木村盛世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きむら もりよ
木村 盛世
生誕 (1965-03-09) 1965年3月9日(56歳)
国籍日本の旗 日本
別名木村 もりよ
出身校筑波大学医学専門学群
ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院
職業医師
医学者
公式サイト木村盛世official web site
補足
名義表記で名を平仮名表記にして使用することもある[1][2][3]

木村 盛世(きむら もりよ、Moriyo KIMURA、1965年3月9日 - )は、日本の医師医学者。学位はMasterジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院1998年)。一般社団法人パブリックヘルス協議会代表理事。元厚生労働省 医系技官

来歴[編集]

1965年開業医の家に生まれる。1990年筑波大学医学専門学群 卒業。1998年ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院 疫学部修士課程 修了。

内科医として研修の後、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)多施設研究プロジェクトコーディネイターを経て、財団法人結核予防会に勤務。その後厚生労働省医系技官に採用、厚生労働省大臣官房、厚生労働省統計情報部人口動態・保健統計課疾病傷害死因分類調査室室長、同統計情報部訓令室長、東京検疫所東京国際空港検疫所支所で検疫医療専門職などを歴任した[4]

2014年7月15日に、厚生労働省へ辞表を提出。8月15日付で退官[5]し、医療法人財団綜友会 医学研究所所長に就任。以後、同研究所を退職し、一般社団法人パブリックヘルス協議会を立上げ、代表理事を務める。

人物[編集]

著書・マスメディア等で積極的に意見を発表している。2009年(平成21年)5月28日参議院予算委員会集中審議」において、厚生労働省技官でありながら平成21年のインフルエンザ対策への内部批判を行った。これらの歯に衣着せぬ発言により、メディアで注目された。ノンフィクション作家としても活動。

新型インフルエンザ対策を批判[編集]

著作[編集]

  • 『厚生労働省崩壊-「天然痘テロ」に日本が襲われる日』講談社、2009年
  • 『厚労省と新型インフルエンザ』講談社、2013年
  • 『辞めたいと思っているあなたへ』PHP研究所、2014年
  • 『厚労省が国民を危険にさらす』ダイヤモンド社、2015年
  • 『新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか』飛鳥新社、2021年
  • 『コロナ自粛の大罪』(共著)宝島社、2021年

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]