). “『コーヒーが冷めないうちに』の続編『この嘘がばれないうちに』は、不器用で優しい「嘘」の物語”. ほんのひきだし (日本出版販売). https://hon-hikidashi.jp/enjoy/25454/ 2020年3月12日閲覧。 
  9. ^ a b 日販 仕入部 金子 (2018年9月21日). “本日映画が公開『コーヒーが冷めないうちに』の最新刊が発売!今度の舞台は北海道の喫茶店”. ほんのひきだし (日本出版販売). https://hon-hikidashi.jp/enjoy/62539/ 2020年3月12日閲覧。 
  10. ^ るりこ (2017年2月23日). “『コーヒーが冷めないうちに』本屋大賞にノミネート記念!営業と編集の奮闘記。”. サンマーク出版. 編集ブログ. 2020年3月12日閲覧。
  11. ^ a b 2018年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  12. ^ “有村架純の涙の意味は…「コーヒーが冷めないうちに」特報完成”. 映画.com. (2018年6月1日). https://eiga.com/news/20180601/8/ 2018年6月24日閲覧。 
  13. ^ a b 映画ランキング・映画興行収入”. 映画.com (2018年9月26日). 2018年9月26日閲覧。
  14. ^ “有村架純主演映画「コーヒーが冷めないうちに」がタイで2019年2月14日より劇場公開”. タイランドハイパーリンクス. (2019年1月19日). https://www.thaich.net/news/20190119ac.htm 2019年1月21日閲覧。 
  15. ^ 高松咲希”. Courage Kids. 2019年4月8日閲覧。
  16. ^ 週間高世帯視聴率番組10 VOL.11 2020年 3月9日(月)~3月15日(日)”. ビデオリサーチ. 2020年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]