スーパークレイジー君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパークレイジー君
すーぱーくれいじーくん
西本 誠(にしもと まこと)
2022年宮崎市内にて
生年月日 (1986-08-14) 1986年8月14日(37歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県宮崎市
出身校 宮崎市立宮崎西中学校卒業
日本大学通信教育部法学部政治経済学科在学中
前職 歌手
飲食業
映画制作会社員[1]
所属政党 スーパークレイジー君[注釈 1]
配偶者 あり

当選回数 1回
在任期間 2023年4月30日 - 2024年2月22日

当選回数 1回[注釈 2]
在任期間 2021年2月6日 - 2022年3月4日
テンプレートを表示
スーパークレイジー君
出生名 西本 誠
生誕 (1986-08-14) 1986年8月14日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 宮崎県宮崎市
職業 歌手
活動期間 2019年 -
レーベル Super Crazy Kun

スーパークレイジー君(スーパークレイジーくん、本名:西本 誠〈にしもと まこと〉[2]1986年昭和61年〉8月14日 - )は、日本政治家歌手YouTuber。2021年の戸田市議会議員選挙で初当選するも当選無効が確定[3]。2023年に宮崎市議会議員に当選するも、不同意性交致傷の罪で起訴され、2024年に辞職した[4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

宮崎県宮崎市出身[5]。父親は元暴力団構成員[6][7]。1歳の時に母親が家を出て、その後、父親のパートナーが次々に代わり、主に祖母に育てられた[5]

中学3年の時に暴走族のメンバーになり[5]、3度の暴走行為(共同危険行為)で合計5年間少年院に入っていた。3度目の収容中に祖母の死に目に会えなかったことにより改心する[5]宮崎市立宮崎西中学校卒業[8]。21歳で上京し[5]、クラブ従業員や介護職員を経験[9][10]

2020年東京都知事選挙[編集]

2020年令和2年)6月18日告示の東京都知事選挙に「スーパークレイジー君」の通称で立候補を届け出た。

しかし、東京都選挙管理委員会がその通称の使用を認めなかったため、本名の「西本誠」名義で政治団体「スーパークレイジー君」党首の肩書により出馬した[11]

開票の結果、22人の候補者中10番目の11,887票となり落選した。また、その供託金は没収となった。

2020年つくば市議会議員選挙[編集]

2020年(令和2年)10月18日告示のつくば市議会議員選挙(定数28)にて、自身の政治団体「スーパークレイジー君」党公認で新人・福田恵を擁立したが、候補者41人中40位で落選した[12][13]

2021年戸田市議会議員選挙[編集]

友人や親戚は戸田市に住んでいて、西本は彼らに会う為に埼玉県戸田市によく行き来していた。そんな中、翌年に戸田市の市議会議員選挙があることを知り、2020年(令和2年)9月末に西本誠は戸田市に転居した[11][14]

2021年(令和3年)1月24日告示の戸田市議会議員選挙に立候補した。戸田市選挙管理委員会(以下、市選管と略す)は、東京都知事選挙以降に西本誠がYouTubeでの動画配信などを通じて「スーパークレイジー君」の名称での活動が広く周知されているとして、西本誠の通称の使用を認める決定を行った[11]

1月31日に即日投開票の結果、26の定数に36人の候補者が争う中、25番目の912票を獲得して戸田市議会議員に初当選した[15]公明党日本共産党は票割りを仕損ない、前者は議席を5から4へ(1人は最下位当選者より約14票差の次点落選)、後者は議席を4から3へ、それぞれ1つ減らした[9][16][17]

市議当選後[編集]

2月1日、戸田市役所で当選証書を受け取り、「スーパークレイジー君」という名前で議会活動を行うため、市議長宛てに通称使用届を提出した。「君」も含めた通称、議員名であるため、議会では「スーパークレイジー君議員」と呼称されることとなった[18]

2月4日深夜、市選管の事務局長である男性職員に呼び出され[19]公職選挙法で立候補者の要件と定められている「選挙区内での3か月以上の居住実態」に関して説明を受けた。このとき、事務局長とスーパークレイジー君の間では居住実態に関連するやりとりが行われ、スーパークレイジー君は男性職員から「戸田市議会議員の辞職を勧められた」とネットに明かした[20][21]

