鈴木章浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鈴木 章浩
すずき あきひろ
生年月日 (1962-08-21) 1962年8月21日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都大田区
出身校 青山学院大学法学部卒業
前職 光伸舎従業員[1]
所属政党 自由民主党
称号 法学士(青山学院大学)
公式サイト ゆるぎない信念が東京を変える! 鈴木あきひろオフィシャルサイト

選挙区 大田区選挙区
当選回数 4回
在任期間 2007年 - 現職

当選回数 2回
在任期間 1999年 - 2007年
テンプレートを表示

鈴木 章浩(すずき あきひろ、1962年8月21日[2] - )は、日本実業家政治家東京都議会議員(4期)、東京都議会総務委員会委員。選挙運動の際には鈴木 あきひろ(すずき あきひろ)名義も用いる。

東京都大田区議会議員(2期)、東京都大田区議会運営委員長、自由民主党大田区民連合政務調査会長、東京都議会財政委員長、東京都議会自由民主党政務調査会会長代行などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都大田区の新井宿地域(現在の大田区中央付近)出身[3]青山学院大学法学部に進学。大学在学中に父が他界し、家業のクリーニング店「光伸舎」に入社した[3][4]

大田区議会議員として[編集]

1999年、同じく新井宿地域を地盤としていた岩井久年の後継候補として、自由民主党公認で大田区議会議員選挙に立候補し[3]、新人議員としてはトップで初当選[3]2003年の大田区議会議員選挙では、全候補者中最多の得票数で再選した。

大田区議会においては、議会運営委員長、文教児童委員長、予算特別委員長、防災対策特別委員長、羽田空港対策特別委員長といった要職を歴任した[4][5]会派としては「自由民主党大田区民連合」に所属し、政務調査会長や副幹事長など、党の役職も歴任した[5]。在職中の海外視察において、提出した報告書の問題点が複数報じられたが、東京都議会議員選挙への立候補を表明した。

都議会議員として[編集]

2007年4月8日、第16回統一地方選挙に包括される形で施行された東京都議会議員補欠選挙にて、松原忠義(のちの東京都大田区長)の後継候補として大田区選挙区から立候補し[3]、初当選[6][7]2009年の東京都議会議員選挙で再選[3]2013年の東京都議会議員選挙ではトップで3選した[3]

東京都議会では、決算特別委員会理事、公営企業委員会理事などを経て、財政委員長を歴任した[5]後、総務委員会の副委員長を務めている。会派としては「東京都議会自由民主党」に所属し[8]、政務調査会の副会長を経て[5]、会長代行を務めるなど[9]、会派の役職も歴任した。

2014年6月23日、東京都議会における自らのセクハラ発言を認め、会派「東京都議会自由民主党」を離脱し、新たな会派「都議会再生」を結成した[10]。それにともない、東京都議会の総務委員会の副委員長も退任した(委員として留まる)。一方、議員辞職は否定している[11][12]。なお、会派は離脱したものの、自由民主党には対しては離党届は提出しておらず、党籍はそのままである。党からも離党勧告除籍等の処分は下されなかったため、現在も自由民主党の党員である。15年7月1日、「都議会再生」を解消し自民党に復帰[13]

2017年東京都議会議員選挙では最下位当選である8位に滑り込み4選[14]。会派の政務調査会長に就任した[15]

政策[編集]

主要な政策
自らの政策として、零細企業支援、脱原発、防災対策推進などの10箇条を掲げている[16]
領土問題
東京都知事石原慎太郎により、東京都尖閣諸島を購入する構想が発表されると、この計画に賛同を表明した[17]
政治力
週刊文春によると、東京都議会議員として有力な政治家の一人であった。所属会派「東京都議会自由民主党議員団」では、要職を歴任した[5]。強固な支持層を持ち、支援者には地元の会社役員らが多いとされている[18]。かつて自身の政治資金パーティーを開催した際には、パーティー券を5000円で販売したところ、参加者が1000名を超えたといわれている[18]。この政治資金パーティーについては「都議クラスであれだけ人が集まることは稀」[18]と評されている。

不祥事[編集]

