ベルナルト・ハイティンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルナルト・ハイティンク
Bernard Haitink
Bernard Haitink 1984b.jpg
基本情報
出生名 Bernard Johan Herman Haitink
生誕 (1929-03-04) 1929年3月4日(88歳)
出身地 オランダの旗 オランダ アムステルダム
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ベルナルト・ヨハン・ヘルマン・ハイティンクBernard Johan Herman Haitink, 1929年3月4日 - )は、オランダ指揮者

人物・来歴[編集]

アムステルダム出身で同地の音楽学校に学ぶ。1954年から1955年までフェルディナント・ライトナーに指揮を師事するまでは、地元のオーケストラヴァイオリンを弾いていた。1955年にオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の次席指揮者(1957年より首席指揮者)に就任。1961年から1988年までアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の、1967年から1979年までロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のそれぞれ首席指揮者に就任。1978年から1988年までグラインドボーン音楽祭の、1987年から2002年までロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督を務める。1991年エラスムス賞を受賞。1995年からボストン交響楽団の首席客演指揮者となり、2004年に名誉指揮者となっている。

2002年ドレスデン国立管弦楽団の首席指揮者に就任したが、これは音楽監督就任を要請されたものを辞退した結果であり、同時に次期音楽監督の選任への協力を託された。しかし2004年、楽団とザクセン州は、彼に相談なしにファビオ・ルイージ2007年からの次期音楽監督(ドレスデン国立歌劇場の同ポストと兼務)に指名。ハイティンクはこの事に対し、「オペラはともかく、オーケストラレパートリーの経験が少な過ぎる」として反対したが、聞き容れられなかったため、同年5月に辞任を発表、11月ロンドンでの演奏会を最後に辞任した。[1] 以後は同楽団には客演していない。2004年5月には、同楽団と最初でそして恐らく最後の来日をした。2006年からシカゴ交響楽団の首席指揮者に就任。2009年2月にはシカゴ交響楽団とともに再来日を果たしている。

日本には、1962年のコンセルトヘボウ(オイゲン・ヨッフムが同行)との来日を皮切りに、1968年に再度コンセルトヘボウ(ヨッフムも同行)、1969年はロンドンフィル(ジョン・プリッチャードが同行)、1974年はコンセルトヘボウと初の単独来日、1977年はコンセルトヘボウと首席指揮者在任中最後の来日、1992年はロイヤルオペラ(テイトが同行)と初のオペラ公演、1997年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団2003年はPMFとスーパーワールドオーケストラ(チョン・キョンファと共演)、2004年はドレスデン国立管弦楽団、2009年はシカゴ交響楽団、2013年はロンドン交響楽団(共演はマリア・ジョアン・ピレシュ)、2015年にもロンドン交響楽団(共演はマレイ・ペライア)と来日。

音楽[編集]

レパートリーは幅広く、ベートーヴェンシューマンブラームスブルックナーチャイコフスキーエルガーマーラーショスタコーヴィチヴォーン・ウィリアムズ交響曲全集を完成させている(ベートーヴェンについては、ロンドンフィル、コンセルトヘボウ、ロンドン交響楽団のそれぞれで1度ずつ完成させている)。ドビュッシーラヴェルの管弦楽曲の全曲録音や、ストラヴィンスキーの3大バレエの演奏は、解釈の当否をめぐって評価が分かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Andrew Clark (2004年10月22日). “Bernard Haitink: unfinished symphony”. Financial Times. http://www.ft.com/intl/cms/s/0/ab093a38-2263-11d9-be80-00000e2511c8.html?siteedition=intl#axzz33yFnlWZl 2014年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
ダニエル・バレンボイム
(音楽監督)
シカゴ交響楽団
首席指揮者
2006 -
次代:
リッカルド・ムーティ
(音楽監督、2010-)