佐々木孝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 孝弘(ささき たかひろ、1954年9月 - )は、日本歴史学者。専門は、アメリカ社会史東京外国語大学名誉教授

略歴[編集]

1978年東京大学教養学部教養学科卒業、1984年ノースカロライナ大学歴史学部大学院修士課程修了、1986年、同博士課程単位取得退学。

東京都立医療技術短期大学非常勤講師、武蔵大学人文学部非常勤講師、千葉大学教養部講師、助教授、同文学部助教授、東京外国語大学外国語学部助教授、教授を歴任。2020年に同大学を定年退職し名誉教授。

研究業績[編集]

  • 「ノースカロライナ州の農場からコトン・ミルへ-移住に伴う家族内の権力関係の変化」『アメリカ史研究』 26、33-50、2003年
  • 「殺された少女とその家族の表象-メアリー・フェイガン殺害事件とレオ・フランクのリンチ事件再考(1913年-1915年)」『クァドランテ』 5、191-206、2003年