チチ松村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チチ 松村(チチ まつむら、本名・松村 正秀(まつむら まさひで)、1954年9月6日 - )は、大阪府生まれで現在も大阪を拠点に活動するギタリスト、文筆家である。アコースティックギターデュオゴンチチ」のメンバー。大阪府立寝屋川高等学校卒業。

略歴[編集]

高校時代からギターを弾き始め、卒業後はアマチュアで関西を拠点としてソロ活動を行い、本名での音源もいくつか発表されている。ガス点検の仕事をしていたが、1978年に現在のマネージャーから同郷のゴンザレス三上(本名・三上雅彦)を紹介され、意気投合。共にギターユニット「ゴンチチ」を結成。現在も新作アルバムを発表するなど、精力的に活動を続けている。

自称「茶人」としても知られる。なおこの「茶人」は茶道とは無関係で、仲の良かった中島らもに「スゴイ変人」といわれたのに対し、松村特有の「風流な世界」を追求しているモノをアピールするため「茶人」と名乗った。

またクラゲをこよなく愛し、クラゲを飼育したり、クラゲ・グッズを集めるなど、独特な嗜好を持つ。キノコも好きである。

演奏に使用しているギターは、ほとんど「ゴミ」として捨てられていたものであり、今までに数十本も拾っているという。

また、ミュージックソー演奏も好きであり、都家歌六が会長の「日本のこぎり音楽協会」の会員でもある。

中島らもと大変、気が合い、中島の生前は、「らもチチ」というユニット名で、共同執筆や、ラジオ・テレビなどに出演をしていた。中島の小説『水に似た感情』には、松村がモデルの「ソトさん」というキャラクターが登場する。

国際ジャーナリストの小西克哉とは、中学の同級生。しかし小西はそのことにまったく気づいておらず、小西が司会をするTBSラジオの「ストリーム」で、「小西くん、久しぶりやね」と言ってサングラスをとるまでわからなかった。

友人と「話題になったとき」に備えて、地図帳(場所が話題になったときに備えて)とメジャー(長さが話題になったときに備えて)と分度器(角度が話題になったとき備えて)を常備している。

「旅ゆけ茶人」の記述によれば、パリのど真ん中でウンコを垂れたらしい。傑作「ふなのような女」の録音を翌日にひかえての珍事であった。

ソロCD[編集]

ソロでのラジオ出演[編集]

  • イエスタデイズ FM大阪 1989年
  • らもチチ魔界ツアーズ JFN系FM 1997年~2000年
  • らもチチ魔界クルーズ USEN 2001年~

ソロでのテレビ出演[編集]

著作[編集]

  • それゆけ茶人 1993/4
  • 私はクラゲになりたい 1993/12
  • 旅ゆけ茶人 1994/8
  • 松村クラゲくんの日常(下条ユリとの共著) 1995/10
  • ゴミを宝に! 1999/7
  • たゆたうクラゲ(中村庸夫との共著) 1997/7
  • 顔面採集帳 1998/7
  • 海月(ネイチャープロダクションPPS江の島水族館との共著) 1999/5
  • 緑の性格 2000/7
  • 盲目の音楽家を捜して 2001/3)
  • らもチチわたしの半生 青春篇(中島らもとの共著) 2001/12
  • らもチチわたしの半生 中年篇(中島らもとの共著) 2002/2
  • 毒のある本(中山泰との共著) 2003/1
  • MOOKきのこ2号(共著) 2006/5
  • MOOKきのこ3号(共著) 2006/7
  • MOOKきのこ4号(共著) 2006/8
  • MOOKきのこ5号(共著) 2006/11
  • MOOKきのこ6号(共著) 2006/12
  • CD絵本 セミトーン・ラブ(寺坂耕一との共著) 2007/5)

外部リンク[編集]