2月4日午後11時頃、男性職員が話の内容に不明瞭な点があったとして、戸田市立戸田東小学校の正門前にスーパークレイジー君を呼び出し、翌日午前1時頃までにかけて、「仮に居住実態に疑義が生じる場合は、当選を辞退するのも一つの選択肢だ」「今すぐ辞職して、ごめんなさいと言うのが一番。あなたの株が上がる」と諭した[21][22][23]

2月6日、戸田市議会議員に就任[24]

2月8日、本会議出席のため戸田市役所に初登庁。この日、通称使用が認められた[25]

2月15日、戸田市民から、「スーパークレイジー君は公職選挙法で定める選挙区内での3か月以上の居住実態がない」と訴える異議申出が市選管に提出された[25]

2月16日、市選管は、上記異議申出を同日付で受理したと発表。スーパークレイジー君は新聞の取材に「2020年9月末には戸田市内のアパートに入居し、居住実態はある」と答えた[14]

2月17日、市選管の駒崎恭子委員長は「事務局長の言動は誤解を招くものであり、不適切であったと考えている」との文書を発表[26]

2月18日、戸田市は事務局長を同日付で戸田市立市民医療センターの次長に異動したと発表。後任には総務部次長が就くこととなった[27]菅原文仁市長は市選管事務局長の対応について「不適切なものであり、遺憾に思っております」とコメントを発表[28]

2月18日夜、川口市役所で会見を開き、「居住実態はあり、光熱費の領収書も保管している」と改めて表明したうえで、「(事務局長の身辺を調べると)ある宗教の関係者だと聞き、本人にも問いただした」と述べた[29][30]

3月26日、戸田市は前市選管の事務局長の男性職員を停職1カ月の懲戒処分にしたことを発表した。処分は同日付[31]。今回の処分理由について戸田市は「公務に対する信頼を著しく傷つけた」、「当選人に対し、不適切な言動をし、公務の運営に重大な支障を生じさせた」とした。一方、スーパークレイジー君は「前事務局長には選挙前までは色々と教えてもらいお世話になっていたので複雑な気持ちです」と話した[32]

当選無効[編集]

4月9日、市選管がスーパークレイジー君の市議会議員当選を無効とする決定をした。

市選管はスーパークレイジー君の戸田市での居住実態がないと判断した理由として、西本誠が住民票を移した先の賃貸アパートが他人名義のままだったこと、郵便物の多くが本人(西本誠)に届かなかったこと、アパート周辺の住民5人に聞き取りをした結果、誰も西本誠を見ていないこと、西本誠の居住実績を証明する領収書などの提出も不十分だったこと、旧住所の電気などの契約名義を変えておらず、西本誠の妻子も旧住所で暮らしていたこと、などを挙げた。

一方のスーパークレイジー君側は「選管から、アパートの名義人が違っても立候補できると聞いていた」「確定申告の時期に重なり、レシートは税理士に渡してしまった」「妻子が暮らす都内の家に行くことはあったが、寝泊まりは戸田市でしている」と主張し、市選管と争う意向を示した[33][34][35]

4月13日、自身の当選を無効にした市選管の決定を不服とし、埼玉県選挙管理委員会に審査を申し立てた[5][36][37]

7月12日、埼玉県選挙管理委員会が前述の審査申し立てを同月9日の裁決により棄却したことが明らかになった。同日開かれた記者会見において、裁決の取り消しを求めて東京高裁に提訴すると発表した[38][39]

10月15日、東京高裁は、前述の裁決の取り消しを求めた訴訟で、スーパークレイジー君の請求を棄却した。判決は、スーパークレイジー君が戸田市内の銀行でATMを使用したと説明したのにもかかわらずその事実がなかったこと、市内の居住地で食事を電子レンジで温めたと話したのに、電子レンジがあったかどうか覚えていないと語ったこと、などから戸田市での居住実態が無かったと判断した[40][41]

10月15日、最高裁に上告することを明かした[42]

