AERA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アエラから転送)
移動先: 案内検索
アエラ
AERA
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 朝日新聞出版
刊行期間 1988年5月 - 現在
ウェブサイト https://publications.asahi.com/ecs/12.shtml

AERA(アエラ)は、朝日新聞出版2008年3月31日発行分までは朝日新聞社出版本部)が毎週発行する週刊誌である。正式には「朝日新聞ウィークリー AERA」という。発行部数10万部(2014年10月1日 - 2015年9月30日において)はサンデー毎日に次いで業界第12位[1]

概要[編集]

創刊直後の1989年に川崎球場(当時、ロッテ・オリオンズ本拠地)の外野・ライトスタンドに掲げられた広告幕。写真左上のスタンド右中間側にある)

1988年(昭和63年)5月、同年の5月24日号として創刊。「AERA」とはラテン語で「時代」の意と、「Asahi shimbun Extra Research and Analysis」の太字部分を合成したものの意。「日本初の本格的ニュース週刊紙」(紙の文字をあてた)を標榜し、創刊当初の広告見出しは『ライバルは朝日新聞です』で、初代編集長と当時の朝日新聞社長が握手を交わすものであった。

誌面のフォーマットは、その週のニュースの中から特に印象的なテーマを選んでカラー写真を織り込んで掲載するビジュアル重視。政治的には、基本的に朝日新聞本紙同様のリベラル路線であるが、本紙と比較して、女性をとりまく社会情勢や学歴(受験)に関する記事が多く、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故以降は女性及び子供を巡る安全安心をテーマにした記事も増加している。女性ライターによる記事も多い。

2009年4月、小中学生を対象としたAERAとして、月刊誌ジュニアエラが創刊された。また、英語語学月刊雑誌「AERA ENGLISH」(2008年創刊)、AERA増刊より独立創刊した季刊誌「AERA with Kids」、その姉妹誌で不定期刊行のムック「AERA with Baby」(2007年創刊)もある。

表紙について[編集]

創刊号の表紙を飾ったのは利根川進。創刊以来2016年3月28日号まで続いたのが、写真家坂田栄一郎による表紙写真である。同年4月18日号からは蜷川実花が表紙写真を担当(同号の表紙を飾ったのは渡辺謙)。各界を代表する有名人の顔が撮影されることが多い。

漫画・アニメのキャラクターとしては、2003年4月14日号で鉄腕アトムが、2015年3月2日号でシャア・アズナブルが、同年8月31日号で綾波レイが表紙を飾っている。2014年8月11日増大号では宮崎駿画のイラスト、2015年1月12日増大号ではセルジュ・ブロックフランス語版画のイラストが表紙を飾っている。また、ニュース写真が表紙を飾ることがある。

2011年、東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所事故を受けて3月28日号(3月19日発売)の表紙に防塵マスクをつけた人物の顔のアップに、赤い文字の見出し「放射能がくる」を重ねたものを使用した。これに対して、「風評被害を助長する」「恐怖心をあおってどうするのか」「インパクトばかり求めている」などと非難が相次いだ[2][3]。同誌は、Twitter謝罪を表明[4][5]産経新聞の取材に「ツイッターに掲出したコメントにある通りです」と回答して、ツイッターでのコメントをもって公式コメントに変える意向を示していたが、最終的に、同誌公式サイト上での編集長尾木和晴名義での謝罪を行った[6]。また、このような危機を煽る報道姿勢に反発し野田秀樹は、連載していたコラムを4月4日号をもって自ら打ち切ることを表明した[7]

2015年9月28日増大号の表紙は、創刊以来初めて「いまこそ、みんなの日本国憲法」という文字のみが記載されたものとなった[8]

また、表紙のアートディレクションは戸田正寿(2010年現在)。

代表的な連載[編集]

  • 現代の肖像 - 現代を代表する人物のインタビュー。
  • 世界の遺産 - 世界遺産を写真つきで紹介する。
  • 坂田栄一郎のオフ・カメラ - 表紙写真の人へのインタビュー。

(現在は person in focus・表紙の人)

  • 小林麻耶のクワクワ対談 - 小林麻耶が、各界で活躍する著名人と対談。
  • ※創刊当初は、「ゴルゴ13」でおなじみのさいとう・たかを作の「亜江良十三」(あえら じゅうぞう)と題した劇画コラムが掲載されていた。

一行コピー[編集]

電車の中吊り広告などに掲載される「一行コピー」が名物となっている。記事に掲載されたトピックに引っかけた駄洒落となっているのが特徴で、毎週どういう駄洒落が掲載されるかを楽しみにしたり、週毎の出来・不出来をチェックする者もいる[9]。それどころか、自作の駄洒落を勝手に投稿する人すらいる。なお、一行コピーは編集部の中から選考され、投稿された駄洒落が採用されることはない。選考過程やエピソードは公式サイト内のブログに掲載されている。

1998年には、AERA創刊10周年を記念して、それまでに発表された一行コピーとそれにまつわるエピソードなどを掲載した『腰くだけ発想法 アエラ一行コピー』(『AERA』1998年7月10日号臨時増刊)を出版した。

重大事件の直後は駄洒落は封印される。例えば2001年アメリカ同時多発テロの際は「世界が言葉を失った」というコピーが代わりに掲載された(2001年9月24日号)。

この一行コピーは、年間最後の号に一年分の一行コピーが掲載されるのを除いて、本誌にはほとんど掲載されなかったが、2010年6月7日号から目次に掲載されるようになった。

関係者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]