海外視察報告書に大学教員の講演要旨を丸写し
2005年、大田区議会議員としての行政視察のため公費でヨーロッパなどを歴訪した。しかし、帰国後に提出した海外視察の報告書が、千葉県のホームページに掲載された[19]早稲田大学名誉教授濱田泰三の講演要旨からの丸写しだったことが発覚した[20]。これを受け、大田区議会では日本共産党大田区議会議員団が「盗用の疑いが濃厚」[20]だと指摘し、議長に対して事実解明を要請する申立書を提出する事態に発展した[20]日本テレビ放送網は、双方の差分を比較したうえで、「両者を並べ、表現が一致する部分に色をつけてみると、文章の大半が同じ」[21]だったと報じている。
この問題が発覚した当初、鈴木は「何か俺が世間に迷惑をかけましたか?」と開き直っていた[22]。しかし、この問題が大騒ぎになったことから、慌てて濱田に連絡を取った[18]。鈴木は2年にわたって剽窃したことを黙っていたことになるが、濱田は「どうぞ使ってください」[18]との温かい言葉をかけ、鈴木の剽窃行為を赦した。しかし、この濱田の温情を逆手に取り、鈴木は「事後承諾を取ったので何の問題もない」[18]などと開き直ったため物議を醸した。その後、鈴木は「軽率だった」[21]と釈明し、丸写しだったことを認めたものの、マスコミの取材に対し「この文章は引用しましたよ、インターネットを調べて」[21]「確かに『一字一句同じだろ』と言われれば、確かに引用しているのは引用しているんだから、似ている部分はあるけれども、私の視察の報告書の目的としては、視察を通して私が区政にどういう風に生かせるのかという話をきちっと書いている」[21]などと主張した。
海外視察報告書にウィキペディアを丸写し
2006年10月26日から11月2日にかけて、大田区議会議員としての親善訪問・行政視察のため公費でアメリカ合衆国マサチューセッツ州などを歴訪した[23]。しかし、帰国後に提出した海外視察の報告書[24]のうち自身の感想の3行を除いた95行がウィキペディアの「ボストン美術館」の項目からの丸写しだったことが発覚した[23]
この問題が発覚すると、鈴木は「視察報告書は様式が決まっていないから、引用の注釈をつけなくてもいい」[18]などと自説を展開し、出典を明記しないで丸写しする剽窃行為を正当化したため、物議を醸した。この騒動は『産経新聞』など全国紙でも大きく報道されたことから、多くの地方議会において一般的となっていた海外視察が見直される契機となった[要出典]
セクハラヤジ騒動
詳細は「東京都議会やじ問題」を参照

騒動[編集]

尖閣諸島魚釣島上陸
2012年に一部の東京都議会議員らが尖閣諸島を洋上視察したことをきっかけに、鈴木も尖閣諸島への視察を企図するようになった[25]。洋上視察した東京都議会議員のなかに、大田区選挙区で鈴木としのぎを削る田中健がいたため、「それに触発された」ため[要高次出典]だと指摘されている[25]
同年8月上陸が禁止されている魚釣島頑張れ日本!全国行動委員会水島総が上陸したのに続く形で鈴木も上陸[26][27]。その後八重山警察署による任意の事情聴取に応じるも[26]、取調調書は作成されず、軽犯罪法違反での立件は見送られている[26]。なお、鈴木によれば、八重山警察署の捜査員からは「取り調べではないといわれた」[26]としている。

発言[編集]

