小野寺百合子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小野寺 百合子(おのでら ゆりこ、1906年10月1日 - 1998年3月31日)は、日本翻訳家随筆家ノンフィクション作家。旧姓、一戸。陸軍少将小野寺信は夫。トーベ・ヤンソンの『ムーミンシリーズ』などの児童文学翻訳で知られる。

経歴[編集]

東京生まれ。東京女子高等師範学校附属高等女学校専攻科(現・お茶の水女子大学附属中学校お茶の水女子大学附属高等学校)卒。第二次世界大戦中、公使館附武官だった夫とともにスウェーデンに滞在し、和平工作のための夫の情報活動を手伝い、暗号電文を作ったり、本国からの電文を解読したりした。60歳を過ぎてから、トーベ・ヤンソンアストリッド・リンドグレーンエレン・ケイなどスウェーデン語文学の翻訳に従事した。

親族[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『バルト海のほとりにて 武官の妻の大東亜戦争』共同通信社、1985、新版2005/朝日文庫 1992
    • 『いわゆる北欧における和平工作』 自費出版 1988。2分冊
  • 『私の明治・大正・昭和 戦争と平和の八十年』共同通信社 1990
  • 『スウェーデンの歳月』共同通信社 1995
  • 『バルト海のほとりの人びと 心の交流をもとめて』新評論 1998、新版2016

共著・編著[編集]

  • 『スウェーデンの社会福祉』一番ケ瀬康子共著、全国社会福祉協議会 1968、1972
  • 『スウェーデンにおける地域の在宅サービスの供給システムの紹介とその分析』東京都福祉局総務部調査課

翻訳[編集]

  • トーベ・ヤンソン著
    • 『トーベ・ヤンソン全集 6 ムーミンパパ海へいく』講談社 1968 のち講談社文庫 新版2011
    • 『トーベ・ヤンソン全集 2 ムーミンパパの思い出』講談社 1969 のち講談社文庫 新版2011
    • 『少女ソフィアの夏』講談社 1979
    • 『ムーミン谷へのふしぎな旅』講談社 1980
  • ガンヒルド・セーリン著
    • 『きょうだいトロルのぼうけん』 学習研究社 1971
  • アストリッド・リンドグレーン著
    • 『エーミール物語 3 エーミールと六十ぴきのざりがに』講談社 1972 のち講談社文庫
  • エレン・ケイ著
    • 『変愛と結婚』小野寺信共訳 岩波文庫(上下) 1973/新評論(改訳版) 1997
    • 『児童の世紀』小野寺信共訳 冨山房百科文庫 1979
  • エルサ・ベスコフ著
    • 『ペレのあたらしいふく』福音館書店 1976
    • 『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』福音館書店 1977
    • 『ウッレと冬の森』らくだ出版 1981
    • 『クローカ博士の発明』佑学社 1982
  • バルブロ・リンドグレン著
    • 『ママときかんぼぼうや』佑学社 1981
    • 『マックスのクッキー』佑学社 1982
    • 『マックスのくまちゃん』佑学社 1982
    • 『マックスのじどうしゃ』佑学社 1982
    • 『きかんぼぼうやのうみのたび』佑学社 1984
    • 『きかんぼぼうやといぬ』佑学社 1987
  • トールビョルン・レングボルン著
    • 『エレン・ケイ教育学の研究 「児童の世紀」を出発点として』小野寺信共訳 玉川大学出版部 1982

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ cf. 小野寺家と大鷹家の関係

関連項目[編集]