ジョン・プリッチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サー・ジョン・マイケル・プリッチャード(Sir John Michael Pritchard CBE, 1921年2月5日 - 1989年12月5日[1])は、イギリス指揮者。1962年大英帝国勲章コマンダー(CBE)、1975年シェークスピア賞(ハンブルグ)受賞、1983年ナイトの勲位に叙される[2]

略歴[編集]

幼少時から、ロンドン交響楽団(LSO)の[3]ヴァイオリニストだった父親から音楽の手ほどきを受け、イタリアに留学して指揮法ヴィオラピアノ等を習得した。

1947年グラインドボーン音楽祭フリッツ・ブッシュのアシスタントを務め、1949年にブッシュの代役としてモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を指揮してデビューを飾り、グラインドボーン音楽祭の常連指揮者となった。1951年1952年のシーズンにウィーン国立歌劇場で指揮をしたほか、1953年にはピッツバーグ交響楽団を指揮してアメリカ・デビューも果たしている。

1957年から1963年までは、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を歴任。1964年からグラインドボーン音楽祭の音楽顧問を務め、1969年から1978年まで音楽監督の任にあった。1962年から1967年まではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も兼任し、このオーケストラをグラインドボーン音楽祭に度々出演させている。

1970年には、急逝したジョン・バルビローリに代わって東京でフィルハーモニア管弦楽団を指揮した。

1978年からはケルン歌劇場の首席指揮者に転身し、1981年からブリュッセルのベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督も務め、オペラ指揮者として国際的な名声を確立した。1981年からBBC交響楽団の音楽監督になり、1986年からはサンフランシスコ歌劇場の音楽監督も兼任したが、1989年サンフランシスコ[4]で急逝した。彼は同性愛者であることを公言しており、没後財産の大部分を男性パートナーに遺贈した[5]

参考文献[編集]

  • Conway, Helen (1994). Sir John Pritchard: His Life in Music. London: Andre Deutsch Ltd. ISBN 0233988459. 

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/John_Pritchard_(conductor) 
  3. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/John_Pritchard_(conductor) 
  4. ^ なお、日本版ウィキペディアではサンフランシスコとあるが、https://en.wikipedia.org/wiki/John_Pritchard_(conductor) では、カリフォルニア州デイリーシティで逝去とある。またロサンゼルス・タイムスの記事によると「サンフランシスコ近郊のデイリーシティの病院で死去」「サンフランシスコ歌劇場のスポークスマンはプリッチャードが癌で68歳であったと発表した」とある。 http://articles.latimes.com/1989-12-06/news/mn-109_1_san-francisco-opera またニューヨーク・タイムスの記事によると、肺癌でカリフォルニア州デイリーシティのシートンメディカルセンターで死去とある。 http://www.nytimes.com/1989/12/06/obituaries/sir-john-pritchard-music-director-is-dead-at-68.html 
  5. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/John_Pritchard_(conductor) 
先代:
エフレム・クルツ
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1957年 - 1963年
次代:
チャールズ・グローヴズ
先代:
イシュトヴァン・ケルテス
ケルン歌劇場
音楽監督
1973年 - 1975年
次代:
ギュンター・ヴァント
先代:
カート・エイドラー
サンフランシスコ歌劇場
音楽総監督
1988年 - 1989年
次代:
ドナルド・ラニクルズ