選挙演説
演説の際には、自身の名前「章浩」を英語の「hero」になぞらえて「ヒーロー、ヒーロー、鈴木あきひーろーでございます」[25]と自己紹介するなど、「ヒーロー、ヒーロー、鈴木あきひーろー」をキャッチコピーのように用いていた。
猪瀬直樹の5000万円借り入れ問題
2013年東京都知事猪瀬直樹徳田虎雄から5000万円を借り入れていた問題が発覚した。同年12月16日、東京都議会総務委員会にてこの問題が取り上げられ、猪瀬は5000万円を自宅に持ち帰る際に使ったと称し、を資料として提出した[28]。しかし、質問者である長橋桂一が5000万円分の札束模型を鞄に入れようとしたところ、全く入らなかったため「中に仕切りがあって入らない」[29]と指摘した。それに対し、猪瀬は「入る。そのまま押し込んで」[29]などと強弁しながら自ら模型を押し込んだが、鞄のファスナーが全く閉まらない状態となった[29]。委員会室は「入らないじゃないか」[30]などと怒号が飛び交う事態となり、審議は立ち往生した。このとき、質問者でないにもかかわらず「入らないじゃないか」[30]などと野次を飛ばしていたのは鈴木である[30]
セクハラヤジ騒動
2014年6月18日、東京都議会本会議で晩婚化の支援策について質問していた塩村文夏(みんなの党)に対し、男性議員から性的な嫌がらせを含んだヤジが浴びせられ、塩村がこれに反発してみんなの党として発言者の特定と議員辞職を求める騒動が起こった[31]。鈴木は発言者でないかと疑われたが、「私はない。寝耳に水でびっくりしている」と否定し[17][32]、野次の内容に対して「品のないヤジは良くない。同じことが起きないようにしないといけない」[32]と強く批判、「女性の心を傷つけたのは、重く受け止めるべきだ」と苦言を呈した[32]。この野次について都議会には抗議が殺到し[31]、海外メディアでも取り上げられるなど次第に世間の注目を浴びるようになり、自民党幹部らから発言者は自ら名乗り出るよう求める声が出始めた。鈴木は報道陣に対して23日朝まではヤジへの関与を否定していたが[33]、同日午後に都議会自民党は鈴木がヤジの発言者だったと発表し、鈴木は自ら会派の離脱を申し出て都議会自民党はこれを認めた[33]。同日、鈴木は塩村に直接面会して謝罪したが、議員としては続投する意思を示した[34]。また、議場では『自分が産んでから』とのヤジもあったといい[35]テレビ朝日などの調査により確認された[36]

月刊誌正論 (雑誌)2014年9月号の座談会「『早く結婚しろよ』批判報道が封殺したもの──ヒステリックなセクハラ決めつけは少子化日本の重要な問題を見失わないか」と称する座談会に八木秀次 (法学者)細川珠生とともに登場している。塩村文夏都議(みんなの党)に対して「政治家として少子化対策を訴えるならまずご自分が結婚されて、その経験をもとに語るべきではないか」と発言している。[37][38]

人物[編集]

趣味・特技
中学生高校生時代はサッカー部に所属していた[18]
信仰
父の代からの立正佼成会信徒である[18]。立正佼成会の大田区教会では青年部の部長に就任するなど[18]、会の活動に積極的に参加した。

略歴[編集]

