コンテンツにスキップ

烏賀陽弘道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
烏賀陽 弘道
生誕 (1963-01-08) 1963年1月8日(61歳)
日本の旗 日本京都府京都市
教育 京都大学経済学部
コロンビア大学国際公共政策大学院修士課程修了
職業 記者
写真家
著作家
代表経歴 朝日新聞社社員(1986年 - 2003年)
家族烏賀陽正弘(著述家)
公式サイト 写真ウェブサイト
テンプレートを表示

烏賀陽 弘道(うがや ひろみち、1963年1月8日 - )は、日本のフリー記者写真家著作家[1]

40歳で早期退職した元朝日新聞記者。

経歴

[編集]

京都市生まれ。幼稚園前までは大阪市阿倍野区で育つ[2]。父は著述家・烏賀陽正弘。1981年同志社高等学校卒業。1986年、京都大学経済学部卒業、朝日新聞社入社。

入社後は、三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部で事件記者を5年経験した。1989年の岡崎支局の時は、東京本社のリクルート事件取材班のメンバーに選ばれ、3カ月ほど東京で取材した[3]。1991年から2001年まで東京本社で週刊誌『AERA』編集部で記者を務めた。『AERA』では音楽・文化を担当した。 2001年3月、パソコン入門誌『ぱそ』編集部へ異動した。2001年11月、出版企画室へ異動。体調を崩し1年ほど自宅療養[4]

2003年5月、40歳で「早期定年退職」制度を使って退社。その後はフリーランスで活動している。1986年の朝日新聞社入社以来ずっとペン記者であったが、2011年の福島第一原子力発電所事故以後はカメラ記者としても活動するようになっている[2]

略歴

[編集]
  • 1969年 京都市立第二衣笠小学校(1972年より京都市立金閣小学校)入学[4]
  • 1975年 同志社中学校入学
  • 1981年 同志社高等学校卒業
  • 1986年
  • 1988年 愛知県岡崎支局に転勤
  • 1989年 名古屋本社社会部に転勤
  • 1991年 週刊誌『AERA』編集部の記者となる。
  • 1994年 AERAに復職。
  • 1998年~1999年 『AERA』ニューヨーク駐在記者[5]
  • 2001年
    • 3月 パソコン入門誌『ぱそ』編集部へ異動となる。
    • 11月 出版企画室へ異動。体調を崩し1年ほど自宅療養する[4]
  • 2003年5月 「早期定年退職」制度を使って退社。

その後はフリーのジャーナリスト、評論家として生活。

  • 2023年8月 Twitterアカウントが凍結。

エピソード

[編集]

※当人自身による証言・記事は、第三者による検証性が皆無なので一括削除

フリー以後

[編集]
  • AFPBBニュースで「烏賀陽(うがや)弘道の音楽コラム」を連載していたが、2006年6月8日、主に原稿料の額の少なさを理由として3か月の連載契約を更新せず終了する[6]
  • 元・女優の千葉麗子と共に、「チバレイ・ウガヤの言論ギグ!」と題した集会を、2014年4月20日の第1回[7]から2015年3月20日の第7回まで定期開催した[8]

主な出来事

[編集]

オリコン・烏賀陽裁判

[編集]

インフォバーンが発行する月刊誌『サイゾー』2006年4月号に掲載された記事をめぐり、オリコン株式会社と烏賀陽との間で争われた。

発言

[編集]

2023年8月福島第一原発事故の処理水海洋放出が行われた際、原発にあるデブリを「未知の核物質」と自身が呼んだという嘘をネット上に流されたとしたが[9]、ツイッター凍結前ではデブリを「まったく成分すらわからない未知の核物質」としていた[10][11]。本人は「典型的なスミア・キャンペーン」だとしている[12]

2023年9月、世界標準で言えば、日本人大衆の大半は「倫理や道徳、知性、思考と言った人間を人間たらしめているもの」を喪失した、ニンゲンの形をした何か別の動物にすぎません。(2023年9月20日ツイート)

著書

[編集]

単著

[編集]

共著

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 退社後、これから何がやりたいのか?ウェイバックマシン、2009年4月14日) - http://ugaya.com/column/taisha_plan.html
  2. ^ a b 烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)略歴  これまでの著作アマゾンリンクつき 本人公認
  3. ^ 「朝日、オリコン、裁判所」ともあろうものが。 (2/7) - ITmedia ビジネスオンライン bizmakoto.jp
  4. ^ a b c (プロフィール)ウェイバックマシン、2010年1月29日) - http://ugaya.com/prof/ugaya.html
  5. ^ 35~36歳のとき、念願の海外勤務 bizmakoto.jp
  6. ^ みなさん、さようなら。ブログ連載から降ります。 烏賀陽(うがや)弘道の音楽コラム
  7. ^ 千葉麗子」『Independent Web Journal岩上安身Independent Web Journal、2015年3月20日。2020年5月26日閲覧。
  8. ^ チバレイ・ウガヤの言論ギグ!第一回目「フクシマ原発事故をもう忘れたの?」”. 新宿ロフトプラスワンロフトプロジェクト (2014年4月20日). 2020年5月26日閲覧。
  9. ^ 烏賀陽弘道 [@ugaya] (2023年8月29日). "2023年8月29日午後5時25分のツイート". X(旧Twitter)より2023年8月30日閲覧
  10. ^ ウェイバックマシン 2023年8月27日烏賀陽弘道(X)
  11. ^ 烏賀陽弘道 [@ugaya] (2023年8月29日). "2023年8月30日午前2時47分のツイート". X(旧Twitter)より2023年8月30日閲覧
  12. ^ 烏賀陽弘道 [@ugaya] (2023年8月29日). "2023年8月29日午後5時32分のツイート". X(旧Twitter)より2023年8月30日閲覧

外部リンク

[編集]