12月24日、市議選の当選無効が確定した場合、第26回参議院議員通常選挙全国比例区への立候補を検討すると表明した[43]

2022年3月4日、最高裁が上告を棄却し、スーパークレイジー君の当選無効が確定した。スーパークレイジー君側は「3ヶ月以上の居住が被選挙権の要件だとする公選法の規定は憲法違反」などと主張したが、法廷で「過去の判例に照らして違憲でないのは明らかだ」と指摘された[3][44]。一方、スーパークレイジー君の当選無効、議員失職によって、戸田市議会議員選挙で次点だった公明党の候補が繰り上げ当選となった[45][46]

2022年戸田市長選挙[編集]

2022年3月13日告示の戸田市長選挙に立候補を届け出た。3月7日、Twitterで「市長選が無投票になるのならば擁立を考えている。選挙が行われないということは良くない」とする一方、自身の立候補については「夏の参院選比例区の事もあり勝手な行動はできない」と述べていた[47]

同月20日の開票の結果、現職(当時)の菅原文仁に大差で敗れ落選した(菅原文仁:37,092票、スーパークレイジー君:2,529票)[48][49]。また、スーパークレイジー君の票数が有効投票総数の10分の1に満たなかったため、供託金は没収となった。

日本大学通信教育部に入学[編集]

2021年11月、高等学校卒業程度認定試験を受験し、不合格となった[50]。2022年3月に認定試験に再挑戦し、合格したことをSNSで報告した[51]

2022年4月、日本大学通信教育部法学部政治経済学科に入学した[52]

戸田市長選落選後のインタビューでは、2022年夏の参院選への出馬の意向を示した[53]が、2022年6月1日までに不出馬を表明した[54]

2022年宮崎県知事選挙[編集]

2022年4月、宮崎市議会議員選挙(2023年4月実施予定)への出馬準備のため、地元宮崎市に住民票を移した[55]

10月31日、東京スポーツの取材に応じ、12月25日実施予定の宮崎県知事選挙への出馬意向を示した[56]。11月16日に開いた会見で、西本誠は正式に立候補を発表した[57][58][59]

県知事選挙の開票の結果、7679票で落選した。また、供託金は没収となった。

2023年宮崎市議会選挙[編集]

2023年1月4日、自身のTwitterにて宮崎市議会議員選挙(定数40人)に立候補することを表明した[60][61]

2023年4月23日の選挙の投開票の結果、候補者61人中2位となる4,195票を得て、上位で市議会議員に初当選した[62][63]

性的暴行事件[編集]

2023年9月3日午前4時ごろ、妻の働くキャバクラの同僚である30代女性を宮崎市内のラブホテルに無理やり連れ込んで性的暴行を加えるなどして全身打撲など約1週間のけがを負わせた疑いが持たれている[64]。9月4日、女性は被害届を提出。9月6日、宮崎県警察不同意性交等致傷容疑でスーパークレイジー君を逮捕した[65][66]

9月7日、接見した弁護士によると容疑を否認し、深く落ち込んでおり、有権者や支援者に「本当に申し訳ない」と謝罪をしているという[67]。取材に応じた妻は、夫の身の潔白を訴えている[64]

9月11日、宮崎市議会では議員からスーパークレイジー君に対する辞職勧告決議案が提出され、採決の結果、全会一致で辞職勧告決議案が可決された[68]。弁護士によると、スーパークレイジー君は事実関係を争っているため、自身の議員辞職はしないとする意向を示したという[69]

9月13日、宮崎日日新聞は、捜査関係者への取材で事件当時のスーパークレイジー君が宿泊施設に女性を連れ込む様子が防犯カメラに映っていたこと、スーパークレイジー君が女性の腕をつかんだり、女性が抵抗したりする様子が防犯カメラに映っていたこと、2人が宿泊施設にいた時間は25分程度だったこと、を報じた[70]

9月27日、宮崎地方検察庁は西本を不同意性交等致傷の罪で起訴した[71][72]。同日、スーパークレイジー君と接見後に宮崎市役所で記者会見した弁護士は、スーパークレイジー君が起訴内容を概ね認めていると明らかにした。一方で「強い暴力を振るっておらず、着衣も脱がせていない」とし、公判ではより刑の軽い不同意わいせつ罪の適用を求めるとした[73][74]

