アントニオ・パッパーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニオ・パッパーノ
Antonio Pappano.JPG
アントニオ・パッパーノ(右)
基本情報
出生名 Antonio Pappano
生誕 (1959-12-30) 1959年12月30日(58歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスエセックス州
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1980年 -

アントニオ・パッパーノSir Antonio Pappano, 1959年12月30日 - )は、イギリス指揮者

人物・来歴[編集]

イタリア人の両親のもと、イングランドエセックス州エピングで生まれたパッパーノは、アメリカに渡りピアノ作曲を学んだ後、各地の歌劇場でコレペティトールとして研鑽を積む。バイロイト音楽祭ではダニエル・バレンボイムのアシスタントを務める。

1987年に、オスロにあるノルウェー歌劇場にデビューし、1990年から音楽監督としてそのキャリアをスタートさせた。1992年よりベルギーブリュッセルにあるベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督に就任、同歌劇場の水準を飛躍的に高める活躍を見せる。1999年、かつて助手として働いたバイロイト音楽祭に楽劇『ローエングリン』を振ってデビューする。2002年よりロンドンロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に迎えられ、現在まで活躍を続けている[1]。シンフォニー分野では、1997年からイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を務める一方、2005年より聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団の音楽監督に就任している。

2012年にイタリア共和国大統領ジョルジョ・ナポリターノよりイタリア共和国功労勲章を受け[1][2][3]エリザベス女王よりナイトに叙せられている[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b Antonio Pappano”. Royal Opera House. 2018年5月13日閲覧。
  2. ^ “Santa Cecilia. Antonio Pappano Cavaliere al “Merito della Repubblica italiana””. dazebaonews. (2012年5月7日). https://www.dazebaonews.it/cultura/10369-santa-cecilia-antonio-pappano-cavaliere-al-%E2%80%9Cmerito-della-repubblica-italiana%E2%80%9D.html 2018年5月13日閲覧。 
  3. ^ Onorificenze”. Presidenza della Repubblica. 2018年5月13日閲覧。
  4. ^ 名指揮者パッパーノに来日直前インタビュー ローマの名門楽団と3年ぶり”. 日経スタイル (2014年11月1日). 2018年5月13日閲覧。
  5. ^ Antonio Pappano receives knighthood in the 2012 New Year Honours List”. Royal Opera House (2011年12月31日). 2018年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • Maeckelbergh, Lucrèce, Antonio Pappano: Con Passione. Snoeck, 2006 ISBN 9053495274.

外部リンク[編集]

先代:
マルティン・トゥルノフスキー
ノルウェー歌劇場
音楽監督
1990年 - 1992年
次代:
マンフレート・ホーネック
先代:
シルヴァン・カンブルラン
ベルギー王立歌劇場
音楽監督
1992年 - 2002年
次代:
大野和士
先代:
ジャナンドレア・ノセダ
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
首席客演指揮者
1997年 - 2001年
次代:
ヨエル・レヴィ
先代:
チョン・ミュンフン
聖チェチーリア音楽院管弦楽団
音楽監督
2005年 -
次代:
-