黒川敦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くろかわ あつひこ
黒川 敦彦
生誕 (1978-09-06) 1978年9月6日(40歳)
日本の旗 日本 愛媛県今治市
出身校 大阪大学工学部卒業
職業 実業家、市民団体代表
配偶者 黒川美樹(今治市会議員)

黒川 敦彦(くろかわ あつひこ、1978年昭和53年〉9月6日[1] - )は日本の実業家、政治活動家。市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表。

経歴・人物[編集]

1978年9月6日愛媛県今治市に生まれる。

大阪大学に進学し、大学では工学部に所属した。 大学卒業後の2001年4月、就職せず学生時代から関わりのあった大阪大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL、現大阪大学産学共創本部)の研究員に就任し、2004年3月まで在籍した[2]。また同時期、大阪TLOのコーディネーターを兼任した。

企業設立の支援事業などに取り組み、2003年から独立し会社を立ち上げる。 2003年4月、大阪大学フロンティア研究機構アシスタント・プログラム・フィクサーに就任し、同年9月まで務める。 同年11月、株式会社アイキャットの代表取締役に就任。その後、2004年9月にアイキャットの非常勤取締役に退き、新たに株式会社サインポストの代表取締役に就任した。なお、2018年現在、黒川自身はサインポスト・アイキャットの経営には携わっていない[3]

2011年春、今治に帰郷し、農業と地域振興事業に取り組む。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙山口県第4区から出馬するも、落選[4]

政治活動[編集]

自由党所属の参議院議員山本太郎を支持しており、黒川が第48回衆議院議員総選挙にて街頭演説を行った際、山本が応援弁士として駆けつけた[5]

選挙妨害疑惑[編集]

2017年10月17日夜、山口県下関市の公民館にて、安倍昭恵総理夫人の個人演説会が開かれた。その公民館前に立候補していた黒川が現れ、森友・加計学園問題を追及する演説を行った。出席した男性は「外の演説が大きくて、会場の中でも声を張り上げないと聞こえないくらいだった」と語った。同19日に開かれた安倍陣営の総決起大会でも、同様の行為が繰り返された。黒川は会場入り口に選挙カーを止め、「安倍首相のお友達を優遇する政治が許せない!」と演説し、他にも演説会場周辺を選挙カーで回るなど、少なくとも4カ所の安倍陣営の個人演説会の付近に姿を見せた。同陣営によると、選挙カーがすれ違う度に「モリカケの証人喚問はどうするのか!」など、マイクで大声を浴びせられたという。 これに対し黒川は「街頭で選挙運動をするのに問題はなく、安倍氏の支持者に訴えたかっただけ」だとし、問題はないと主張した[6][7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]