コンテンツにスキップ

山口真由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまぐち まゆ

山口 真由
生誕 (1983-07-06) 1983年7月6日(41歳)
日本の旗 日本 北海道札幌市
出身校 東京大学法学部卒業
ハーバード・ロー・スクール修了
東京大学大学院法学政治学研究科修了
職業 法学者
ニューヨーク州弁護士
信州大学特任教授
テンプレートを表示

山口 真由(やまぐち まゆ、1983年7月6日[1] - )は、日本法学者ニューヨーク州弁護士信州大学先鋭領域融合研究群次代クラスター研究センター社会基盤研究所特任教授[2][3][4]

学位博士(法学)東京大学2020年)。研究分野は英米法。元・財務官僚

来歴[編集]

整形外科開業医の父と内科の勤務医の母のもとに北海道札幌市で誕生[5]。1年後に妹も誕生し、姉となる(その妹は後年、美容皮膚科医となった[6])。

札幌市立真駒内中学校3年生の時に受験した全国模試で1位の成績を獲得し、その模試を主催する塾から東京の高校を受験しないかと勧められたことで筑波大学附属高等学校の受験を決意[7]。同高校進学後は、神奈川県横浜市に住んでいる父方の祖母の家から通学していた[7][8]

現役で東京大学文科一類に入学[9]法学部3年次で旧司法試験に合格し[10]、4年次で国家公務員I種試験(試験区分:法律)に21番で合格した[11]。東大在学中は全ての履修科目で「優」を獲得[10]。2006年3月に東京大学法学部首席で卒業[12]。「法学部における学業成績優秀者」として東京大学総長賞を受けた[13]。大学在学中に黒木瞳の娘の家庭教師を務めていたこともある[14]。また、高校時代はサッカー部のマネージャー、大学時代には男子ラクロス部のマネージャーを務めた[15][16]

2006年に東大法学部を卒業して財務省に入省し、主税局調査課に配属された[17]

2008年に財務省を退官。司法修習を経て、2009年に弁護士登録をして、長島・大野・常松法律事務所アソシエイト弁護士として勤務し、主に企業買収等企業法務を担当した。

2015年9月からハーバード大学ロースクールで学び、翌2016年8月にLL.M.学位アメリカ各州の司法試験受験要件)を取得した[18][19][20]。翌年の2017年6月にニューヨーク州弁護士登録。

日本でタレントとしてテレビ番組に出演しつつ(→#出演番組[21]、東京大学大学院で博士論文を執筆し、課程博士号を取得、研究者を目指した[22]。「家族法」が研究対象[20]。2017年より日米財団主催の日米リーダーシップ・プログラムの日本代表メンバー(任期2年)[23]

2020年4月、信州大学先鋭領域融合研究群社会基盤研究所特任准教授に就任。研究分野は英米法(家族法)[24]

2021年4月、信州大学先鋭領域融合研究群社会基盤研究所特任教授に就任[24]

Ena(予備校)の社外取締役を務める[25]

2023年4月24日、第1子の妊娠と、4月17日をもって産休に入ったことを報告した[26]。6月19日、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に復帰[27]。6月27日、第1子出産を所属事務所のホームページで報告した[27]

年譜[編集]

著作[編集]

  • 『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』(扶桑社、2014年1月)
  • 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』(PHP研究所、2014年7月)
  • 『図解版 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』(扶桑社、2014年8月)
  • 『エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。』(KADOKAWA/中経出版、2014年7月)
  • 『誰でもできるストーリー式記憶法』(KADOKAWA/角川書店、2014年9月)
  • 『東大首席弁護士が実践! 誰でもできる〈完全独学〉勉強術』(SBクリエイティブ、2014年12月)
  • 『東大首席弁護士が教える「ブレない」思考法』(PHP研究所、2015年3月)
  • 『20代、自分を助けてくれる言葉』(三笠書房、2015年6月)
  • 『努力が99%報われる25のヒント』(小学館、2015年6月)
  • 『いいエリート、わるいエリート』(新潮新書、2015年7月)
  • 『成功したければ日本型エリート思考』(扶桑社、2015年8月)
  • 『前に進むための読書論~東大首席弁護士の本棚~』(光文社、2016年7月)
  • 『ハーバードで喝采された日本の「強み」』(扶桑社、2017年2月)
  • 『リベラルという病』(新潮新書、2017年8月)
  • 『東大首席が教える「間違えない」思考法 人生の選択を左右する「俯瞰力」の磨き方』(PHP研究所、2017年12月)
  • 『東大首席・ハーバード卒NY州弁護士と母が教える 合格習慣55』(学研プラス、2018年5月)
  • 『東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践! 誰でもできる〈完全独学〉勉強術』(SBクリエイティブ、2018年10月)
  • 『思い通りに伝わるアウトプット術』(PHP研究所、2020年2月)
  • 『高学歴エリート女はダメですか』(幻冬舎、2020年8月)
  • 『「ふつうの家族」にさようなら』(KADOKAWA、2021年2月)
  • 『アメリカにおける第二の親の決定』(弘文堂、2022年3月)※東大博士論文を基にした書籍化
  • 『挫折からのキャリア論:レジリエントに生きる』(日経BP、2023年5月)

