排泄物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

排泄物(はいせつぶつ)とは、生物から出される物質のうち、不用又は有害のものをいう。

動物では、尿がこれに当たる。

排泄と排出[編集]

糞と尿は人の場合、大便と小便とも言い、排泄物として同じように扱われるが、生物学的意味合いは全く違うものである。

糞、つまり大便は、消化管の末端から出される。その主な材料は摂食した食物が消化され、吸収された残りである。

尿、つまり小便は尿道から出て、動物によっては総排泄孔から糞と一緒に出るが、その元は血液に由来する。脊椎動物の場合、血液中の老廃物は腎臓で濾し取られ、いったん膀胱に貯蔵されたのち尿として排出される。このような体液中の老廃物を出す仕組みは、一般に排出器官と呼ばれ、動物門によりさまざまな仕組みがある。

関連記事[編集]