11月27日、宮崎市議会は西本の長期拘留を受け、市議が逮捕や勾留された場合、拘束が解かれる日まで支給を停止する新規定などを盛り込んだ議員報酬に関する改正条例を全会一致で可決した。有罪になれば支給せず、不起訴や無罪判決が確定した場合は、停止期間分の報酬を後日改めて支給すると定めた[75]

12月26日、宮崎地方裁判所はスーパークレイジー君の保釈を認める決定を出した。保釈保証金を即日納付し、同日、勾留先の宮崎刑務所から保釈された[76]。保釈後、報道陣に「申し訳ありませんでした」と述べて土下座した[77]

2024年2月22日、前本尚登議長はスーパークレイジー君の辞職願を許可した[4]

政策[編集]

  • 都知事選出馬時は「風営法の緩和」「待機児童ゼロ」「ペットの殺処分ゼロ」などの公約を掲げ、「お年寄りばかりが投票して、政治家が年齢層の高い人にしか公約をアピールしていない」「政治は興味ない。投票所が目の前にあっても行かない。(そんな)眠っている東京の若者は400万人~600万人いると言われている」と若者の政治参加を求めていた[78]
  • 戸田市議選においては「教育格差是正」「市内のバリアフリー化促進」「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中小企業への支援拡充」などの公約を掲げた[9]

人物[編集]

自身について2020年、東京都知事選挙後の対談で「普段は銀座クラブで働いている。もともとは自分の店をやっていたが失敗して、その後は他の店で雇われ社長になった。自分の連れてきたキャスト達の売り上げがあるので出勤しなくても月120万円くらいが固定で入っていたが、今はコロナで状況が変わって月15万円くらいです」と述べていた[6]

政治活動[編集]

政治活動を始める前年にインディーズレーベル「Super Crazy Kun」より配信限定シングル「てんてんむし」で歌手デビュー。2020年の東京都知事選挙では、テーマソング「百合子か、俺か」を発表し[79]渋谷駅前の街頭演説特攻服を着て踊るなどしたパフォーマンスで話題になった[6]

都知事選出馬の動機は「売名のつもりだった。軽いノリだった」というが、選挙戦で訴えを繰り広げることの面白さにのめり込み、親族や親友が住んでいた埼玉県戸田市で市議選が行われることを知り、2020年秋頃から地固めを始めた[9]。戸田市議会議員選挙では、金髪、特攻服姿で街頭演説に臨むスタイルは都知事選の際と同じだったが、主張を真剣に聞いてもらいたいという思いから、ダンスパフォーマンスは選挙戦最終日を除いて封印した[9]

戸田市議に当選した際には、「異色の市議誕生」とメディアの取材が殺到し、連日テレビにも出演。"新たな市の顔"、"広報大使"などと紹介された[10]。市議会当選後は髪を黒に染め直しているほか、登院時は特攻服の着用が認められなかったためスーツで議員活動を行っている。特攻服を着ないというわけではなく、イベント出演など「時と場合によって使い分けたい」としている[80]

国政への意欲があり「親はヤクザ少年院に5年、逮捕歴8回の自分が国政に行った方が東大出身の政治家より政治を身近に感じられると思う」と述べている[6]

親族[編集]

妻、息子がいる[81]。2021年、妻についてスーパークレイジー君はTwitterで「今年晴れて女性刑務官として国家公務員試験に合格し、勤務が決まっている」とコメントしている[82]。2023年9月、『週刊文春』の取材に応じた妻は自身について「夫の選挙の3カ月前、2023年1月に宮崎に引っ越し、キャバクラで働き始めた」と述べている[64]

「暴走族やってたとか、逮捕歴があるとか、全身に刺青が入っていること」などについては妻の家族には黙っていたが、メディアへの露出も増え、「バレることになった」という[6]

