木村盛世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きむら もりよ
木村 盛世
生誕 (1965-03-09) 1965年3月9日(55歳)
国籍 日本の旗 日本
別名 木村 もりよ
出身校 筑波大学医学専門学群
ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部 修士課程修了
職業厚生労働省医系技官
医師
公式サイト https://sites.google.com/site/kimuramoriyo/

木村 盛世(きむら もりよ、1965年3月9日 - )は、日本の医師、元厚生労働省医系技官ノンフィクション作家である。名を平仮名表記した木村 もりよ名義を使用することもある[1][2][3]

来歴[編集]

1965年(昭和40年)、開業医の家に生まれる。1990年(平成2年)3月、筑波大学医学専門学群卒業。1998年(平成10年)、ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了。

内科医として研修の後、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)多施設研究プロジェクトコーディネイターを経て、財団法人結核予防会に勤務。その後厚生労働省医系技官に採用、厚生労働省大臣官房、厚生労働省統計情報部人口動態・保健統計課疾病傷害死因分類調査室室長、同統計情報部訓令室長、東京検疫所東京国際空港検疫所支所で検疫医療専門職などを歴任した[4]

2011年(平成23年)8月より病気休職[5]

2014年(平成26年)7月15日に、厚生労働省へ辞表を提出。8月15日付で退官[6]し、医療法人財団綜友会 医学研究所所長に就任。

2020年(令和2年)2月現在、医療法人財団綜友会には在籍していない。

人物[編集]

著書・マスメディア等で積極的に意見を発表している。2009年(平成21年)5月28日参議院予算委員会集中審議」において、厚生労働省技官でありながら平成21年のインフルエンザ対策への内部批判を行った。これらの歯に衣着せぬ発言により、メディアで注目された。ノンフィクション作家としても活動。

新型インフルエンザ対策を批判[編集]

新型コロナウルス対策について[編集]

木村氏は、新型コロナウイルス対策[9]について、自身のツイッターで以下の通り発信した。

最終的に新型インフルエンザより致死率が低くなるであろうと想定される感染症に対して、社会経済活動を止める合理的な理由が見つからない。今後、自殺だけでなく、餓死、孤独死も考えられる。中長期的に国をまもらないといけない。病気は新型コロナウイルスだけではない[10]。(2020年5月1日)

著作[編集]

  • 『厚生労働省崩壊』講談社
  • 『厚労省と新型インフルエンザ』講談社

番組出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木村もりよ | 著者ページ”. ダイヤモンド・オンライン. 2020年2月5日閲覧。
  2. ^ 木村 もりよ(きむら・もりよ、Moriyo Kimura, MD, MPH)”. M&A Online. 2020年2月5日閲覧。
  3. ^ 木村もりよ”. 戦略検討フォーラム. 2020年2月5日閲覧。
  4. ^ 木村盛世オフィシャルWEBサイト
  5. ^ 2011年8月1日 テレビ朝日 「ビートたけしのTVタックル」
  6. ^ 月刊・集中 医系技官・木村もりよ氏が厚労省を退官
  7. ^ 新型インフルエンザ、水際封じ込めはナンセンス
  8. ^ 第171回国会 予算委員会 第27号
  9. ^ 新型コロナウイルス感染症対策”. 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室. 2020年5月27日閲覧。
  10. ^ kimuramoriyo”. 2020年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]