コンテンツにスキップ

パウル・ファン・ケンペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パウル・ファン・ケンペン
Paul van Kempen
生誕 1893年5月16日
出身地 オランダの旗 オランダ
南ホラント州 ズーテルヴァウデ
死没 (1955-12-08) 1955年12月8日(62歳没)
オランダの旗 オランダアムステルダム
学歴 アムステルダム音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

パウル・ファン・ケンペン(Paul van Kempen, 1893年5月16日 - 1955年12月8日)は、オランダ出身のドイツの指揮者。

略歴

[編集]

オランダ南ホラント州ズーテルヴァウデに生まれる。アムステルダム音楽院ユリウス・レントヘン(レントゲン)ベルナルド・ズヴェールスに作曲および指揮を、ルイ・ツィンマーマンにヴァイオリンを学び、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の第2ヴァイオリニストとして音楽キャリアをスタートさせた。1932年にドイツ国籍を取得、1933年に指揮者としてデビューする。1934年ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任し、1942年から1944年までヘルベルト・フォン・カラヤンの後任としてアーヘン市立歌劇場の音楽監督を務めた。第二次大戦後、活動の場を故国に移したが、ドイツ国防軍の慰問演奏会を行うなどといった戦時中のナチス政権とのかかわりが問題視され、物議を醸した。1955年、アムステルダムにて没。

脚注

[編集]


先代
ヴェルナー・ラドウィック
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
1934年 - 1942年
次代
カール・シューリヒト