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット配信[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • てんてんむし(2019年6月15日)
  • さまーびっち(2019年8月11日)
  • しぇいしぇい(2019年10月4日)
  • CRAZY SEX(2020年1月16日)
  • 嘘つき女(2020年4月4日)
  • 百合子か、俺か。(2020年6月18日)
  • てんてんむし(サビ)(2020年7月10日)
  • やばたにえん(2020年7月27日)
  • てんてんむしキッズ(2020年8月3日)
  • ぶんぶんぶん(2020年9月16日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「スーパークレイジー君」という名称の政治団体である。
  2. ^ 当選無効に伴い、当選した事実が取り消されたため、法律上は元議員としては扱われないが便宜上記載。

出典[編集]

  1. ^ “開票速報|2020都知事選(東京都知事選挙)”. 朝日新聞. (2020年7月6日). https://www.asahi.com/senkyo/tochijisen/2020/kaihyo/?name=9nishimoto-makoto 
  2. ^ “スーパークレイジー君「やれるところまで戦う」棄却決定取り消し求め提訴へ”. 日刊スポーツ. (2021年7月12日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202107120000325.html 
  3. ^ a b 戸田市議の「スーパークレイジー君」の上告退ける 最高裁 当選無効確定へJNN
  4. ^ a b 石川雅彦 (2024年2月22日). “「スーパークレイジー君」宮崎市議を辞職 不同意性交致傷罪で起訴”. 朝日新聞. 2024年2月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f スーパークレイジー君 独占取材 「3カ月の居住実態なく当選無効」決めた市選管とは「徹底的に闘う」”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年4月15日). 2023年9月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e ヤナカリュウイチ (2020年7月18日). “都知事選で注目のスーパークレイジー君を直撃「少年院に5年」の意外な素顔”. bizSPA! (扶桑社). https://bizspa.jp/post-334440/ 
  7. ^ スーパークレイジー君 Twitter 2021年2月17日 午後5:44
  8. ^ “戸田市長選 あす投開票 /埼玉”. 毎日新聞. (2022年3月19日). https://mainichi.jp/articles/20220319/ddl/k11/010/052000c 2022年6月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d e “金髪に特攻服「スーパークレイジー君」 異色の市議誕生 埼玉・戸田”. 産経新聞. (2021年2月1日). https://www.sankei.com/article/20210201-ZNI6RH7NQVLKNNLLW3BEUB3HCI/ 
  10. ^ a b “戸田市議のスーパークレイジー君が引っ張りダコ〝広報大使〟に”. 東京スポーツ. (2021年2月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/221545 
  11. ^ a b c “「スーパークレイジー君」議員に当選証書 スーツで出席”. 朝日新聞. (2021年2月2日). https://www.asahi.com/articles/ASP22340NP21UTNB00J.html 
  12. ^ 13人超の41人が届け出 つくば市議選告示”. NEWSつくば (2020年10月18日). 2021年7月29日閲覧。
  13. ^ 【確定】開票状況(つくば市長選挙・つくば市議会議員一般選挙)|つくば市公式ウェブサイト”. www.city.tsukuba.lg.jp. 2021年7月29日閲覧。
  14. ^ a b “スーパークレイジー君市議の「当選無効求める」…市選管が異議申し出を受理”. 読売新聞. (2021年2月17日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20210217-OYT1T50074/ 
  15. ^ “スーパークレイジー君912票で埼玉・戸田市議選に当選! さっそく「先生」と呼ばれてはにかむ”. 東京スポーツ. (2021年2月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/221271 
  16. ^ 埼玉県戸田(とだ)市議選(定数26) 2017年1月29日(日)投票”. 公明党. 2021年2月18日閲覧。
  17. ^ 埼玉県戸田(とだ)市議選(定数26) 2021年1月31日(日)投票”. 公明党. 2021年2月19日閲覧。
  18. ^ “「破天荒議員に」スーパークレイジー君氏、中身勝負 - 社会 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. (2021年2月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202102080000969.html 