共著[編集]

出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b "恋愛偏差値がクソ低い先生". しくじり先生 俺みたいになるな!!. 29 July 2019. テレビ朝日系列
  2. ^ “山口真由 著者プロフィール”. 新潮社. http://www.shinchosha.co.jp/writer/5153/ 2018年4月11日閲覧。 
  3. ^ a b 山口 真由”. テイクシンクinc.. 2015年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月22日閲覧。
  4. ^ 山口 真由”. 株式会社ニュースピックス. 2021年10月3日閲覧。
  5. ^ 価格.com - 「あいつ今何してる? ~超名門・筑波大附属の奇才&武田真治の筋肉の原点(秘)人物~」2019年9月11日(水)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月9日閲覧。
  6. ^ 東大卒の才女・山口真由が、5年前の免許証を見て考えた「新しい老化」の捉え方(山口 真由)”. FRaU | 講談社. 2021年12月9日閲覧。
  7. ^ a b 山口真由さん 筑波大学附属高 塾行かず、参考書を100回読んだ|ハイスクールラプソディー|朝日新聞EduA”. www.asahi.com. 2021年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月9日閲覧。
  8. ^ 山口真由 - 人気コメンテーターが新刊エッセイで魅せた新たな感性。研究者としても新たな世界の扉を開き、人生をかけたテーマに挑む”. HIGHFLYERS. 2021年12月9日閲覧。
  9. ^ 山口 真由のプロフィール | 講演会の依頼・講師紹介ならノビテクビジネスタレント”. kouen-nobetech.jp. 2021年12月9日閲覧。
  10. ^ a b 山口真由プロフィール”. ELLE. 2022年10月1日閲覧。
  11. ^ 山口真由 東大「全優」で卒業も仕事ができず泥沼の日々 「満点の女、来ましたけど!」ーー。自信満々で財務省に入省するも、ミス連発/前編 キラキラに見える人生 実際は泥沼だった 日経WOMAN 2022.6.21
  12. ^ 明松結 (2015年7月25日). “勉強法がバカ売れの東大首席弁護士・山口真由はなぜイタいのか? 高学歴女子と疎外”. LITERA. 2021年10月2日閲覧。
  13. ^ a b 学生表彰「東京大学総長賞」歴代受賞者名・題目一覧” (PDF). 東京大学. 2022年10月1日閲覧。
  14. ^ 山口真由 黒木瞳の娘の家庭教師だった意外な過去「あのときの衝撃はいまでも」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 株式会社ニッポン放送 (2021年7月5日). 2021年7月8日閲覧。
  15. ^ 確実に勉強の成果を出す3つのコツ ダイヤモンド・オンライン 2017年1月18日
  16. ^ 【気になる人】美人弁護士としてTVにも出演、小学生時代のあだ名は「二宮金次郎」 山口真由さんの素顔”. ENCOUNT. 2022年2月17日閲覧。
  17. ^ a b 1年生インタビュー 財務省 2009年7月17日アーカイブ
  18. ^ 「東大首席の「法曹女子」 山口さんのスランプ克服法」 日本経済新聞電子版 2016/10/9
  19. ^ 「クロスボーダー取引のプロから学ぶ「実戦ビジネス交渉術」 - 日経ビジネススクール - 日本経済新聞」 日経ビジネススクール
  20. ^ a b 2020年4月18日放送の東京FMの番組「ドリームハート」における茂木健一郎氏との対談内容
  21. ^ 30代から新たな挑戦を
  22. ^ 「東大法でも揺らぐキャリア形成 首席女子も悩む処方箋」 日本経済新聞電子版2017/4/1
  23. ^ MEET THE 2017 DELEGATES”. 日米リーダーシップ・プログラム(USJLP). 2017年2月1日閲覧。
  24. ^ a b c d 信州大学先鋭領域融合研究群社会基盤研究所
  25. ^ 【TVCM公開中】「自宅ena」発進 Ena
  26. ^ 弁護士の山口真由氏「この度新しい命を授かりました」出産準備のため4月17日をもって産休報告”. 日刊スポーツ (2023年5月2日). 2023年5月2日閲覧。
  27. ^ a b “山口真由氏、第1子出産 4月に妊娠公表、19日にはテレ朝『モーニングショー』復帰”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2285052/full/ 2023年6月29日閲覧。 
  28. ^ 羽鳥慎一モーニングショー”. テレビ朝日. 2018年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]