キャンディード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャンディード』は、ヴォルテールの『カンディード或は楽天主義説』(Candide, ou l'Optimisme)を原作とした舞台演劇である。ジャンルに関して一意に分類することは難しく、ミュージカルともオペレッタともライト・オペラともコミック・オペラとも、あるいは(純粋な)オペラともいえる。

原作と舞台では日本語の題名・登場人物の呼称が一部異なっている。以下、「キャンディード」は舞台作品を指し、「カンディード」は原作を指す。

概要[編集]

脚本はリリアン・ヘルマンが手がけ、音楽は レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein) が作曲し、作詞は主に リチャード・ウィルバー (Richard Wilbur) が担当し、スティーヴン・ソンドハイム (Stephen Sondheim)、バーンスタインらによって補筆がなされている。

特に序曲が有名で、他にアリアとして「Glitter and Be Gay」、自分の生き方に目覚めたキャンディードが全員とともに歌って大団円を迎える「Make Our Garden Grow」などが著名である。特に「Glitter ...」は、コロラトゥーラ・ソプラノに超絶技巧を要求する難曲として知られ、一流ソプラノが単独で歌ってみせることも多い。

1956年に初演されたが、この時は興行的には失敗であった。以後改訂が重ねられ、バーンスタイン自身による1989年の改訂が完全版とされている。

吹奏楽へは、序曲および Clare Grundman による5曲を抜粋した組曲の編曲がある。

テレビ朝日題名のない音楽会』では2008年佐渡裕が司会者に就任して以降、序曲が番組テーマ曲として使われている。

主な登場人物[編集]

キャンディード 
テノール、主人公
クネゴンデ 
ソプラノ、キャンディードの恋の相手(原作ではキュネゴンド)
パングロス博士 
バリトン、キャンディード、クネゴンデの家庭教師
オールドレディー 
ソプラノ、原作では老婆
マキシミリアン 
テノール、クネゴンデの兄(原作では名前がない)
パケット 
ソプラノ、クネゴンデの家の小間使い
ヴォルテール 
原作者。歌わないが「狂言回し」的な役割。演奏会形式ではナレーターがこれに代わる

製作の経緯[編集]

ミュージカル『オン・ザ・タウン』などで作曲家として成功を収めたバーンスタインは、劇作家リリアン・ヘルマンの勧めで「カンディード」の舞台化に着手した。このとき、ウエスト・サイド物語も同時に手がけていたが、これを後回しにした。

ヘルマンとバーンスタインが興味を持ったのは、それぞれが赤狩りの影響で迫害されたことから、出版と同時に弾圧を受けながらも読み継がれた原作の精神に共鳴したからとされる。特にバーンスタインは宗教裁判のシーンに興味を持ったとされる。

しかしながら興行的には十分な結果を収めたとは言えず、短期間の上演で打ち切られた。以後、改訂を繰り返すがバーンスタインはこれに加わらず、1989年にバーンスタインも加わって大幅な改訂を行い、演奏会形式で上演された。バーンスタインはこの作品のことを「靴の中の小石」と形容し、改訂に意欲的だったという。

曲目[編集]

以下は1989年版による

  1. Overture
  2. Westphalia Chorale
  3. Life Is Happiness Indeed
  4. Best Of All Possible Worlds
  5. Universal Good
  6. Oh, Happy We
  7. It Must Be So(Candide's Meditation)
  8. Westphalia
  9. Battle Music
  10. Candide's Lament
  11. Dear Boy
  12. Auto-Da-Fe(What A Day)
  13. Candide Begins His Travels; It Must Be Me(2nd Meditation)
  14. Paris Waltz
  15. Glitter And Be Gay
  16. You Were Dead, You Know
  17. I Am Easily Assimilated(Old Lady's Tango)
  18. Quartet Finale
  19. Universal Good
  20. My Love
  21. We Are Women
  22. Pilgrim's Procession-Alleluia# Quiet
  23. Introduction To Eldorado
  24. Ballad Of Eldorado
  25. Words, Words, Words
  26. Bon Voyage
  27. Kings' Barcarolle
  28. Money, Money, Money
  29. What's The Use
  30. Venice Gavotte
  31. Nothing More Than This
  32. Universal Good
  33. Make Our Garden Grow

ミュージカル日本公演[編集]

作曲 
レナード・バーンスタイン
演出
宮本亜門(2001年、2004年)、ジョン・ケアード(2010年)
指揮
佐渡裕(2001年)、デイヴィッド・C・アベル(2004年)、塩田明弘(2010年)

出演[編集]

公演年 キャンディード クネゴンデ パングロス博士 オールドレディー マキシミリアン パケット カカンボ マーティン ヴォルテール
2001年 石井一孝 増田いづみ
日紫喜恵美
鵜木絵里
黒田博 中島啓江 岡幸二郎 シルビア・グラブ 斎藤桐人 佐山陽規 岡田真澄
2004年 中川晃教 鵜木絵里
幸田浩子
岡幸二郎 郡愛子 新納慎也 宮本裕子 坂元健児 佐山陽規 辰巳琢郎
2010年 井上芳雄 新妻聖子 市村正親 阿知波悟美 坂元健児 須藤香菜 駒田一 村井国夫 市村正親

公演DVD[編集]

  • 収録日・場所: 2004年5月 東京国際フォーラムホールC
  • ディスク枚数: 2枚
  • 収録時間: Disc1(1幕85分)/Disc2(2幕82分) 特典映像 TOTAL43分
  • 映像特典:
    • クネゴンデ・鵜木絵里ヴァージョン3曲収録
    • メイキング(スタジオ・リハ/オケ・リハ/ステージ・リハ/舞台仕込ダイジェスト/初日会見&初日千秋楽/千秋楽カーテンコール)
    • インタビュー(1.宮本亜門 2.デイヴィッド・C・アベル 3.中川晃教 4.ニール・パテル)
  • 音声特典: 副音声コメンタリー:宮本亜門&中川晃教