  19. ^ スーパークレイジー君議員への不適切言動で市職員停職:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年3月26日). 2023年9月22日閲覧。
  20. ^ スーパークレイジー君議員への不適切言動で市職員停職:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年3月26日). 2023年9月22日閲覧。
  21. ^ a b “選管事務局長が議員に不適切言動”. NHK. (2021年2月18日). https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210218/1000060547.html 
  22. ^ “スーパークレイジー君に「今すぐ辞職すれば…」圧力かけた戸田市選管幹部が異動”. 東京スポーツ. (2021年2月18日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/88487 
  23. ^ “スーパークレイジー君議員「選管職員から辞職勧められた」と語る ごめんね4年後チャンスある…選管は否定”. 埼玉新聞. (2021年2月18日). https://www.saitama-np.co.jp/articles/7470 
  24. ^ 任期満了日一覧”. 埼玉県庁 (2020年1月14日). 2021年2月7日閲覧。
  25. ^ a b “「スーパークレイジー君」当選に異議申し出 本人は「居住実態ある」と反論”. 産経新聞. (2021年2月18日). https://www.sankei.com/article/20210218-HZUNSQ2UXRMZVJDKQXWU46XSBA/ 
  26. ^ “スーパークレイジー君市議に選管幹部が「当選辞退も選択肢」…委員長「不適切」”. 読売新聞. (2021年2月18日). https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20210218-OYT1T50001/ 
  27. ^ “スーパークレイジー君市議に不適切発言、選管事務局長が異動”. 読売新聞. (2021年2月19日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210219-OYT1T50053/ 
  28. ^ 選挙管理委員会事務局職員の対応についての市長コメント”. 戸田市 (2021年2月18日). 2021年2月18日閲覧。
  29. ^ “当選無効ピンチのスーパークレイジー君「某宗教が関係している」と反撃”. 東京スポーツ. (2021年2月18日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/88618 
  30. ^ スーパークレイジー君議員記者会見(2021年2月18日撮影) - YouTube
  31. ^ 堤恭太 (2021年3月26日). “スーパークレイジー君議員への不適切言動で市職員停職”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP3V6VVDP3VUTNB01K.html 
  32. ^ スーパークレイジー君議員への不適切言動で市職員停職:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年3月26日). 2023年9月22日閲覧。
  33. ^ 決定書” (PDF). 戸田市選挙管理委員会 (2021年4月9日). 2021年4月9日閲覧。
  34. ^ “「スーパークレイジー君」の当選無効 埼玉・戸田市選管”. 産經新聞. (2021年4月9日). https://www.sankei.com/article/20210409-ZXFJRF62UJMLTFRTJRS5QQSHEE/ 
  35. ^ “スーパークレイジー君 独占取材 「3カ月の居住実態なく当選無効」決めた市選管とは「徹底的に闘う」”. 東京新聞. (2021年4月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/98289 2022年1月2日閲覧。 
  36. ^ “クレイジー君、不服申し立て 当選無効を受け埼玉県選管に”. 共同通信. (2021年4月13日). https://this.kiji.is/754556483533389824?c=39546741839462401 
  37. ^ “「スーパークレイジー君」当選無効に不服申し立て 埼玉・戸田”. 産經新聞. (2021年4月13日). https://www.sankei.com/article/20210413-C4JIRBWOBNKDDLXDE3JVICCWZ4/ 
  38. ^ “スーパークレイジー君、埼玉県選管も当選無効判断 戸田市議選”. 毎日新聞. (2021年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20210712/k00/00m/010/038000c 
  39. ^ “クレイジー市議当選は「無効」 埼玉県選管”. 産経新聞. (2021年7月12日). https://www.sankei.com/article/20210712-CLH4QUIP5BOYZIKDKOFVGGYEIE/ 
  40. ^ “スーパークレイジー君敗訴 戸田市議当選無効訴訟―東京高裁”. 時事通信. (2021年10月15日). https://web.archive.org/web/20211015085037/https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500951&g=soc 