所属議員連盟・団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式ウェブサイト]の経歴・職歴
  2. ^ 東京都議会議員 鈴木章浩 プロフィール”. 2014年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 「プロフィール」『ゆるぎない信念が東京を変える!|鈴木あきひろオフィシャルサイト』鈴木あきひろ事務所。
  4. ^ a b 鈴木章浩 プロフィール”. 2013年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e 「議会歴」『ゆるぎない信念が東京を変える!|鈴木あきひろオフィシャルサイト』鈴木あきひろ事務所。
  6. ^ 東京都議会議員補欠選挙【大田区選挙区】 (PDF) 東京都選挙管理委員会 選挙結果 2007年4月8日
  7. ^ 議員名簿 > 鈴木章浩 東京都議会
  8. ^ 東京都議会自由民主党2014年3月17日
  9. ^ 都議会:ヤジは鈴木章浩・自民都議 認めて会派を離脱へ 毎日新聞 2014年6月23日閲覧
  10. ^ 自民会派離脱の鈴木都議、新会派は「都議会再生」 J-cast News 2014年6月24閲覧
  11. ^ 「セクハラやじの自民・鈴木章浩都議、会派を離脱」、産経新聞、2014年6月23日
  12. ^ 「『結婚しろ』ヤジの鈴木都議はセクハラ大魔王だった」東京スポーツ新聞 2014年6月25日
  13. ^ 鈴木章浩都議が自民会派に復帰 議会で女性蔑視やじ 東京新聞2015年7月1日
  14. ^ ヤジでみんなの党女性都議に謝罪した鈴木章浩・自民都議がかろうじて当選産経新聞2017年7月3日付
  15. ^ 東京都議会自由民主党会派役員
  16. ^ 鈴木章浩 政策の10か条”. 2013年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。
  17. ^ a b 都議会:「品のないヤジよくない」一転認めた鈴木章浩都議”. 2014年6月23日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j 「セクハラやじ都議会犯人の下劣――鈴木章浩51歳自民都議」『週刊文春』56巻26号、文藝春秋2014年7月3日、26頁。
  19. ^ 自民区議が報告書盗用? 千葉県HPから丸写し 東京・大田 1人80万円海外視察 共産党区議団 究明求める
  20. ^ a b c 東京新聞中日新聞東京本社2007年3月21日
  21. ^ a b c d 「東京・大田区議――海外視察報告書で無断引用」『東京・大田区議 海外視察報告書で無断引用 | 日テレNEWS24日本テレビ放送網2007年3月21日
  22. ^ コピペ謝罪の過去も セクハラやじ鈴木都議の開き直り人生日刊ゲンダイ 2014年6月24日
  23. ^ a b しんぶん赤旗海外視察報告また丸写し 東京・大田 無断引用「反省」の自民区議 今度はネット事典から 民主党区議も2007年3月30日
  24. ^ 鈴木章浩「ボストン美術館」『おおた区議会年報』平成18年版、大田区議会2007年2月、65-67頁。
  25. ^ a b c 「セクハラやじ都議会犯人の下劣――鈴木章浩51歳自民都議」『週刊文春』56巻26号、文藝春秋2014年7月3日、27頁。
  26. ^ a b c d 共同通信「尖閣上陸で立件見送りへ――沖縄県警」『尖閣上陸で立件見送りへ 沖縄県警 - 47NEWS(よんななニュース)全国新聞ネット2012年8月20日
  27. ^ 女性議員へのやじ、自民都議が謝罪―過去には尖閣上陸も、The Wall Street Journal、2014年6月23日
  28. ^ 「貸金庫めぐり『妻が』連発――『秘書の記憶違い』で返金日訂正――カバンファスナー閉まらず…主な都議会質疑」『【猪瀬知事5000万円受領問題】貸金庫めぐり「妻が」連発 「秘書の記憶違い」で返金日訂正 カバンファスナー閉まらず…主な都議会質疑+(1/3ページ) - MSN産経ニュース産経デジタル2013年12月17日
  29. ^ a b c 「貸金庫めぐり『妻が』連発――『秘書の記憶違い』で返金日訂正――カバンファスナー閉まらず…主な都議会質疑」『【猪瀬知事5000万円受領問題】貸金庫めぐり「妻が」連発 「秘書の記憶違い」で返金日訂正 カバンファスナー閉まらず…主な都議会質疑+(3/3ページ) - MSN産経ニュース産経デジタル2013年12月17日
  30. ^ a b c 「セクハラやじ都議会犯人の下劣――鈴木章浩51歳自民都議」『週刊文春』56巻26号、文藝春秋2014年7月3日、24頁。
  31. ^ a b ヤジ都議認定へ声紋分析 辞職も要求へ”. 2014年6月23日閲覧。
  32. ^ a b c 竹内良和「都議会:『品のないヤジよくない』一転認めた鈴木章浩都議」『都議会:「品のないヤジよくない」一転認めた鈴木章浩都議 - 毎日新聞毎日新聞社2014年6月23日
  33. ^ a b セクハラやじ問題、自民・鈴木章浩都議が認める 「産めないのか」は否定”. 2014年6月23日閲覧。
  34. ^ 鈴木章浩都議が“セクハラ”やじ認め謝罪”. 2014年6月23日閲覧。
  35. ^ セクハラヤジ、鈴木都議以外はお咎めなし? 塩村文夏議員「うやむやにしてはいけない」j-cast 2014年6月23日
  36. ^ 複数都議がヤジ 議場の音声分析「自分が産んでから」も朝日新聞 2014年6月27日
  37. ^ 35歳は仕事より出産しろ!? 野島都議だけじゃないセクハラヤジ擁護論LITERA 2014年9月18日
  38. ^ 都議会ヤジ“張本人”も登場 「早く結婚しろよ」批判報道が封殺したことMSN産経ニュース 2014年8月13日
  39. ^ 「日本最大の右派組織 日本会議を検証」、東京新聞 2014年7月31日
  40. ^ 「真価を問われる公明党(3)――国会議員の約4割が参加する神政連とは何か?」、WEB RONZA 2014年7月1日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]