前葉泰幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前葉 泰幸
まえば やすゆき
前葉泰幸
前葉泰幸(2013年2月23日)
生年月日 (1962-04-07) 1962年4月7日(58歳)
出生地 日本の旗 三重県津市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員自治省総務省
所属政党 無所属
称号 法学士(東京大学)
公式サイト 前葉泰幸(まえばやすゆき)OFFICIAL WEBSITE

当選回数 3回
在任期間 2011年4月25日[1] - 現職
テンプレートを表示

前葉 泰幸(まえば やすゆき、1962年4月7日 - )は、日本政治家自治総務官僚三重県津市長(3期)。

概要[編集]

三重県津市宿屋町(現東丸之内)生まれ。津市立敬和小学校、高田中学校三重県立津高等学校東京大学法学部卒業。1985年自治省(現総務省)に入省。本省勤務の他、熊本県庁国土庁京都市役所宮城県庁への出向も経験した。

宮城県総務部長を務めていた2005年宮城県知事選挙浅野史郎の後継指名を受けて無所属で出馬したが、自由民主党の推薦を受けた元宮城県議会議員村井嘉浩に約5万票差で敗れ、次点で落選した。その後、デクシア銀行東京支店副支店長、地方公共団体金融機構審査室長を歴任。

2011年2月28日松田直久三重県知事選挙への立候補[2]に伴う津市長選挙に出馬する意向を表明した[3]4月24日投開票の津市長選で、民主党系の地域政党である新政みえ連合三重からも推薦を受けて無所属で出馬し、自由民主党推薦の元官僚や元久居市長らを破り、初当選した[4]

2015年の津市長選挙では、自民・民主・公明維新4党の推薦を受け、再選を目指して出馬する意向を表明したが[5]、前葉以外に立候補を届け出た者がいなかったため、37年ぶりに無投票で再選[6]。2019年、無投票により3選[7]

年譜[編集]

著書[編集]

  • 『災害と安全(地方自治総合講座16)』(木幡浩、猿渡知之、前葉泰幸共著、ぎょうせい、1999年)
  • 『予算編成と行財政管理の新たな手法』(共著、ぎょうせい)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
松田直久
Flag of Tsu, Mie.svg三重県津市長
2011年 -
次代:
現職