  41. ^ “スーパークレイジー君の当選無効認める 高裁「住んでいた事実ない」”. 朝日新聞. (2021年10月15日). https://www.asahi.com/articles/ASPBH73N6PBHUTIL04Z.html 
  42. ^ “スーパークレイジー君議員の請求棄却「覚悟あったが悔しい」最高裁に上告へ”. 日刊スポーツ. (2021年10月15日). https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/amp/202110150000724.html 
  43. ^ “「スーパークレイジー君」が参院比例の出馬模索”. 産経新聞. (2021年12月24日). https://www.sankei.com/article/20211224-U6UZFDAY7VKKTD5GJRTJIOPGKE/ 2022年6月1日閲覧。 
  44. ^ “「クレイジー君」敗訴確定 市議選当選無効に”. 産経新聞. (2022年3月4日). https://www.sankei.com/article/20220304-2RO2EIDXNZMSHPLD6F6372A3D4/ 
  45. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年3月9日). “「クレイジー君」市議当選無効、公明新人の繰り上げ決定”. 産経ニュース. 2022年3月13日閲覧。
  46. ^ 議員プロフィール - 戸田市議会”. www2.city.toda.saitama.jp. 2022年3月13日閲覧。
  47. ^ “戸田市長選にスーパークレイジー君が立候補 菅原文仁氏は再選めざす”. 朝日新聞. (2021年3月13日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ3F3TN8Q3CUTNB006.html 2022年3月13日閲覧。 
  48. ^ 戸田市長選落選のスーパークレイジー君氏「フルボッコにされた」夏の参院選出馬も再検討意向 - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年3月20日閲覧。
  49. ^ 開票速報(戸田市長選挙) - 戸田市公式サイト”. www.city.toda.saitama.jp. 2022年3月20日閲覧。
  50. ^ “スーパークレイジー君 高卒認定試験で不合格も修士号取得へ意欲”. 東スポweb. (2021年12月8日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/130791 2022年6月1日閲覧。 
  51. ^ “スーパークレイジー君氏、35歳で大学合格を報告…政治学を学ぶ「やる気と気合い根性はあるつもり」”. スポーツ報知. (2022年3月24日). https://hochi.news/articles/20220324-OHT1T51129.html?page=1 2022年6月1日閲覧。 
  52. ^ “「スーパークレイジー君」西本誠氏が日大入学式に出席「一生懸命勉強して必ず卒業しなくては」”. 日刊スポーツ. (2022年4月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202204080000499.html 2022年6月1日閲覧。 
  53. ^ スーパークレイジー君 戸田市長選で散るも前向き「落ち込んでいたらクレイジー君らしくない」 – 東京スポーツ新聞社”. 東スポWeb. 2022年3月20日閲覧。
  54. ^ “「スーパークレイジー君が参院選不出馬を表明 4月から日大法学部で「政治」を学ぶ”. 東スポweb. (2022年6月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/184755 2022年6月1日閲覧。 
  55. ^ 東国原英夫氏が宮崎県知事選再出馬か 元戸田市議の〝特攻服男〟が全面協力を宣言!”. 東スポWEB (2022年7月26日). 2022年12月27日閲覧。
  56. ^ 【独自】スーパークレイジー君が宮崎県知事選に出馬 東国原英夫氏らと激突
  57. ^ 「スーパークレイジー君」出馬へ 宮崎知事選
  58. ^ スーパークレイジー君、宮崎知事選に新人出馬へ 16日にも記者会見
  59. ^ スーパークレイジー君、出身地・宮崎県知事選出馬へ「若い人が立候補していない。投票率上がれば」
  60. ^ スーパークレイジー君(西本誠)公式Twitter・2023年1月4日
  61. ^ “スーパークレイジー君、宮崎市議会議員選への出馬を表明 県知事選挙落選…決意新た「一人一人の声を聞く」”. スポニチ. (2023年1月4日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2023/01/04/kiji/20230104s00042000255000c.html 2023年1月4日閲覧。 
  62. ^ 統一地方選挙みやざき2023 - Miyanichi e-press”. 宮崎日日新聞 Miyanichi e-press. 2023年4月23日閲覧。
  63. ^ https://twitter.com/makoto__9999/status/1650693920861585408”. Twitter. 2023年4月25日閲覧。
