眞木準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
眞木準(2007年撮影)

眞木 準(まき じゅん、1948年10月20日 - 2009年6月22日)は日本コピーライター愛知県知多市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

生涯[編集]

1971年博報堂に入社。同社の制作室クリエイティブチームに在籍し、全日空サントリーキヤノンなどの企業の広告コピーを12年に渡って書き続けた。

1983年に博報堂を退社し、フリーに転じた後は伊勢丹資生堂三陽商会などの企業のコピーを手掛ける一方で、1988年朝日新聞社から刊行された週刊誌AERA』のネーミング考案などにも携わった。特に伊勢丹のキャンペーン広告は、博報堂在籍時の1978年から手掛けていたが、1984年からは前任者で同じくコピーライターの土屋耕一から引き継ぐ形で、長期間にわたり同キャンペーン広告のコピーを担当した(土屋も1989年まで同キャンペーンのコピーを担当していた)。

東京コピーライターズクラブ副会長、コピーライター養成講座の副校長を歴任。(1つ上の仲畑貴志は会長・校長)[1]

2009年6月22日、急性心筋梗塞症を発症し、東京都内の病院にて逝去。60歳没。

人物[編集]

主に駄洒落タイプのコピーが多かったことで知られる。眞木がコピーを書き始めた1970年代当時、こうした駄洒落コピーに対する評価は冷ややかだったが、これを全日空、伊勢丹、サントリーなどの広告に積極的に用い[2]、駄洒落コピーのスタイルをつくりあげたことで知られる。しかしその一方で、多くの亜流も生んだ。

また自身がネーミング考案に携わった「AERA」の、風刺の一行コピーの選任者の中にも本人がその名を連ねてもいた。

著書[編集]

  • 胸からジャック。心にささる一行メッセージのつくりかた。(大和書房
  • ひとつ上のプレゼン。(インプレス
  • ひとつ上のアイディア。(同上)
  • ひとつ上のチーム。(同上)
  • 一語一絵(宣伝会議
  • 眞木準コピー新発売(六耀社
  • 例(れー)のない遠(とー)い国(TOTO出版)※トイレの絵本シリーズ

脚注[編集]

  1. ^ [1]「広告朝日」2009年10月28日
  2. ^ 眞木自身はこれを「ダジャレではなくオシャレ」と言っていた。

有名なキャッチコピー[編集]

  • トースト娘ができあがる。(全日空
  • タキシード・ボディ、流行。(同上)
  • でっかいどお。北海道。(同上)
  • 裸一貫、マックロネシア人。(同上)
  • おぉきぃなぁワッ。(同上)
  • 十歳にして愛を知った。(ライオン事務器・ライオンファイル)
  • うちの息子は厳父と岳父の違いも知らない、愚息だ。(同上)
  • 飲む時は、ただの人。(サントリーホワイト
  • あんたも発展途上人。(同上)
  • 都会でボケーション。(サントリー・カンパリソーダ)
  • 100円避暑地。(サントリー・マリンクラブ)
  • 私の主食は、レタスと恋とカンビールね。(サントリー・CANビール)
  • カンビールのおかわりと新しい恋は、お近くのあの人と。(同上)
  • カンビールの空カンと破れた恋は、お近くの屑カゴへ。(同上)
  • 働けば働くほどビールは、うまくなる。(サントリー・バドワイザー)
  • こんばん和。(サントリー・膳)
  • あとは待つ竹。(同上)
  • 夢国籍でいこう。(伊藤忠テクノサイエンス
  • イマ人を刺激する。(TDK・ビデオテープ)※アンディ・ウォーホルがCMに出演。
  • ボーヤハント。(日本ビクター・ムービー)
  • メリノはケケケの王様です。(国際羊毛事務局・ウールドレスシャツ)
  • 女性の前で、いきなりシャツ一枚になれますか。(同上)
  • ネクタイ労働は甘くない。(伊勢丹
  • ハッピーエンド始まる。(同上)
  • 運力が強い。(同上)
  • 幸服を買う。(同上)
  • 口笛でタクシーをとめる服。(同上)
  • グラマー民族の大移動。(同上)
  • ミニきませんか。(同上)
  • ワラワ、新しい古いタイプです。(同上)
  • ダイエットには、甘い恋を。(同上)
  • 恋が着せ、愛が脱がせる。(同上)
  • 恋を何年、休んでますか。(同上)※このコピーは2001年10月~12月にTBS系で放映されたドラマのタイトルにも採用されている。
  • 目を閉じても見える人。(同上)
  • 何人まで愛せるか。(同上)
  • 四十才は二度目のハタチ。(同上)
  • カワイアン・ガール。(同上)
  • ラガーを2つ買おう。(キリンビール
  • 湾岸スキーヤー、生まれる。(三井不動産SSAWS
  • 両輪で生きる。(HONDA
  • 恋愛仕様。(HONDA・S-MX
  • ホンダ買うボーイ。(HONDA・CR-V
  • 恋さえあれば、愛などいらない。(三陽商会・バーバリー)※吉川ひなのがイメージキャラクターをつとめた。
  • きょ年の服では、恋もできない。(同上)
  • 失恋は、何度やっても、やめられない。(同上)
  • 好き、という字は女の子。(同上)
  • ラブはラフに着る。(同上)
  • 二十世紀で最後の恋かも。(同上)
  • 就職は、結婚ではなく、恋愛です。(同上)
  • 結婚は、21世紀でいいわよ。(同上)
  • ワンモアビジン。(資生堂プラウディア
  • クーソーは頭のコヤシです。(ナムコ
  • クーソーしてから寝てください。(同上)

他多数。