  64. ^ a b c 《スーパークレイジー君逮捕》「は!? ヤッたの?」被害女性がクレイジー君の妻に語った‟事件の夜にラブホで起きたこと”【独占取材・妻の告白】”. 文春オンライン (2023年9月9日). 2023年9月10日閲覧。
  65. ^ “宮崎市議の「スーパークレイジー君」を逮捕 女性に性的暴行の疑い”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2023年9月6日). https://www.asahi.com/articles/ASR963JM4R96TIPE006.html 2023年9月6日閲覧。 
  66. ^ ““スーパークレイジー君”宮崎市議の西本誠容疑者を逮捕 知人女性に性的暴行を加えるなどしてけがさせた疑い”. TBS NEWS DIG. (2023年9月6日). オリジナルの2023年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230906051718/https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/704586?display=1 2023年9月6日閲覧。 
  67. ^ “逮捕のスーパークレイジー君、容疑を否認 不同意性交等致傷の疑い”. 毎日新聞. (2023年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20230907/k00/00m/040/106000c 2023年9月7日閲覧。 
  68. ^ 宮崎市議会の西本誠議員への辞職勧告決議案 全会一致で可決”. NHK (2023年9月11日). 2023年9月11日閲覧。
  69. ^ “「スーパークレイジー君」市議辞職せず 弁護士に意向示す”. 産経新聞. (2023年9月11日). https://www.sankei.com/article/20230911-L6WXLMI2AFJSXDN4AGYGXZT63U/ 2023年9月11日閲覧。 
  70. ^ 「スーパークレイジー君」西本市議逮捕1週間 防犯カメラに映像”. 宮崎日日新聞社 Miyanichi e-press. 2023年9月22日閲覧。
  71. ^ “宮崎市議のスーパークレイジー君、不同意性交等致傷罪で起訴”. 毎日新聞. (2023年9月27日). https://mainichi.jp/articles/20230927/k00/00m/040/093000c 2023年9月27日閲覧。 
  72. ^ “「スーパークレイジー君」起訴 30代女性への不同意性交致傷罪”. 産経新聞. (2023年9月27日). https://www.sankei.com/article/20230927-XV2DFD2CERMRDPLJRCO5RYLK3A/ 2023年9月27日閲覧。 
  73. ^ “宮崎市議「クレイジー君」起訴内容認める 市民に「申し訳ない」とも”. 産経新聞. (2023年9月27日). https://www.sankei.com/article/20230927-3KEHYETTB5IFFEJSRLTX4TQLJM/ 2023年9月27日閲覧。 
  74. ^ ““スーパークレイジー君”西本誠宮崎市議 性的暴行で起訴”. NHK. (2023年9月27日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20230927/5060016553.html 2023年9月27日閲覧。 
  75. ^ “スーパークレイジー君逮捕の宮崎市議会、改正議員報酬条例を可決”. 産経新聞. (2023年11月27日). https://www.sankei.com/article/20231127-7YQQIE4TANNI5LXFBEEPT6NNBQ/ 2023年12月3日閲覧。 
  76. ^ “宮崎市議の「スーパークレイジー君」保釈”. 宮崎日日新聞. (2023年12月26日). https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_75300.html 2024年2月24日閲覧。 
  77. ^ “「スーパークレイジー君」保釈、「申し訳ありません」と土下座 不同意性交致傷罪で起訴”. 産経新聞. (2023年12月26日). https://www.sankei.com/article/20231226-EGLPD7CY6VPX5H3PLEZPIRJLC4/ 2024年1月2日閲覧。 
  78. ^ “異色の都知事候補「スーパークレイジー君」西本誠氏 渋谷の街頭演説会では特攻服で踊る”. J-CASTニュース. (2020年6月18日). https://www.j-cast.com/2020/06/18388264.html 
  79. ^ “「百合子か、俺か」都知事候補スーパークレイジー君が新曲リリース、このあとハチ公前で街頭演説”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年6月18日). https://natalie.mu/music/news/383790 
  80. ^ “スーパークレイジー君が爽やかスーツ&黒髪で議員デビューも特攻服とは〝決別せず〟”. 東京スポーツ. (2021年2月9日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/222480 
  81. ^ スーパークレイジー君Twitter(2022年11月7日)。2023年4月27日閲覧。
  82. ^ スーパークレイジー君Twitter(2021年2月4日)。2023年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]